1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示
  • イギリスの経済

    イギリスの経済から見た波力発電波力発電

    イギリスは島国であるため海上での風力発電や潮力発電、波力発電について、潜在的に大きな可能性がある。そのような発電方法はまだ商業的に有意義なレベルに達していないため、実現させるにはエネルギー政策によって支えていく必要がある。2006年の3月に、英国風力エネルギー協会 (BWEA) は2010年には海上の風力でイギリスが必要な電力の5%近くを供給可能になると予測している。BP、ロイヤル・ダッチ・シェル、キャイリン・エナジー、セントリカ、アングロ・アメリカン、BHPビリトン、リオ・ティントなどの一流企業がこの分野に協力している。イギリスの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 発電

    発電から見た波力発電波力発電

    波力発電:波の運動エネルギーによる発電。発電 フレッシュアイペディアより)

  • 水ノ子島灯台

    水ノ子島灯台から見た波力発電波力発電

    2002年(平成14年) - 沿岸灯台としては初めての波力発電と太陽光発電を併用したハイブリッド電源システムの運用を開始。水ノ子島灯台 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル

    ポルトガルから見た波力発電波力発電

    主要産業は農業、水産業、食品・繊維工業、観光。地中海性気候を生かし、オリーブ、小麦、ワイン、コルクの生産が盛ん。オリーブ油の生産高は世界7位。ワインの生産は第10位。第一次産業人口比率は12.6%。土地利用率は、農地 (31%) と牧場 (10.8%)。森林 (36%) も多い。また、エネルギー分野では代替エネルギーに力を入れている。電力消費の約40%は代替エネルギーでまかなわれており(2007年時点)、政府は2010年までに代替エネルギー比率を45%にする目標を掲げている。また、波力発電のトップランナーを目指し研究を重ねている。ポルトガル フレッシュアイペディアより)

  • アイラ島

    アイラ島から見た波力発電波力発電

    アイラ島の位置は大西洋の荒波に曝される場所であるため、スコットランド初の波力発電所が置かれることになった。LIMPET (Land Installed Marine Powered Energy Transformer) と名付けられた波力発電機は、欧州連合の資金援助を受け、インヴァネスのWavegen社とベルファストのクイーンズ大学の研究者たちによる設計と施工によって実現したものである。同社はクイーンズ大学のAlan Wells教授が1990年に編成した会社で、2005年からはVoith Siemens 社の子会社であるVoith Siemens Hydro Power Generationの所有である。Limpet500と呼ばれる発電機は、500キロワットの電力を島の配電網に配給する。2000年において世界初の商用波力発電所となった。2008年7月からは一般家庭に電力を供給している。アイラ島 フレッシュアイペディアより)

  • 水

    から見た波力発電波力発電

    位置エネルギー・運動エネルギーの利用 - 水力発電、水車、波力発電、ししおどし フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
16件中 11 - 16件表示

「波力発電」のニューストピックワード