波力発電 ニュース&Wiki etc.

波力発電(はりょくはつでん)は、主に海水などの波のエネルギーを利用して発電する発電方法で、海流を利用したもの、波の上下振動を利用したもの、ジャイロ式発電タイプ、人工筋肉により発電するものまで様々なタイプのものがある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「波力発電」のつながり調べ

  • イギリスの経済

    イギリスの経済から見た波力発電

    イギリスは島国であるため海上での風力発電や潮力発電、波力発電について、潜在的に大きな可能性がある。そのような発電方法はまだ商業的に有意義なレベルに達していないため、実現させるにはエネルギー政策によって支えていく必要がある。2006年の3月に、英国風力エネルギー協会 (BWEA) は2010年には海上の風力でイギリスが必要な電力の5%近くを供給可能になると予測している。BP、ロイヤル・ダッチ・シェル、キャイリン・エナジー、セントリカ、アングロ・アメリカン、BHPビリトン、リオ・ティントなどの一流企業がこの分野に協力している。(イギリスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • フォイト

    フォイトから見た波力発電

    2006年5月、フォイトの製紙技術センターがハイデンハイムに開設された。スコットランドにおけるフォイトの子会社、ウェーブジェン(Wavegen)は、最初の地域電力網に送電可能な波力発電装置を導入した。また、世界最強の液体式ディーゼル機関車、フォイト・マキシマ(Voith Maxima)を開発した。(フォイト フレッシュアイペディアより)

「波力発電」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ