184件中 61 - 70件表示
  • 臨時記号

    臨時記号から見た西洋音楽西洋音楽

    臨時記号(りんじきごう)とは、西洋音楽の楽譜記譜にあたって用いられる、変化記号(ナチュラルを含む)のうち、調号でないもの、すなわち、調号によって定められたその調の固有の音以外の音を臨時に使用するときに使う記号を指していう。(臨時記号の種類は、変化記号を参照のこと。)臨時記号 フレッシュアイペディアより)

  • ソプラノ

    ソプラノから見た西洋音楽西洋音楽

    ソプラノ(伊 soprano)は、西洋音楽における歌手の声域区分で、女声の高い音域を指す。また、器楽においては、同系の楽器中、最も高い音域のものをいう。例えばソプラノサックス(サクソフォーン)。ソプラノ フレッシュアイペディアより)

  • 知名定男

    知名定男から見た西洋音楽西洋音楽

    78年、洋楽と沖縄民謡の融合を図ったアルバム「赤花」で本土デビューを果たす。収録曲「バイバイ沖縄」はヒットしたが、従来の民謡の枠を越えた曲だったため賛否両論を呼んだ。また翌年、浦山桐郎監督の映画「太陽の子 てだのふあ」(80年公開)に出演した。知名定男 フレッシュアイペディアより)

  • 譜めくり

    譜めくりから見た西洋音楽西洋音楽

    譜めくり(ふめくり、英:page turner)は、主に西洋音楽の演奏中に、演奏家の楽譜をめくること、また、そのための助手のことを指す。譜めくり フレッシュアイペディアより)

  • 音楽記号

    音楽記号から見た西洋音楽西洋音楽

    記譜法によって、使われる音楽記号は異なる。現代の西洋音楽での記譜法である五線譜では、以下のような音楽記号が使われる。音楽記号 フレッシュアイペディアより)

  • 無調

    無調から見た西洋音楽西洋音楽

    西洋音楽の歴史の中で数世紀の時間をかけて築き上げられた「調性」という名の調的な主従・支配関係に基づく音組織を否定し、19世紀末期から20世紀初頭にかけて新たに形成された音組織の概念である。調性のない音楽のことを無調音楽という。無調 フレッシュアイペディアより)

  • アルモニカ

    アルモニカから見た西洋音楽西洋音楽

    アメリカ人のベンジャミン・フランクリンは、西洋音楽においてはそもそもイタリア語が公用語であって、楽器名もイタリア語で名づけられるのが常であったことを踏襲し、この楽器がガラスの共鳴によることから、「共鳴」を意味するイタリア語“armonia”(アルモニア)に由来して、“armonica” (アルモニカ)と命名した。しかしながら、この楽器の初披露の後、オーストリアやドイツではドイツ語風に“h”を添えられ、“harmonica” (ハルモーニカ)として広まってしまった。アルモニカ フレッシュアイペディアより)

  • チェロ

    チェロから見た西洋音楽西洋音楽

    チェロ(セロとも表記。英名:Cello、Violoncello)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器の一つである。弦の数は4本。略号は「Vc」。チェロ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィオラ

    ヴィオラから見た西洋音楽西洋音楽

    ヴィオラまたはビオラ (イタリア語 viola) は、西洋音楽で使われるヴァイオリン族の弦楽器のひとつである。長い間独奏楽器としてはほとんど無視された存在であったが、近代以降では独奏曲も数多く作られるようになってきている。合奏や重奏の中では中音部を受け持つ。略号は「Va」または「Vla」。ヴィオラ フレッシュアイペディアより)

  • ホ短調

    ホ短調から見た西洋音楽西洋音楽

    ホ短調(ほたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、ホ (E) 音を主音とする短調である。調号はシャープ1つである。ホ短調 フレッシュアイペディアより)

184件中 61 - 70件表示

「洋楽女性」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画