184件中 91 - 100件表示
  • ノヴェンバー・ステップス

    ノヴェンバー・ステップスから見た西洋音楽西洋音楽

    オーケストラによる徹底した前衛語法は、琵琶と尺八の伝統的五音音階の印象を全く掻き消し、楽器の持つ「障り」(ノイズ)の持ち味を最大限に引き立たせる。この曲に対する評価は西洋音楽と東洋音楽の「融合」であると評すものもいれば、邦楽と洋楽の、さらには琵琶と尺八の「拮抗」であるという意見もある。しかし明らかなのは同時期の武満作品、例えば『アーク』、『クロッシング』、『アステリズム』などに見られる一元的なクライマックスを求めるテクスチュアが、この『ノヴェンバー・ステップス』ではそれほど強く見られず、むしろ邦楽器の持つテンションを保つためにオーケストラのテンションは徹底して分散させ、邦楽器の後ろに回っていることが、それらの作品との対比としての最大の特徴であると言える。また金管楽器を中心に曲の前半で一瞬だけ現れる協和音は、リゲティの『アトモスフェール』を髣髴とさせながらも、武満のその後の作品、例えば『グリーン』や『カトレーン』、『鳥は星型の庭に降りる』を予感させる。ノヴェンバー・ステップス フレッシュアイペディアより)

  • ロンドソナタ形式

    ロンドソナタ形式から見た西洋音楽西洋音楽

    ロンドソナタ形式(ロンドソナタけいしき)は、西洋音楽の楽曲の形式の一つ。大ロンド形式を発展させて、大ロンド形式の主部のBの調性を、ソナタ形式の第二主題と同じように第一主部では属調、平行調等に、再現主部では主調または同主調にしたものという。ロンドソナタ形式 フレッシュアイペディアより)

  • 短三和音

    短三和音から見た西洋音楽西洋音楽

    西洋音楽においては、長三和音と並んできわめて重要な位置を占める和音である。具体的な用法としては以下のようなものがあげられる。短三和音 フレッシュアイペディアより)

  • ヘ短調

    ヘ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    ヘ短調(へたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ヘ (F) 音を主音とする短調である。調号はフラット4箇所(B, E, A, D)である。ヘ短調 フレッシュアイペディアより)

  • 増二度

    増二度から見た西洋音楽西洋音楽

    増二度(ぞうにど、増2度とも)とは、音程の名称のひとつ。長二度よりも半音広い二度の音程をこう呼び、例えば英語音名でCとD#は増二度であるという。増二度と短三度とは物理的には等しい音程だが、機能的には異なる音程である。これらは平均律の12音を基準とした理論を用いた場合に音程としては同一だが、音階における機能としての定義が変化することで呼称が変わる一種のレトリックともいえる。特に基準が移動しやすい相対音感的な耳で捉えた際に勘違いしがちだが、平均律の12音に当てはめた場合、音程としてはどこまでも同一であり、機能としてはどこまでも別個である。特定の音階において増二度音程は音楽に特徴的な効果をもたらし、その効用から減七度音程と同様に伝統的西洋音楽からは「東洋的で下品」と軽蔑されてきた歴史をもつ。増二度 フレッシュアイペディアより)

  • 五音音階

    五音音階から見た西洋音楽西洋音楽

    世界の音楽でその他には東アジア(日本、朝鮮半島、中国(漢民族)、モンゴル、チベット、ブータンなど)、東南アジア(タイ、ミャンマー、カンボジア、インドネシア(ジャワ島、バリ島))、アフリカ(スーダン、エチオピア、ウガンダなど)、南アメリカ(アンデス)の音楽が五音音階のように聞こえる。そもそも基本的には五音音階という考え方は西洋音楽の七音音階と対比させたものが出発点であるので、他の音楽文化圏の音楽にこれを当てはめるのには根本的に無理がある。よく中国音楽は五音音階である、と言われるが、それはそれで間違っていないが、例えば京劇を見てみると、その旋律には1オクターブに7つの音が含まれる部分が相当ある。五音音階 フレッシュアイペディアより)

  • 小山清茂

    小山清茂から見た西洋音楽西洋音楽

    長野県更級郡信里村(現長野市)の出身。生家は山深い里の農家で幼少期には西洋音楽に触れることがなかったという。その代わりに彼の周りには、村の祭礼音楽やさまざまな童歌、村人達がうたう即興の唄や民謡があふれていた。小学校の高学年のころ、近くの町で行われた陸軍戸山学校軍楽隊の演奏に触れ、極めて強い印象を受ける。後に彼はそのことについて、文章の中で「まるで夢のような体験だった」というような事を述べている。やがて長野中学校に入学、ハーモニカ合奏や短歌に熱中するようになった。1933年長野師範学校卒業後、長野県内で教諭を務めながら作曲の勉強を行った。1939年から1943年まで作曲を安部幸明に師事する。この間、1941年豊島区長崎第五国民学校に勤務し、東京都教員管弦楽団に入りフルート奏者を務めている。この時期に、同オーケストラの指揮を執っていた渡邊浦人と懇意となり、またオーケストラの機能を体得した。1946年、第14回音楽コンクールに「管弦楽のための信濃囃子」を出品、第1位を獲得し、センセーションを起こした。1950年、渡邊浦人、渡辺茂、平井康三郎、山本直忠、金井喜久子、石井五郎と「白涛会」を結成。1956年、深井史郎、貴島清彦らと「新音楽の会」を結成している。前者は日本をテーマの中心に据えた音楽の創作、後者は民族語法を基本として新たな音楽の創造を目指す音楽グループである。1969年からは神戸山手女子短期大学の教授を務めた。1971年、中西覚と「たにしの会」を結成し、日本の旋法や和声の理論体系を研究、整理した。1981年には柴田南雄らと尚美音楽短期大学作曲科の教授。1986年には、国立音楽大学音楽研究所に奉職している。勲四等瑞宝章。日本作曲家協議会会員。小山清茂 フレッシュアイペディアより)

  • ソナタ

    ソナタから見た西洋音楽西洋音楽

    ソナタ(イタリア語・sonata、「演奏されるもの」の意)は西洋音楽における器楽曲(室内楽曲)のひとつ。多く、複数楽章から成る。滅多に使われないが奏鳴曲(そうめいきょく)と訳される。ソナタ フレッシュアイペディアより)

  • ホ長調

    ホ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    ホ長調(ほちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ホ (E) 音を主音とする長調である。調号はシャープ4つである。ホ長調 フレッシュアイペディアより)

  • アルヴォ・ペルト

    アルヴォ・ペルトから見た西洋音楽西洋音楽

    この時期以降に出現する音楽は、以前のそれとは根本的に相違するものであった。ペルトはそれをティンティナブリの様式(以下「ティンティナブリ」)と呼んでいる。(ティンティナブリは「鈴声」の意。)この音楽を特徴付ける性質として、簡素な和声がある。非装飾音符や三和音がしばしば用いられ、それらは西洋音楽の根柢を成すものである。この様式は、ティンティナブリという名前の所以である「鈴の鳴るさま」を髣髴させる。ティンティナブリはやはり単純なリズムを持ち、テンポは常に一定を保つ。古楽の影響は明瞭である。同時期の作品におけるもう一つの特徴として、宗教的なテクストが作品中でしばしば用いられるものの、その殆どの場合において、彼の母国語であるエストニア語の代わりにラテン語又はスラヴ系の正教会の奉神礼に使われる教会スラヴ語が用いられている事が挙げられる。アルヴォ・ペルト フレッシュアイペディアより)

184件中 91 - 100件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画