541件中 61 - 70件表示
  • 奈良県

    奈良県から見た法隆寺法隆寺

    古代からの神道信仰の伝統、および6世紀の仏教伝来以来の国策により、この地域には神社仏閣が多数存在する。蘇我馬子が創立した飛鳥寺や、聖徳太子が創立した法隆寺などが知られる。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 7世紀

    7世紀から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺が創建される(『上宮聖徳法王帝説』ほか)。7世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 日本美術史

    日本美術史から見た法隆寺法隆寺

    美術史上の飛鳥時代は、6世紀半ば、日本へ仏教が公式に伝来した時期から、7世紀後半の天智天皇の治世辺りまでを指す。この時代に入っても古墳の造営は引き続き行われているが、一応、仏教公伝の時期をもって古墳時代と区切っている。飛鳥時代の終期については、政治史上の区分では710年の平城遷都の年とするのが通常である。美術史上の区分でも710年までを飛鳥時代とする場合もあるが、法隆寺が火災で炎上した(『日本書紀』による)670年、ないし天武天皇即位の673年辺りを始期として、以後平城遷都までの期間は「白鳳時代」または「奈良時代前期」として別の時代と見るのが通例となっている。日本美術史 フレッシュアイペディアより)

  • 六角堂 (北茨城市)

    六角堂 (北茨城市)から見た法隆寺法隆寺

    面積は9m2、仏堂と茶室を融合させた造りとなっていた。簡素な造りで、室内には何もなく、わずか四畳半ほどにもかかわらず、中に入った者に広いと感じさせたという。六角堂自体は、奈良県にある法隆寺の夢殿を模したもの、あるいは京都府の頂法寺(六角堂)を模したもの、さらに中国・四川省の成都市にある杜甫の草堂を模したものという説がある。茨城大学教育学部教授の小泉晋弥は、それらすべての影響を受けているとしている。六角堂 (北茨城市) フレッシュアイペディアより)

  • 阿修羅

    阿修羅から見た法隆寺法隆寺

    法華経妙法蓮華経序品第一によると4大阿修羅王は霊鷲山へ赴き釈迦の説法を聞いて仏に帰依したと言われている。法隆寺の阿修羅像は、仏教へ帰依したのちに釈尊の涅槃の時に駆け付けたときの姿の像である。阿修羅 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県の観光地

    奈良県の観光地から見た法隆寺法隆寺

    奈良県には日本国の重要文化財に指定される建造物のうち実に267件が所在する。そのうち国宝の建造物は64件で都道府県では国内最多である(奈良県にある建造物の重要文化財一覧を参照)。また、国宝彫刻128件のうち奈良県にはその過半数の71件が所在する。そのほとんどは寺院にある仏像で、法隆寺と興福寺にはそれぞれ17件があり施設別では最も多い(国宝彫刻の一覧を参照)。大和路を散策すれば世界遺産や国の史跡、多くの国宝、重要文化財にも出会えるだろう。奈良県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 鋸 (重要文化財工第922号)

    鋸 (重要文化財工第922号)から見た法隆寺法隆寺

    本項で解説する鋸(のこぎり)は、奈良県の法隆寺に伝来した、奈良時代・8世紀頃のものとされる大工道具。東京都台東区にある東京国立博物館に保管される(独立行政法人国立文化財機構の所有)。同博物館に保管される法隆寺献納宝物の一つであり(列品番号N-141)、伝世品としては日本最古の鋸である。1959年に国の重要文化財に指定されている(台帳・指定書番号は工第922号)。鋸 (重要文化財工第922号) フレッシュアイペディアより)

  • 四天王寺

    四天王寺から見た法隆寺法隆寺

    以上が『書紀』の記載のあらましである。聖徳太子の草創を伝える寺は近畿地方一円に多数あるが、実際に太子が創建に関わったと考えられるのは四天王寺と法隆寺のみで、その他は「太子ゆかりの寺」とするのが妥当である。四天王寺 フレッシュアイペディアより)

  • パルテノン神殿

    パルテノン神殿から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺 ? パルテノン神殿のエンタシス法にある柱の中央部分が太い構造は、日本の法隆寺回廊にある柱の設計にまで伝わっている。パルテノン神殿 フレッシュアイペディアより)

  • 大原大次郎

    大原大次郎から見た法隆寺法隆寺

    86-5「建立!五重の塔の巻」では、大原に千葉県民イベントホールで開催される「飛鳥時代展」に展示される法隆寺の五重塔の出展の依頼が来たため、彼は両津に頼み込み、両津に顎でこき使われることも忍んで模型を作ってもらったが、両津の不始末で模型は全焼し、炭になってしまう。そこで両津が代わりの模型を借りて直接会場に持ってくるという口約で大原は会場で待っていたが、やっと見つけた模型店で両津は法起寺三重塔の模型しか借りられず、他の模型店で探そうにも開場まであと二時間しかなくとても間に合わなかったため、悪足掻きで三重塔の模型の上に金閣寺と法隆寺夢殿の模型を重ねて、本物とは似ても似つかぬ“五重塔”に仕立て上げた。そしてその五重塔の模型を箱に入れて大原に手渡し、中川とともに逃走(このとき中川は苦笑していた)。その後大原が会場で箱の蓋を開けた途端、作品の余りの酷さに知人達からは「質の悪いジョークだよ」、「だめだこんな物は」と言われた挙句、白い目で見られ、恥をかいてしまう。憤慨した大原は武蔵坊弁慶のような僧兵の格好で薙刀を振り回しながら派出所に殴り込んできたが、両津は中川と共に逃走した後で、恵比須は仰天し、寺井が仰天しながら「奈良の法隆寺に柿を食べに行きましたが…」と答えていた。なお、このパターンで恵比須が登場したのはこれが唯一である。大原大次郎 フレッシュアイペディアより)

541件中 61 - 70件表示

「法隆寺」のニューストピックワード