184件中 111 - 120件表示
  • 変ロ長調

    変ロ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    変ロ長調(へんろちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、変ロ(B♭)音を主音とする長調である。調号はフラット2箇所(B, E)である。変ロ長調 フレッシュアイペディアより)

  • 嬰ハ長調

    嬰ハ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    嬰ハ長調(えいはちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰ハ (C♯) 音を主音とする長調である。調号はシャープ7箇所(F, C, G, D, A, E, B)である。嬰ハ長調 フレッシュアイペディアより)

  • 変ト長調

    変ト長調から見た西洋音楽西洋音楽

    変ト長調(へんとちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、変ト (G♭) 音を主音とする長調である。調号はフラット6箇所(B, E, A, D, G, C)である。変ト長調 フレッシュアイペディアより)

  • 嬰ヘ長調

    嬰ヘ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    嬰ヘ長調(えいへちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰ヘ (F♯) 音を主音とする長調である。調号はシャープ6箇所(F, C, G, D, A, E)である。嬰ヘ長調 フレッシュアイペディアより)

  • 嬰イ短調

    嬰イ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    嬰イ短調(えいいたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰イ (A♯) 音を主音とする短調である。調号はシャープ7箇所(F, C, G, D, A, E, B)である。嬰イ短調 フレッシュアイペディアより)

  • アンティフォナ

    アンティフォナから見た西洋音楽西洋音楽

    西方教会の影響下で発展した西洋音楽の領域ではラテン語の「アンティフォナ」を踏襲するかあるいは各国語の表記を現在一般に用いている。アンティフォナ フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽

    吹奏楽から見た西洋音楽西洋音楽

    「吹奏楽」の語は、開国後日本では陸海軍の軍楽隊が西洋音楽を演奏する合奏組織として式典などで演奏していたのに対し、日清・日露戦役のころに西洋管楽器で編成された楽隊が民間にも多く現われた際に、軍楽隊による音楽と区別するために普及したとされる。その後、軍楽隊が管弦楽の演奏もはじめたため、大正期には軍楽隊の演奏も「吹奏楽」に含むことが定着した。昭和初期には学校・職場のアマチュア吹奏楽団は「ブラスバンド」という呼び方も一般化するが、太平洋戦争に突入するころには「吹奏楽」を積極的に用いるようになる。戦後になると「ブラスバンド」の語も復活するが、昭和30〜40年代には学校・職場のアマチュア吹奏楽団がアメリカのスクールバンドを参照するようになり、行進など実用的な目的ではなく、コンサートなどでの演奏を重視するようになった。「吹奏楽」の語の用法としても、このような変化を重視する傾向がある。吹奏楽 フレッシュアイペディアより)

  • メロディ

    メロディから見た西洋音楽西洋音楽

    西洋音楽では、メロディはハーモニー(和声)、リズム(律動)と共に、音楽の三要素のひとつとされる。メロディ フレッシュアイペディアより)

  • ヘ長調

    ヘ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    ヘ長調(へちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ヘ (F) 音を主音とする長調である。調号はフラット1箇所(B)である。ヘ長調 フレッシュアイペディアより)

  • 変ニ長調

    変ニ長調から見た西洋音楽西洋音楽

    変ニ長調(へんにちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、変ニ (D♭) 音を主音とする長調である。調号はフラット5箇所(B, E, A, D, G)である。変ニ長調 フレッシュアイペディアより)

184件中 111 - 120件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画