541件中 81 - 90件表示
  • 勧学会

    勧学会から見た法隆寺法隆寺

    なお、鎌倉時代以後、寺院内部において僧侶大衆が経典の講義を行う勧学会あるいは勧学講と呼ばれる儀式が有力寺院を中心に行われるようになる(代表的なものに延暦寺の天台座主慈円が建久6年(1195年)に始めたものが著名。他にも金剛峯寺・仁和寺・東寺・醍醐寺・法隆寺などにも同様の行事が見られた)。だが、これらの行事に世俗からの参加者は見られず、平安時代の勧学会とは無関係あるいは極めて希薄なものであったと考えられている。勧学会 フレッシュアイペディアより)

  • 明算 (宿曜師)

    明算 (宿曜師)から見た法隆寺法隆寺

    明算(みょうさん、永承2年(1047年)- 天仁2年5月14日(1109年6月14日)は、平安時代後期の僧侶・宿曜師。法隆寺別当で同じく宿曜師であった能算の子。明算 (宿曜師) フレッシュアイペディアより)

  • 善がい

    善がいから見た法隆寺法隆寺

    善愷(ぜんがい、生没年不詳)は、平安時代前期承和年間ごろの法隆寺の僧。善がい フレッシュアイペディアより)

  • 寺封

    寺封から見た法隆寺法隆寺

    本来は寺院の造営などの経費に充てるために一時的に支給したもので、天武天皇9年(680年)に将来の廃止を前提に既存の寺封を今後30年間に期限を限定する勅が出され(『日本書紀』)、その後出された禄令には支給を5年以下に限定するという規定があるものの、いずれも遵守されることなく期限を「永年」とする寺封の施入が実施され、宝亀11年(780年)には「永年」と称される寺封は施入した天皇1代と限定する勅も出されたがこれも遵守されなかった。また、施入などに関する具体的な規定はなく、天皇の勅などによったと考えられている。大同元年(806年)の太政官牒によれば、東大寺の5000戸を筆頭に、飛鳥寺(1800戸)・山階寺(1200戸)・西大寺(630戸)・法華寺(550戸)・川原寺(500戸)・薬師寺(500戸)・荒陵寺(350戸)・妙見寺(230戸)・観世音寺(200戸)・法隆寺(200戸)・大安寺(150戸)など、計24寺に寺封が与えられていたことが分かる(『新抄格勅符抄』)。この他にも寺封を受けたことがある寺院の存在が知られ、全体で約50寺以上が支給の対象になったとみられている。寺封 フレッシュアイペディアより)

  • 墨壺

    墨壺から見た法隆寺法隆寺

    同様の道具は古代エジプト時代から使われていたともいわれるが、墨壺と糸と糸車のすべてを一体化したのは古代中国だと考えられている。日本では、法隆寺に使われている最も古い木材に、墨壺を使って引いたと思われる墨線の跡があり、この時代から使われていたとされる。墨壺 フレッシュアイペディアより)

  • 史蹟名勝天然紀念物保存法

    史蹟名勝天然紀念物保存法から見た法隆寺法隆寺

    1950年(昭和25年)、法隆寺金堂焼失事件を契機として、「史蹟名勝天然紀念物保存法」は「国宝保存法」、「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」と合わせて文化財保護法(昭和25年法律第214号)となって受け継がれることとなったが、「自然記念物」を文化財に含めて扱っている国は少なく、1971年(昭和46年)に環境庁(いまの環境省)が発足した際、環境行政の一環として天然記念物保護をおこなおうという意見もあったが実現には至っていない。史蹟名勝天然紀念物保存法 フレッシュアイペディアより)

  • 引目鉤鼻

    引目鉤鼻から見た法隆寺法隆寺

    法隆寺の聖徳太子絵伝にその初期の例を見ることができ、源氏物語絵巻、扇面古写経の下絵の人物などが好例である。引目鉤鼻 フレッシュアイペディアより)

  • 宝形造

    宝形造から見た法隆寺法隆寺

    Image:Horyu-ji36s3200.jpg|八注の例(法隆寺夢殿・奈良県斑鳩町)宝形造 フレッシュアイペディアより)

  • 円方女王

    円方女王から見た法隆寺法隆寺

    神亀6年(729年)の長屋王の変で父長屋王が自殺したとき、円方女王は命を助けられた。天平9年(737年)、従五位下から従四位上に昇叙。天平宝字7年(763年)1月、従四位上から正四位上に昇叙。天平宝字8年(764年)10月、従三位に昇叙。この年、法隆寺に白銅鏡一面を献納。神護景雲2年(768年)1月、正三位に昇叙。宝亀5年(774年)12月22日に薨去。円方女王 フレッシュアイペディアより)

  • 帝塚山大学附属博物館

    帝塚山大学附属博物館から見た法隆寺法隆寺

    帝塚山大学附属博物館(てづかやまだいがくふぞくはくぶつかん)は、奈良県内の大学では2番目となる博物館相当施設であり、帝塚山大学考古学研究所が収集した東アジアで出土した瓦を中心とした、考古・民俗・美術史資料の保管、展示公開のほか、学芸員課程を学ぶ学生たちが企画した展示会など様々な企画展示を行なっている。また、帝塚山大学考古学研究所と連携して公開講座の開催や学術調査発掘などの活動を行なっている。西上昇収集の瓦類や法隆寺長老高田良信の古代アジアの瓦や青銅器資料といった貴重な資料の寄贈を受けている。帝塚山大学附属博物館 フレッシュアイペディアより)

541件中 81 - 90件表示

「法隆寺」のニューストピックワード