184件中 41 - 50件表示
  • 和声

    和声から見た西洋音楽西洋音楽

    和声(わせい、戦前には「かせい」とも、)は、西洋音楽の音楽理論の用語のひとつであり、和音()の進行、声部の導き方および配置の組み合わせのことである。メロディ(旋律)、リズム(律動)と共に音楽の三要素のひとつとされる。和声 フレッシュアイペディアより)

  • 調号

    調号から見た西洋音楽西洋音楽

    調号(ちょうごう、)は、西洋音楽の楽譜記譜にあたって用いられる、変化記号のセットである。主として、五線の最初に置かれる。調によって、どのように置くかが決まるため、調号と呼ばれる。調号 フレッシュアイペディアより)

  • 和音

    和音から見た西洋音楽西洋音楽

    古典的な西洋音楽の音楽理論では、三和音を基本として考えることが多く(実際の音楽では2音だけが同時に鳴ることもあるが、これらはすべて三和音のいずれかの音が省略されたものと考える。)、ポピュラー音楽では四和音を基本として考えることが多い。和音 フレッシュアイペディアより)

  • イスタンブール・シンバル

    イスタンブール・シンバルから見た西洋音楽西洋音楽

    今日の西洋音楽で使われるシンバルはトルコから伝わったものであり、オスマン帝国時代には、首都イスタンブールでアルメニア人を中心とするシンバル職人の手によって製造されていた。イスタンブール・シンバルを含むトルコのシンバル工房はその伝統を継承することをうたい、今日も職人が完全手作業でハンマー打ちによってシンバルをつくっている。イスタンブール・シンバル フレッシュアイペディアより)

  • ターロック・オキャロラン

    ターロック・オキャロランから見た西洋音楽西洋音楽

    エレノア・プランケットは、ミース州ロバーツタウン(Robertstown)で、カロランが最後に仕えた主人である。音楽的にとてもユニークな曲として知られる。前半6小節、後半10小節の2つの楽節から成り、多くの場合、それぞれ2回ずつ繰り返して演奏されるが、西洋音楽的な終止の形をとらず、ト調(G)でありながらニ(D)の音で終わる。ヨーロッパの音楽から見れば「不完全」ではあるが、しかし、不思議な魅力のある曲である。ターロック・オキャロラン フレッシュアイペディアより)

  • 半音

    半音から見た西洋音楽西洋音楽

    半音(はんおん)とは、伝統的な西洋音楽における音の高さ違いの最小単位である。半音 フレッシュアイペディアより)

  • 異名同音

    異名同音から見た西洋音楽西洋音楽

    異名同音(いめいどうおん)とは、西洋音楽において、音名が異なっても実質演奏される音が同じ音となる複数(一組だけ2つ、他は3つ)の音のことをいう。エンハーモニック(、)とも。異名同音 フレッシュアイペディアより)

  • 平均律

    平均律から見た西洋音楽西洋音楽

    タイ王国古典音楽で用いられる木琴ラナート・エークは7平均律に調律される。これは西洋音楽で言うところの、いわゆる移調の便宜をはかったためにこうなったものである。また、東南アフリカのモザンビークのチョピ族の木琴も7平均律に調律されている。平均律 フレッシュアイペディアより)

  • 管楽器

    管楽器から見た西洋音楽西洋音楽

    ただし、管が円錐形になっていて、広い方の口が閉じられていない管は (円筒の開管と同様に偶数倍音も鳴ることから)、開管楽器に分類される。現代の西洋音楽の管楽器ではクラリネット属だけが閉管楽器である(クラリネットの管は先だけは広がっているが、他の部分はほとんど太さは一定で、ほぼ円筒形になっている)。オルガンにも閉管構造を持つ音栓があり、これは音色を得るためだけでなく、太さを変えずに管の長さを短くすることが出来、設置場所の節約にもなる。またフルートの特殊奏法であるタングラムは、本来開管構造である楽器の一方を唇で塞いで閉管で響かせることにより、短音やトレモロではあるが通常より長7度低い音を得ることが出来る(正確に1オクターブ下ではないのは楽器の共鳴体の誤差による)。管楽器 フレッシュアイペディアより)

  • 変ホ短調

    変ホ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    変ホ短調(へんほたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、変ホ (E♭) 音を主音とする短調である。調号はフラット6つである。変ホ短調 フレッシュアイペディアより)

184件中 41 - 50件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画