前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示
  • オクターヴ

    オクターヴから見た西洋音楽西洋音楽

    オクターヴとは、大きく分けて2つの概念を併せ持つ。1つには、西洋音楽における「8度音程」のことを単純に意味する。2つには、聴覚現象としてヒトに共通して感知されうるものとして広く認められている「高さの異なる同じ音(同度の複音程)」のことを意味する。オクターヴ フレッシュアイペディアより)

  • ソロ (音楽)

    ソロ (音楽)から見た西洋音楽西洋音楽

    solo(ソロ)は、音楽そのものやひとつの役割をたった一人で担当することや、そのパート、演奏者のこと。イタリア語から各言語に派生し、主に西洋音楽を念頭に用いられる語である。ソロ (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • 楽譜

    楽譜から見た西洋音楽西洋音楽

    楽譜(がくふ)は、音楽を記録するために演奏記号や符号を使って記号化したものである。一般に、西洋音楽に発祥したものを指すが、世界の音楽において、様々な楽譜が存在している。また、この記号化の規則を記譜法といい、楽譜を譜面と呼んだり、単に譜と呼んだりもする。楽譜 フレッシュアイペディアより)

  • 洋楽

    洋楽から見た西洋音楽西洋音楽

    洋楽(ようがく)とは、西洋音楽の短縮形として生まれた言葉。大きく以下の3つの意味がある。洋楽 フレッシュアイペディアより)

  • ヨナ抜き音階

    ヨナ抜き音階から見た西洋音楽西洋音楽

    「四七抜き音階」とも表記し、ヨナ抜き長音階を西洋音楽の長音階に当てはめたときに主音(ド)から四つ目のファと、七つ目のシがない音階のことである。雅楽の呂旋法がこれに当たり、西洋音楽関係者が日本音階の特徴として名付けた物である。ヨナ抜き音階 フレッシュアイペディアより)

  • 拍子

    拍子から見た西洋音楽西洋音楽

    拍子(ひょうし)とは一般には、拍や拍の連なりのこと。西洋音楽では強拍に連なるいくつかの拍の集まりの繰り返しを言う。日本では「三三七拍子」という言葉でわかるように、この言葉は、西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる使われ方をする。アラブ古典音楽のイーカーア(イーカー)やインド古典音楽のターラ(サンスクリット読み)を「何々拍子」と表現することがあるが、これも西洋音楽の定義の「拍子」とは異なる。拍子 フレッシュアイペディアより)

  • 和楽器

    和楽器から見た西洋音楽西洋音楽

    また、多くの楽器で音色技法が発達している。特に西洋音楽では現代になってやっと雑音的(噪音) 要素を取り入れるようになったのに比べ、和楽器では早くから雑音の美が認められ、雑音的な要素までもが様々に取り入れられていることは大きな特徴である。西洋音楽の楽器(洋楽器)では、和声音楽に用いる音から倍音以外を排除しようという方向性を持っていた。この違いは顕著で、また近隣の中国や朝鮮の音楽と比べても、和楽器には噪音(倍音以外の音)を多く含む音を出す楽器の比率が高い。三味線や楽琵琶を除く各種琵琶の雑音付加機構「さわり」はその代表例である。また通常は噪音を出さない楽器でもわざわざ噪音を出す奏法がある。これは、民族がそのような音を望んだからとしか説明のしようがない。大陸から日本に伝来し、日本に定着する過程で、そのような変化、工夫が加わっていったものである。和楽器 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・サティ

    エリック・サティから見た西洋音楽西洋音楽

    「音楽界の異端児」、「音楽界の変わり者」などと称され、西洋音楽に大きな影響を与えたとみなされている。ドビュッシーもラヴェルも、その多くの作曲技法はサティによって決定づけられたものだと公言しており、印象主義の作曲家たちにも影響を与えた。エリック・サティ フレッシュアイペディアより)

  • 箏

    から見た西洋音楽西洋音楽

    前述の筑紫箏を基本として、楽器としての箏および箏曲の基礎を大成させたのが、江戸時代初期に活躍した八橋検校(やつはし・けんぎょう、1614年 - 1685年)であり、特に重要なのは、箏の調弦をそれまでの律音階から、当時民間で一般的になりつつあった都節音階にもとづくものに変えたことである。また多数の作曲をして、ここで現在の箏曲の基本形が整った(一説には、箏曲の基本形の一つである「段もの」と呼ばれるいわゆる変奏曲に類似した形式は、八橋検校が何らかの形で西洋音楽、特にチェンバロの変奏曲に接触したことによって生まれたという)。独奏曲としての箏という楽器を代表する楽曲「六段」(の調べ)は、この八橋検校の作曲によると伝えられる。ちなみに「検校(けんぎょう)」という言葉は当時の盲人音楽家が作る組合制度「当道座」の中で与えられる最高位の名前である。八橋検校の没年となった1685年は、西洋音楽における大きな存在であるバッハや、ヘンデル、ドメニコ・スカルラッティの生年でもある。八橋検校の名は京都の菓子「八ツ橋」の名としても残っており、(生ではなく焼いた、本来の)八ツ橋の形は箏を模している。 フレッシュアイペディアより)

  • シンバル

    シンバルから見た西洋音楽西洋音楽

    つば広帽子の形に比較的薄く伸ばした金属でできた楽器を指す。主に西洋音楽で使われる。同様のものはユーラシア大陸全土に広がっており、仏教に使われるものを鐃鉢(にょうはち)または鐃ばつといい、それと同じもので芝居に使うものを妙はつという。同形のさらに小型のものは、銅ばつ・銅拍子(どびょうし)・手平金と呼ばれる。また、同種の物に非常に小さいシンバルがあり、指に付けて打ち合わせたりして演奏するのでフィンガーシンバルと呼ばれる。クロタルもその一種である。現在の西洋音楽で常用されるものとしては、タンバリンの枠で見ることができる。また、アンティークシンバル(クロタル、クロテイルと呼ばれることもある)というシンバルの形をしている小型の楽器は、形は似ているものの音色や音の性質は全く異なる。シンバル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画