前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た波力発電波力発電

    波力発電(動力 → 電力)再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 低炭素社会

    低炭素社会から見た波力発電波力発電

    発電:風力発電、水力発電、潮汐発電、波力発電、太陽光発電、地熱発電、バイオマス発電など低炭素社会 フレッシュアイペディアより)

  • アイラ島

    アイラ島から見た波力発電波力発電

    アイラ島の位置は大西洋の荒波に曝される場所であるため、スコットランド初の波力発電所が置かれることになった。LIMPET (Land Installed Marine Powered Energy Transformer) と名付けられた波力発電機は、欧州連合の資金援助を受け、インヴァネスのWavegen社とベルファストのクイーンズ大学の研究者たちによる設計と施工によって実現したものである。同社はクイーンズ大学のAlan Wells教授が1990年に編成した会社で、2005年からはVoith Siemens 社の子会社であるVoith Siemens Hydro Power Generationの所有である。Limpet500と呼ばれる発電機は、500キロワットの電力を島の配電網に配給する。2000年において世界初の商用波力発電所となった。2008年7月からは一般家庭に電力を供給している。アイラ島 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋温度差発電

    海洋温度差発電から見た波力発電波力発電

    石油依存の政治的な影響を受けた波力発電やメタンハイドレートのような海洋資源の代替方式の開発促進海洋温度差発電 フレッシュアイペディアより)

  • 水ノ子島灯台

    水ノ子島灯台から見た波力発電波力発電

    2002年(平成14年) - 沿岸灯台としては初めての波力発電と太陽光発電を併用したハイブリッド電源システムの運用を開始。水ノ子島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 艦隊シリーズの用語集

    艦隊シリーズの用語集から見た波力発電波力発電

    波力発電の研究から派生した水上機発着用静水面を作り出す仕掛け。旭日港はこれを応用して作られた。艦隊シリーズの用語集 フレッシュアイペディアより)

  • フォイト

    フォイトから見た波力発電波力発電

    2006年5月、フォイトの製紙技術センターがハイデンハイムに開設された。スコットランドにおけるフォイトの子会社、ウェーブジェン(Wavegen)は、最初の地域電力網に送電可能な波力発電装置を導入した。また、世界最強の液体式ディーゼル機関車、フォイト・マキシマ(Voith Maxima)を開発した。フォイト フレッシュアイペディアより)

  • 波力

    波力から見た波力発電波力発電

    波力(はりょく)とは、波を利用した力のことである。この言葉は、主に海面の波と、その波のエネルギーを利用する発電(波力発電)、その他波を利用した作用を利用する場合に用いられる。波力 フレッシュアイペディアより)

  • 水

    から見た波力発電波力発電

    位置エネルギー・運動エネルギーの利用 - 水力発電、水車、波力発電、ししおどし フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル

    ポルトガルから見た波力発電波力発電

    主要産業は農業、水産業、食品・繊維工業、観光。地中海性気候を生かし、オリーブ、小麦、ワイン、コルクの生産が盛ん。オリーブ油の生産高は世界7位。ワインの生産は第10位。第一次産業人口比率は12.6%。土地利用率は、農地 (31%) と牧場 (10.8%)。森林 (36%) も多い。また、エネルギー分野では代替エネルギーに力を入れている。電力消費の約40%は代替エネルギーでまかなわれており(2007年時点)、政府は2010年までに代替エネルギー比率を45%にする目標を掲げている。また、波力発電のトップランナーを目指し研究を重ねている。ポルトガル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示

「波力発電」のニューストピックワード