421件中 61 - 70件表示
  • 錣屋根

    錣屋根から見た法隆寺法隆寺

    錣屋根を用いたものとして最古のものと見られているものに、法隆寺にある玉虫厨子(奈良前期)がある。建築では、大阪にある四天王寺金堂の2重目屋根や京都御所の紫宸殿などがこの形式である。錣屋根 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺夢殿

    法隆寺夢殿から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺夢殿 フレッシュアイペディアより)

  • 台座

    台座から見た法隆寺法隆寺

    坐像の裳裾が台座にかかり、垂れ下がっているかたち。法隆寺金堂の釈迦三尊像の台座が有名。蓮華座に裳を垂らす例は少ないが、岩手中尊寺の一字金輪坐像に見られる。台座 フレッシュアイペディアより)

  • 西条廃寺跡

    西条廃寺跡から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺式伽藍配置の巨大な寺院跡で、奈良時代前期(7世紀後半)の遺跡と推定されている。西条廃寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 引目鉤鼻

    引目鉤鼻から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺の聖徳太子絵伝にその初期の例を見ることができ、源氏物語絵巻、扇面古写経の下絵の人物などが好例である。引目鉤鼻 フレッシュアイペディアより)

  • 如意輪観音

    如意輪観音から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺の隣にある中宮寺の本尊像は、右脚を左膝に乗せ(半跏)、右手を頬に当てて考えるポーズを取る(思惟)、典型的な半跏思惟像である。この像は古来如意輪観音像と称されているが、造像当初の尊名は明らかでなく、弥勒菩薩像として造られた可能性が高い。如意輪観音 フレッシュアイペディアより)

  • 普賢延命菩薩

    普賢延命菩薩から見た法隆寺法隆寺

    彫像としては、奈良県法隆寺大宝蔵殿(もと金堂安置)の20臂像などがあるが、遺例はさほど多くない。普賢延命菩薩 フレッシュアイペディアより)

  • 小原二郎

    小原二郎から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺を支えた木」(西岡常一、尾崎謙と共著)小原二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 落書

    落書から見た法隆寺法隆寺

    1310年、法隆寺で盗難事件が発生した際には、付近の17もの村を対象に落書を実施。その結果、600余通もの落書が集まり、最終的に2名の僧侶が盗人と決定した。いわば犯人を決める住民投票である。寺側は、この落書を非難し、2人の僧に犯人を捜させた結果、後に真犯人を捕まえたという。落書 フレッシュアイペディアより)

  • ペルセポリスから飛鳥へ

    ペルセポリスから飛鳥へから見た法隆寺法隆寺

    前章を受けての考察。推論の素材は、猿石・亀石・須弥山石・酒船石遺跡・益田岩船などの飛鳥の石造物、石の宝殿(生石神社)、法隆寺の天蓋、飛鳥寺の伽藍配置から、ペルセポリス宮殿や古代インドの柱頭飾り、サーサーン朝期の彫刻、ローマガラスの出土分布、古代オリエントのジッグラトなど、多岐にわたる。ペルセポリスから飛鳥へ フレッシュアイペディアより)

421件中 61 - 70件表示

「法隆寺」のニューストピックワード