61件中 11 - 20件表示
  • 光度比 (流星)

    光度比 (流星)から見た流星群流星群

    光度比(こうどひ、population index)は、流星群の規模を評価する時に使う指数で、流星の明るさの分布を表す。流星の明るさの分布で1等級明るさが暗い流星を含める時の流星の数の増加の比率であらわす。光度比 (流星) フレッシュアイペディアより)

  • 流星電波観測

    流星電波観測から見た流星群流星群

    群流星と散在流星の区別がつかない。流星電波観測 フレッシュアイペディアより)

  • 泉ヶ岳

    泉ヶ岳から見た流星群流星群

    除雪、融雪、道路照明などの整備が行き届いているが、ノーマルタイヤで訪れ渋滞の原因となる者も出るため、かつては地元有志が「泉ヶ岳をなめんなよ!」という看板を立てて注意をうながしていた。また、スプリングバレー泉高原スキー場の駐車場からは、仙台平野とその先の太平洋を一望でき、夜間には仙台市街地を見下ろす夜景スポットにもなっている。市街地の光害の影響がないため、流星群の出現時期などには深夜でも人が訪れる。泉ヶ岳 フレッシュアイペディアより)

  • 6月のうしかい座流星群

    6月のうしかい座流星群から見た流星群流星群

    6月のうしかい座流星群 (June Bootids)は6月26日から7月2日に見られる放射点がうしかい座にある流星群である。時間あたりの流星出現数は年毎に変動する。6月のうしかい座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • みなみのうお座流星群

    みなみのうお座流星群から見た流星群流星群

    みなみのうお座流星群(Piscis Austrinids)はT7月28日にピークのある流星群である。アレクサンダー・ハーシェルが1865年7月28日に観測した。みなみのうお座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • エトムント・ヴァイス

    エトムント・ヴァイスから見た流星群流星群

    1859年から1909年の間、天文雑誌『アストロノミシェ・ナハリヒテン』(Astronomische Nachrichten)に彗星観測記録など多くの論文を発表した。ビエラ彗星とアンドロメダ座流星群など、彗星の軌道と流星群の軌道の一致することを発見した。1892年にドイツ語の星図『Atlas der Sternwelt』を出版した。エトムント・ヴァイス フレッシュアイペディアより)

  • うみへび座シグマ流星群

    うみへび座シグマ流星群から見た流星群流星群

    うみへび座σ流星群(σ Hydrids )は12月3日から12月15日に見られる流星群である。ピークの日付は12月12日で、時間あたりの出現流星数(ZHR)は2個である。うみへび座シグマ流星群 フレッシュアイペディアより)

  • キラメキ☆銀河町商店街

    キラメキ☆銀河町商店街から見た流星群流星群

    流星群(りゅうせいぐん)キラメキ☆銀河町商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽祐久

    丹羽祐久から見た流星群流星群

    流星群の中継を行った際、「特別解説員」として、番組冒頭からスタジオにスーツ姿で登場し雲があるかどうか解説した。また、2009年12月14日 - 15日のふたご座流星群と2010年1月3日 - 4日のしぶんぎ座流星群の中継では、自ら北海道足寄郡陸別町にある「銀河の森天文台」から中継・観測を行った。丹羽祐久 フレッシュアイペディアより)

  • 天頂出現数

    天頂出現数から見た流星群流星群

    天頂出現数(てんちょうしゅつげんすう、Zenith Hourly Rate(ZHR))は、流星群の流星の出現数を表現する数値である。「天頂1時間流星数(てんちょういちじかんりゅうせいすう)」、「天頂修正出現数(てんちょうしゅうせいしゅつげんすう)」などとも呼ばれる。天頂出現数 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「流星群」のニューストピックワード