421件中 81 - 90件表示
  • 俗別当

    俗別当から見た法隆寺法隆寺

    最澄が弘仁9年(818年)に朝廷に献上した『山家学生式』の中に盗賊や戒律違反を防ぐため、延暦寺に公卿の俗別当の設置を求め、5年後の弘仁14年3月3日(823年4月17日)に藤原三守と大伴国道が延暦寺の俗別当に任ぜられた。承和6年(739年)には東寺にも設置され、以後東大寺・興福寺・法隆寺・金剛峯寺・西大寺などに公卿の俗別当が設置された。時代が下ると、地域の有力者が地元の寺院の俗別当を務める事例も登場した。俗別当 フレッシュアイペディアより)

  • 羽なしティンカー・ベル

    羽なしティンカー・ベルから見た法隆寺法隆寺

    奈良、法隆寺の近くの食堂の娘。隣家の幼馴染に片想いをしており、自分の境遇と重なることから、脇崎を追って来た松坂の手助けをすることになる。羽なしティンカー・ベル フレッシュアイペディアより)

  • 金銀糸

    金銀糸から見た法隆寺法隆寺

    7世紀後半から8世紀 - 法隆寺の献納宝物の『忍冬文繍残片』に撚金糸が使われている。金銀糸 フレッシュアイペディアより)

  • 久野健

    久野健から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺の話 月曜書房 1949久野健 フレッシュアイペディアより)

  • 聖徳太子のお会式

    聖徳太子のお会式から見た法隆寺法隆寺

    聖徳太子のお会式(しょうとくたいしのおえしき)は、法隆寺で催される聖徳太子の命日の法要であり、一般的には「法隆寺会式」「お太子さま」などと呼ばれて親しまれている。聖徳太子のお会式 フレッシュアイペディアより)

  • 永井信一

    永井信一から見た法隆寺法隆寺

    日本美を語る 第1巻 遥かなる斑鳩の里 法隆寺と斑鳩・飛鳥の古寺 黒岩重吾共編 ぎょうせい 1989.2永井信一 フレッシュアイペディアより)

  • 円方女王

    円方女王から見た法隆寺法隆寺

    神亀6年(729年)の長屋王の変で父長屋王が自殺したとき、円方女王は命を助けられた。天平9年(737年)、従五位下から従四位上に昇叙。天平宝字7年(763年)1月、従四位上から正四位上に昇叙。天平宝字8年(764年)10月、従三位に昇叙。この年、法隆寺に白銅鏡一面を献納。神護景雲2年(768年)1月、正三位に昇叙。宝亀5年(774年)12月22日に薨去。円方女王 フレッシュアイペディアより)

  • 会下山

    会下山から見た法隆寺法隆寺

    古くは、法隆寺の寺領としても知られ、天平19年(747年)の『法隆寺伽藍縁起并流記資財帖』には、「雄伴郡宇治郷宇奈互丘」あるいは、「宇奈五丘」(うなごおか)の名で記載されている。「宇奈互」は、長田神社の祭神事代主命の別名「雲梯(うなて)の神」が、かつて祀られており、これが訛ったとされている。北風家の祖先が務めていた役職名の「稲置」が訛ったという説もある。北風氏の出自は膳氏に非常に近いので、膳氏の関りが深い法隆寺との関係も興味深い。沢山の神社や寺に囲まれていた様でもある。また、同文書には会下山の位置を表す文章で「東限は弥奈刀川、南限は加須加多池、西限は凡河内寺山、北限は伊米野」と書かれている。会下山 フレッシュアイペディアより)

  • 信貴山城の戦い

    信貴山城の戦いから見た法隆寺法隆寺

    これに憤慨した信長は同年9月後半ごろより筒井順慶、明智光秀、細川藤孝を出陣させ、法隆寺へ布陣、信貴山城の先軍とした。同年10月1日が織田軍は信貴山城の支城となっていた片岡城を約5千兵で攻城、これに対して松永軍は海老名友清、森正友らが率いる約1千兵で防御した。この時の戦いの状況を『多聞院日記』では、信貴山城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 適材適所

    適材適所から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺- 現存する世界最古の木造建築群適材適所 フレッシュアイペディアより)

421件中 81 - 90件表示

「法隆寺」のニューストピックワード