184件中 21 - 30件表示
  • 音楽 (教科)

    音楽 (教科)から見た西洋音楽西洋音楽

    邦楽、西洋音楽、民族音楽など、さまざまなジャンルの音楽を鑑賞する。この中で音楽家や鑑賞する教材に関する文化・歴史などを学ぶこともある。こちらは、学習指導要領において取り扱うべき教材の明記はない。音楽 (教科) フレッシュアイペディアより)

  • 林廣守

    林廣守から見た西洋音楽西洋音楽

    明治維新後の明治2年(1869年)、明治天皇の東京行幸とともに東京へ移動することを命じられ、宮内省雅楽局(後に雅楽部、現在の宮内庁楽部)に配属された。明治8年(1875年)、政府の命令によって西洋音楽の学習を命じられて、以後西洋音楽の理論と雅楽の融合に努めることになる。明治13年(1880年)、楽人を代表して国歌制定委員となり、同年10月に現在の「君が代」の楽譜案を提出し、同年の11月3日の天長節において初めて演奏を行った。その功績によって位階制度復活後に正八位に叙せられる。林廣守 フレッシュアイペディアより)

  • ダ・カーポ (演奏記号)

    ダ・カーポ (演奏記号)から見た西洋音楽西洋音楽

    ダ・カーポ(イタリア語:da capo)は、西洋音楽における楽譜上の演奏記号の一種。この記号の箇所から曲の冒頭へと戻る指示を意味し、時には D.C. と略記される。ダ・カーポ (演奏記号) フレッシュアイペディアより)

  • メッゾ・フォルテ

    メッゾ・フォルテから見た西洋音楽西洋音楽

    メッゾフォルテ(Mezzoforte)は、西洋音楽における音楽用語(楽語)であり、強弱法においてメッゾピアノとフォルテの中間の強さを表す。演奏記号(強弱記号)においては50x20pxと表される。メッゾ・フォルテ フレッシュアイペディアより)

  • 調性音楽

    調性音楽から見た西洋音楽西洋音楽

    調性音楽(ちょうせいおんがく)とは、19世紀終盤又は20世紀初頭以降の「無調音楽」の登場によりその対の概念として整備された音楽上の概念であり、狭義には機能和声による長調または短調によって体系付けられたいわゆる西洋音楽のみのことを指し、広義には何らかの中心音が存在する音組織に基づいた音楽のことをいう。西洋16世紀のポリフォニー音楽の複雑化は、結局技法の困難さと共に中心音を浮かび上がらせる結果となり、17世紀の器楽曲の発展によって調性音楽が生まれることとなった。調性音楽 フレッシュアイペディアより)

  • たかの舞俐

    たかの舞俐から見た西洋音楽西洋音楽

    ドイツ語圏で学んだにもかかわらず、フライブルク楽派特有のアヴァンギャルド性はあまり感じられない。師リゲティとの出合いにより、民族音楽、ポップス、ジャズ、西洋音楽を総合的に考えるというスタンスから独自の作風を発展した。レコード会社BISに絶賛されてソロアルバム「Women's Paradise」をリリースした。たかの舞俐 フレッシュアイペディアより)

  • スレンドロ

    スレンドロから見た西洋音楽西洋音楽

    西洋音楽になれた耳には全音+αの音程が五つ存在する音階に聞こえるが、大体220-270セントの幅を持つ五つの音で構成された音組織と見てよい。スレンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 泰流社

    泰流社から見た西洋音楽西洋音楽

    泰流社の第2代編集長となった竹内は、風信社、工業出版の路線を縮小して継続する傍ら、マイナー言語の語学書出版部門の強化を中心に、文化史、思想史分野への進出を計り、また、20世紀西洋音楽の作曲家伝記を、専門出版社に先駆けて企画するなど、硬派の出版部門の路線変更を行い、一方でビジネスマン向け啓蒙書シリーズ、実用書の新シリーズなどもスタートさせた。また、この時期には、「日本ダイパック社」という別版元名で、新書サイズのいわゆるポルノ的読物「告白手記シリーズ」のプロデュースも行い、トータルでの経営基盤の安定化を模索した。泰流社 フレッシュアイペディアより)

  • 鍵盤付きグロッケンシュピール

    鍵盤付きグロッケンシュピールから見た西洋音楽西洋音楽

    その後、鍵盤部分が取り払われて金属が剥き出しになっている新しい型のグロッケンシュピールが発明された。この、打楽器としてばちで叩く様式の楽器が、現在グロッケンシュピールという呼称が定着しているものであるが、そもそも、祖先の鍵盤式のもの、そして更に祖先の鐘を鳴らすものもグロッケンシュピールと称されていた。ばち式のグロッケンシュピールが登場してからは、それでことが足りたため、鍵盤式のグロッケンシュピールは姿を消すようになってしまい、西洋音楽の作曲家たちも、ばち式のグロッケンシュピールしか使用しなくなった。鍵盤付きグロッケンシュピール フレッシュアイペディアより)

  • 古楽器

    古楽器から見た西洋音楽西洋音楽

    年代的には、中世・ルネサンス期・バロック期のヨーロッパの音楽で用いられていた様式に基づく楽器を主にいう。しかし、古楽器の定義の仕方としては、20世紀初頭に大量生産方式が開始される以前に、専門の職人(個人や職人集団)によって手作りされた時期の楽器と定義することもできる。これによると、例えば上記の年代から外れるピアノの場合でも、18世紀後半から19世紀初頭に造られたフォルテピアノや、その後20世紀初頭にモダン・ピアノの規格が世界的に統一されるまでの過程で造られた、さまざまなタイプのピアノを、すべて古楽器として扱うことになる。古楽器 フレッシュアイペディアより)

184件中 21 - 30件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画