前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • 火球

    火球から見た流星群流星群

    流星群の観測では、流星の明るさの統計が、研究の手がかりになる事があるため、毎年の主な流星群の火球の出現状況が、詳しく調べられている(観測項目を予め決めた、流星群の火球データの収集)。なお流星群に属する火球は、隕石になった例が知られていない。火球 フレッシュアイペディアより)

  • 流星眼視観測

    流星眼視観測から見た流星群流星群

    中心投影図法にて表現された、通常4?5等級までの恒星と、赤経・赤緯の線の入った星図に、観測した流星の発光点から消滅点までの経路を、定規を用いて矢印を線で結んで鉛筆書きでプロットし、新しい流星群の存在や、中規模以下の既存の流星群の一定期間中の活動の確認を眼視で行う。ここで星図にプロットするのは、無秩序に流れている散在流星と、目的の流星群とを分離するためである。数十年後に顕著な流星群に発達する場合も、活動が確認された当初は、この観測法で十個以下の群流星が記録されたに過ぎないケースがある。よって、特に初期現象の検出に有効である。流星眼視観測 フレッシュアイペディアより)

  • コーディレフスキー雲

    コーディレフスキー雲から見た流星群流星群

    黄道光に生じる模様の例としては、流星群の流星物質による帯状の分布模様がある(可視光で彗星から離れた淡い部分まで確認された例は少数だが、黄道光の赤外線観測で見られる)。細長い帯と丸い天体とでは形状が相当に異なるが、太陽と正反対の部分だけが対日照と同じく鏡面反射光として明るく輝き、選択的に観測され、見間違えられたと考えれば一応説明がつく。ただし、流星物質の空間分布の研究は当時進んでいなかったため、仮にこの説が正しいとしてもどの流星群なのかまでは判らない。コーディレフスキー雲 フレッシュアイペディアより)

  • 散在流星

    散在流星から見た流星群流星群

    散在流星(さんざいりゅうせい)とは、流星群に属さない流星の事を言う。群流星の反対という事になるから、同じ季節に出現した他の流星の中に、放射点が近い群の無い流星の事である。有っても、偶然の範囲に収まると言えば、更に厳密であろう。なお大きい流星群の他、小流星群と呼ばれる活動の不活発な流星群もあり、それらも注意深く散在流星から除かれる。散在流星 フレッシュアイペディアより)

  • プラネタリウム

    プラネタリウムから見た流星群流星群

    主に季節毎の星空を、星空にまつわる話を交えて投影することが多い。投影機で星を投影する以外にも、OHPやスライドプロジェクタなどを利用してドーム内に絵を映し出すなど、話の進め方にもさまざまな工夫を凝らしている。また、流星群や日食、彗星の接近などの天文イベントがある場合は、それらの話題も加わることが多い。施設によってはアニメーションの上映や、CDや生演奏での演奏会といった天文学習ではない「癒し」を目的としたイベント、実際の天体観測とリンクしたイベントなど、投影の仕方も多彩になっている。投影される内容は「番組」と呼ばれ、プラネタリウム番組専門の製作・供給会社が製作したもののほかに、各施設の職員が投影する番組を自ら作成する「お手製番組」がある。投影方法自体も、あらかじめプログラムした内容で投影機を自動で作動させ、自動的に投影する方法(俗にオート番組と呼ばれる)と、オペレーターがその場で解説を行い、それに併せて投影機も手動(もしくは半自動)で操作するという投影方法(俗に生番組と呼ばれる)、あるいは両者の組み合わせなど、各施設で特色のある内容となっている。プラネタリウム フレッシュアイペディアより)

  • スポラディックE層

    スポラディックE層から見た流星群流星群

    電離層(D, E, F層)の電子密度の変化は11年周期の太陽活動との相関が高いことが知られているが、Eスポでは出現頻度や最大電子密度と太陽活動との関係はない。流星を起源とする金属イオンによって高い電子密度が保たれるため流星群の出現と相関があるとする説や、逆に流星群の出現とは相関が無いとする説や、ある特定の気圧配置において出現しやすいとする説もあったが、近代ではウィンドシアー理論(このリンクは、誤った理解による対流圏内現象をリンクしていますが、本現象の説明理論ではありません。出典した論文の文献は、全て削除されていました。)によるスポラディックE層の生成過程説が有力視されていた。しかしながらウィンドシアー理論による高層大気の風が集積する場所にスポラディックE層が発生するとは限らないことから、ウィンドシアー理論だけではスポラディックE層の生成過程を説明できていない。(ただしこれは1980年代の古い文献です。)スポラディックE層 フレッシュアイペディアより)

  • 流星雨

    流星雨から見た流星群流星群

    古い文献に現れる流星雨については必ずしも正体がはっきりしないものもあるが、近年に現れる流星雨は、しし座流星群、アンドロメダ座流星群、ジャコビニ流星群、ほうおう座流星群等、特定の流星群が普段より活発化した現象である事が判っている。従って流星雨は、決まって放射点(輻射点)を持ち、天球上を放射状に流れる。過去の画家の絵に流星雨を描いた物があるが、これらの絵も放射点から放射状に流星が流れる事実を裏付けている。流星雨 フレッシュアイペディアより)

  • 流星電波観測

    流星電波観測から見た流星群流星群

    群流星と散在流星の区別がつかない。流星電波観測 フレッシュアイペディアより)

  • 放射点

    放射点から見た流星群流星群

    放射点(ほうしゃてん)とは、流星群に属する流星(群流星)が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点のことである。輻射点(ふくしゃてん)ともいう。流星群は集団で、大きさ・向き・形が互いに似たような楕円軌道を描いて、太陽の周りを公転運動している。地球がその楕円軌道の領域に突入していくことによって、見かけ上空の1点から放射状に流星が飛び出してくるように見える。実際は流星同士の経路は平行である。放射点 フレッシュアイペディアより)

  • みなみのうお座流星群

    みなみのうお座流星群から見た流星群流星群

    みなみのうお座流星群(Piscis Austrinids)はT7月28日にピークのある流星群である。アレクサンダー・ハーシェルが1865年7月28日に観測した。みなみのうお座流星群 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「流星群」のニューストピックワード