184件中 101 - 110件表示
  • テンポ

    テンポから見た西洋音楽西洋音楽

    テンポ()は西洋音楽において、拍の長さ、すなわち拍節の速さのことである。テンポ フレッシュアイペディアより)

  • 音階

    音階から見た西洋音楽西洋音楽

    「音階」は西洋音楽の音楽理論用語Tonleiter, Skala(ドイツ語)gamma(イタリア語)gamme(フランス語)scale(英語)などの訳語として明治期に日本語に登場した。それまでの日本で使われていた音階に似た用語を探すと、雅楽や声明(しょうみょう;仏教の声楽)の世界において使われていた「五声・五音」「七声・七音」「調(西洋音楽で定義される『調』とは意味が違う)」などが挙げられる(更にこれらは中国音楽の音楽理論用語からきている)。したがって基本的には「音階」とは西洋音楽理論において定義されるそれ(音楽において使われる音を高さの順に並べたもの)である。音階 フレッシュアイペディアより)

  • ラヴィ・シャンカル

    ラヴィ・シャンカルから見た西洋音楽西洋音楽

    ジャン=ピエール・ランパルやユーディ・メニューインといった西洋音楽の奏者との共演も積極的に行い、シタール協奏曲も作曲している。またフィリップ・グラスにも大きな影響を与えたことで知られている。他にも尺八奏者山本邦山、箏奏者宮下伸と共演している。ラヴィ・シャンカル フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県立芸術大学

    沖縄県立芸術大学から見た西洋音楽西洋音楽

    音楽学部は、伝統的な琉球芸能の伝承・発展を主たる目的とすべきという意見があるが、実際には西洋音楽を中心とした保守的な教育システムに固着する傾向にある。しかし琉球芸能の実践、教育および研究の分野においては、着実に成果を上げているといえる。またバリ、ジャワ両方のガムラン・アンサンブルがあり、特にバリのアンサンブルは日本を代表するガムラン奏者の一人でもある梅田英春准教授の指導のもと、精力的な活動を続けている。将来的には東南アジア・太平洋に開かれた総合的な音楽、文化、社会、芸能といった研究の拠点としての役割を担うべきとの期待もあり、その為にも今後は学科・専攻の壁を越えたより柔軟な教育過程の構築と、地域と大学がより密接に関わり合う環境整備が求められる。沖縄県立芸術大学 フレッシュアイペディアより)

  • イ長調

    イ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    イ長調(いちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、イ (A) 音を主音とする長調である。調号はシャープ3箇所(F, C, G)である。イ長調 フレッシュアイペディアより)

  • ニ短調

    ニ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    ニ短調(にたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ニ (D) 音を主音とする短調である。調号はフラット1つである。ニ短調 フレッシュアイペディアより)

  • 瀧廉太郎

    瀧廉太郎から見た西洋音楽西洋音楽

    瀧 廉太郎(たき れんたろう、1879年(明治12年)8月24日 - 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。瀧廉太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 地車囃子

    地車囃子から見た西洋音楽西洋音楽

    西洋音楽のような分け方をするならば、ハナ・ナカ・ダメの三楽章で構成されている。ハナは、初っ端の「ハナ」である。ナカは、真ん中の「ナカ」である。そしてダメは、ダメを押すの「ダメ」である。しかし、三部構成の演奏となると、20分近い長時間となるので、圧倒的多数の演奏が二楽章に省略されている。地車囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤浩一

    遠藤浩一から見た西洋音楽西洋音楽

    「小澤征爾―日本人と西洋音楽」  PHP研究所〈PHP新書〉, 2004年、ISBN 4569637760遠藤浩一 フレッシュアイペディアより)

  • ロ短調

    ロ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    ロ短調(ろたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ロ (B) 音を主音とする短調である。調号はシャープ2つである。ロ短調 フレッシュアイペディアより)

184件中 101 - 110件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画