前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • 法隆寺

    法隆寺から見た梅原猛

    1972年(昭和47年)に梅原猛が発表した論考『隠された十字架』は、西院伽藍の中門が4間で中央に柱が立っているという特異な構造に注目し、出雲大社との類似性を指摘して、再建された法隆寺は王権によって子孫を抹殺された聖徳太子の怨霊を封じる為の寺なのではないかとの説を主張したが、歴史学の研究者のあいだでは、一般的な怨霊信仰の成立が奈良時代末期であることなどを指摘し、概ね梅原説には批判的であった。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た井上靖

    井上靖、塚本善隆監修、伊藤桂一、間中定泉著『古寺巡礼奈良1 法隆寺』、淡交社、1979、のち新版法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た来目皇子

    その後、聖徳太子の弟来目皇子の子孫と伝えられる登美氏の支配下に置かれていたが、平安時代初頭には登美氏からの自立への動きが強まった。この過程で法隆寺側と登美氏との間で発生したのが、善愷訴訟事件である。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た東京国立博物館

    近代に入ると、廃仏毀釈の影響で寺の維持が困難となり、1878年(明治11年)には管長千早定朝の決断で、聖徳太子画像(唐本御影)をはじめとする300件余の宝物を当時の皇室に献納し、金一万円を下賜された。これらの宝物は「法隆寺献納宝物」と呼ばれ、その大部分は東京国立博物館の法隆寺宝物館に保管されている。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た小学館

    1981年(昭和56年)からは「昭和資財帳調査」として、寺内の膨大な文化財の再調査が実施され、多くの新発見があった。調査の成果は『法隆寺の至宝?昭和資財帳』として小学館から刊行されている。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た近畿日本鉄道

    JR・近鉄王寺駅下車。奈良交通バス(62・63・92系統)で王寺駅北口→法隆寺前バス停徒歩3分法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た西日本旅客鉄道

    JR大和路線法隆寺駅下車。徒歩で20分。または奈良交通バス(72系統)で、法隆寺駅バス停→法隆寺門前バス停→徒歩1分で法隆寺南大門法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た聖徳太子

    法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。聖徳太子ゆかりの寺院であり、世界最古の木造建築である西院伽藍をはじめ、多くの文化財を伝える。別名を斑鳩寺(いかるがでら)という。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た行信

    一方、八角堂の夢殿を中心とする東院伽藍は、天平10年(738年)ごろ、行信僧都が斑鳩宮の旧地に太子を偲んで建立したものである。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

  • 法隆寺

    法隆寺から見た岡倉天心

    1884年(明治17年) フェノロサ、岡倉天心らにより法隆寺の宝物調査が行われ、夢殿の救世観音像がこの時数百年ぶりに開扉されたという(異説もある)。法隆寺 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示

「法隆寺」のニューストピックワード