184件中 11 - 20件表示
  • 音楽理論

    音楽理論から見た西洋音楽西洋音楽

    たとえば、現在「音楽理論」という語は主に「西洋音楽におけるハーモニーに関する理論」と同一視されてしまうことも多いが、西洋音楽の中にも旋律を重視する理論、楽曲の構成を重視する理論など、そのバリエーションは多岐にわたり、また同じ西洋音楽でもクラシック音楽系の理論とポピュラー音楽系の理論ではその姿は大きく異なっている。また非西洋音楽、たとえば日本の雅楽やインドネシアのカラウィタンは西洋音楽とは異なる歴史をたどってきた以上、異なる理論体系を持つのは当然ということができる。音楽理論 フレッシュアイペディアより)

  • ジャズ

    ジャズから見た西洋音楽西洋音楽

    ジャズ(jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に発展した音楽形式。アフリカ系アメリカ人の音楽形式と西洋音楽の技術と理論が融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、バラード、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズムなどの要素を組み込むことが特徴的とされている。ジャズ フレッシュアイペディアより)

  • 音楽

    音楽から見た西洋音楽西洋音楽

    上記の要素に関連して、いわゆる西洋音楽の世界では、一般に音楽はリズム、メロディー、ハーモニーの三要素からなる、と考えられている。ただし、実際の楽曲では、それぞれが密接に結びついているので一つだけを明確に取り出せるわけではない。また、音楽であるために三要素が絶対必要という意味ではない。たとえば西洋音楽以外ではハーモニーは存在しないか希薄である事が多いし、逆に一部の要素が西洋音楽の常識ではありえないほど高度な進化を遂げた音楽も存在する。このように、これら三要素の考え方は決して完全とは言えないが、音楽を理解したり習得しようとする時に実際に用いられ効果をあげている。音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 箏曲

    箏曲から見た西洋音楽西洋音楽

    明治時代に入り、箏曲の地歌からの独立は進み、寺島花野の「新高砂」など、「明治新曲」と呼ばれる、箏のみの曲が多く作られていく。ただし楽曲形式的にはほとんど地歌の手事物の踏襲であり、またこの時代でも、三味線と箏のための曲も引き続き作られてはいる。さらに、大正・昭和の時代になって宮城道雄が伝統に根ざし、西洋音楽などの影響も受けた新たな曲を多数発表した。主なものとして尺八との合奏曲である「春の海」がある。また宮城は、チェロ並みの低音域を持つ十七絃(通常の箏は13弦)や八十絃を開発した。このうち十七絃は、邦楽合奏における低音楽器として現在でも広く使われ、独奏曲も生まれている。箏曲 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽史

    音楽史から見た西洋音楽西洋音楽

    ここでは、主には西洋音楽、特にクラシック音楽の歴史を解説する。音楽史 フレッシュアイペディアより)

  • 嬰ニ短調

    嬰ニ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    嬰ニ短調(えいにたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、嬰ニ (D♯) 音を主音とする短調である。調号はシャープ6つである。嬰ニ短調 フレッシュアイペディアより)

  • 交響曲第0番 (シュニトケ)

    交響曲第0番 (シュニトケ)から見た西洋音楽西洋音楽

    シュニトケがまだ学生だった時に管弦楽作品を作曲し始めた。これらの作品は依然として未完成状態のままで、総譜は全部、又は一部散逸していた。1956年から翌年にかけてモスクワ音楽院でニコライ・ミャスコフスキーの弟子、エフゲニー・ゴルベフから指導を受けていた。シュニトケは多様式主義の作曲で知られていたが、ここではロマン派のスタイルに回帰している。この作品は明らかにロマン派の交響曲である。彼はミャスコフスキーの27曲の交響曲を聴いたが、ドミトリー・ショウタコーヴィチの15曲の交響曲も同様に聴いた。1948年に両方の作曲家の役割を演じたため、権威者によって退廃的な西洋音楽の烙印を押されて不評を買った。シュニトケは若い時にその音楽がいつでも受け継がれている事に気づいているかまたは気づいていなかった。交響曲第0番 (シュニトケ) フレッシュアイペディアより)

  • ジャイポンガン

    ジャイポンガンから見た西洋音楽西洋音楽

    1960年代前半、西洋音楽と社交ダンスが好きなググム・グンビラはスカルノ大統領の西洋音楽と社交ダンス禁止令を受けて、1968年から1978年までジャカルタ周辺や西ジャワ州を旅しながらそれにかわる伝統芸能を探し続けた。スカルノ時代が終わっても研究を続け、ついにスンダ族の伝統音楽を西洋音楽のように速いテンポで演奏し、スンダ族の伝統舞踊に新しい振り付けをした新作舞踊を考案した。ジャイポンガン フレッシュアイペディアより)

  • 音名・階名表記

    音名・階名表記から見た西洋音楽西洋音楽

    このページは西洋音楽における音の高さの書き表し方、および国ごとに異なるその言い表し方の一覧である。前者では音度・音名・階名について、後者では日・米英・独・伊・仏式について述べる。音名・階名表記 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽取調掛

    音楽取調掛から見た西洋音楽西洋音楽

    伊沢は1875年から1878年まで師範学校の教育の調査のために高嶺秀雄、神津仙三郎らとともにアメリカ合衆国に留学し、マサチューセッツ州ブリッジウォーター師範学校に入学した。伊沢はここで優秀な成績をおさめたが、唱歌だけが苦手であった。日本人であるため唱歌のみ免除しようという学校側の申し出を断り、ボストンの音楽教育家であるルーサー・ホワイティング・メーソンの元に通い唱歌を得意とすることとなった。音楽取調掛には、目賀田、高嶺のほか、山勢松韻、内田彌一、芝葛鎮、上眞行などが参加している。また、岡倉天心も最初期に御用係の任についていたが、伊沢との確執などもあり専門学務局に転属している。伊沢は、1880年に合衆国からメーソンを招いた。メーソンは1882年に帰国するまで、西洋音楽の日本への移入を指導した。『小學唱歌集』の編纂にも関わった。メーソンの後任はしばらく空席であったが、海軍軍楽隊教師として1879年より来日していたプロイセン王国のフランツ・エッケルトが1883年より指導を行うようになった。音楽取調掛 フレッシュアイペディアより)

184件中 11 - 20件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

  • 残り1週間、いよいよ(プーチン)大統領訪日に向けて仕上げの作業を行う

  • 論点はかなり絞られてきている。

  • 京都大iPS細胞研究所長

おすすめ画像

おすすめ動画