421件中 71 - 80件表示
  • 善がい訴訟事件

    善がい訴訟事件から見た法隆寺法隆寺

    善愷訴訟事件(ぜんがいそしょうじけん)とは、承和12年(845年)に法隆寺の僧侶・善愷が、同寺の壇越である少納言登美直名を告訴した事件。翌承和13年(846年)に入り、事件の訴訟そのものの是非を巡って朝廷内において問題となり、弁官伴善男によって告発された当時の同僚の弁官5人全員が弾劾を受けて処罰された。善がい訴訟事件 フレッシュアイペディアより)

  • 森田沙伊

    森田沙伊から見た法隆寺法隆寺

    北海道出身。本名・才一。1923年東京美術学校日本画科卒、帝展、文展に出品、1939年文展特選、1940年より法隆寺壁画模写に従事。戦後は日展に出品、1958年同評議員、1959年日本芸術院賞受賞、1969年日展理事、1975年日本芸術院会員。1976年勲三等瑞宝章受章。森田沙伊 フレッシュアイペディアより)

  • 中世太子伝

    中世太子伝から見た法隆寺法隆寺

    中世日本において、仏教を興隆させた聖徳太子に対する関心・信仰が高まり、『聖徳太子伝暦』をはじめとする太子の伝記資料の解釈・書写が盛んに行われた。こうした活動は太子ゆかりの四天王寺・法隆寺・橘寺などを活発に行われ、中には史実ではない事柄などが追加されて、太子の業績を顕彰することが行われた。代表的なものとしては、13世紀の四天王寺関係者による書写と推定される『聖徳太子御事』や暦仁元年(1238年)頃に法隆寺の顕真が著した『聖徳太子伝私記』、正和3年(1314年)に橘寺の法空が著した『聖徳太子平氏伝雑勘文』などがあげられる。また、これとは別に太子の業績を広く知らせるために太子の伝記を絵伝や絵解き台本などの形で作成された。代表的なものとしては、各種の『聖徳太子絵伝』や『正法輪蔵』などがあげられる。特に後者は浄土真宗において尊重され、その布教の場において活用された。更に『平家物語』や『太平記』には、聖徳太子によるものとされる「未来記」が登場したように、聖徳太子が政治的にも活用された背景には、太子伝や太子信仰の普及が背景にあったと考えられている。中世太子伝 フレッシュアイペディアより)

  • 扇面法華経冊子

    扇面法華経冊子から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺(奈良県斑鳩町)蔵断簡 掛幅装(重要文化財)扇面法華経冊子 フレッシュアイペディアより)

  • 高田良信

    高田良信から見た法隆寺法隆寺

    1953年8月、聖徳宗法隆寺に入寺。佐伯良謙管主の徒弟となる。1954年得度。1965年、龍谷大学大学院修士課程修了。法隆寺法隆寺文化財保存事務所所長・法隆寺執事・執事長、法起寺住職を歴任し、法隆寺208世管主・聖徳宗第5代管長に就いた、百済観音堂の落成を機に退任、現在法隆寺長老、法隆寺實相院住職。高田良信 フレッシュアイペディアより)

  • 村田治郎

    村田治郎から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺の建築史』(1987)村田治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 常書鴻

    常書鴻から見た法隆寺法隆寺

    1986年 日本の奈良・法隆寺の招待を受けて見学に訪れる。常書鴻 フレッシュアイペディアより)

  • 上原和

    上原和から見た法隆寺法隆寺

    玉虫厨子研究をライフワークとし、この創作を飛鳥時代とし、法隆寺はその基礎の上に建てられたとの説を唱え村田治郎らと論争を行った。また西域からギリシャまでの建築に関心を寄せ、詩人的な筆致による文章を書く。上原和 フレッシュアイペディアより)

  • 官寺

    官寺から見た法隆寺法隆寺

    『日本書紀』によれば推古天皇元年(593年)に造立が開始されている四天王寺(大阪市天王寺区)が、日本最古の官寺である。『日本書紀』天武天皇9年(680年)4月の記事に「官司治むる」「国大寺二三」という文言が見られるが、これは皇室とのつながりの深い大官大寺・弘福寺両寺と蘇我氏の氏寺でありながら飛鳥の中心寺院として大化改新以後には代わって朝廷の保護を受けた法興寺を加えた各寺院のこととされている。続いて『続日本紀』大宝2年(702年)12月の記事には、「四大寺」という文言が見られ、これは前述の3寺に薬師寺を加えた4寺を指すと考えられている。その後、平城京遷都に伴い、大官大寺は新京に移されて大安寺と改名し、法興寺も移転されて元興寺と改名された(なお、法興寺の旧施設も別院として残されて後に本元興寺として独立する)。続いて同じく天平勝宝8歳(8年、756年)には先の「四大寺」に更に興福寺・東大寺・法隆寺の3寺を加えた計7寺が「七大寺」として記されている(ただし、弘福寺を外して西大寺を加えた後世「南都七大寺」と呼ばれた寺院を指すとする説もある)。更に同じく宝亀元年(770年)4月の記事では「十二大寺」が記録されている。この12寺がどこを指すのかは不明。延暦10年(791年)には四天王寺・崇福寺と1寺(弘福寺あるいは西大寺)を加えて「十大寺」とした。更に『延喜式』においては大寺のうち、「十大寺」と唐招提寺・新薬師寺・本元興寺(法興寺から分離、現・飛鳥寺)・東寺・西寺を「十五大寺」とした。ただし、本元興寺を外して法華寺を入れる異説がある他、梵釈寺や建興寺(豊浦寺、現・向原寺)のように「十五大寺」に含まれないが待遇面では大寺の待遇を受けていた寺院や戒壇が置かれた観世音寺・下野薬師寺なども当然に大寺の待遇を受けており、この時期になると名数自体には深い意味は無かったと考えられている。官寺 フレッシュアイペディアより)

  • 岩野平三郎

    岩野平三郎から見た法隆寺法隆寺

    1925年、大観の壁画「明暗」の岡大紙製作を父とともに行う。1949年、法隆寺金堂壁画復元のための壁画紙を製作。薬師寺復興写経紙も製作している。岩野平三郎 フレッシュアイペディアより)

421件中 71 - 80件表示

「法隆寺」のニューストピックワード