61件中 21 - 30件表示
  • ダストトレイル

    ダストトレイルから見た流星群流星群

    ダストトレイル(Dust trail)は、流星群の理論的な空間分布を考える際、その流星物質の集団の名称として使われる言葉。1999年、イギリスの天文学者デイヴィッド・アッシャーがロバート・マックノートと共に提唱した。ダストトレイル フレッシュアイペディアより)

  • 長沢工

    長沢工から見た流星群流星群

    1965年11月、しし座流星群の大出現に遭遇。当時は流星群大出現の予想は出されていなかったが、彼個人は観測体制をとり、彼の観測によって流星の実態の研究が更に前進した。長沢工 フレッシュアイペディアより)

  • オリオン座流星群

    オリオン座流星群から見た流星群流星群

    オリオン座流星群(オリオンざりゅうせいぐん)は明るい流星群のひとつで、毎年10月19日から23日の間に東の空で見られる。オリオン座の中でふたご座との境界付近に放射点がある。母天体はハレー彗星で約3000年前のハレー彗星の塵による。5月に見られるみずがめ座エータ流星群もハレー彗星を母彗星とする。比較的速度が速いため明るい流星が多くみられる。オリオン座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • ビエラ彗星

    ビエラ彗星から見た流星群流星群

    アンドロメダ座流星群あるいはビエラ流星群と名づけられたこの流星群は、完全に崩壊し粉々になって消滅したビエラ彗星の残骸が地球の大気に突入したものと考えられている。ビエラ彗星 フレッシュアイペディアより)

  • オルバース彗星

    オルバース彗星から見た流星群流星群

    オルバース彗星は、火星上でおおいぬ座の方角に流星群を降らせると考えられている。オルバース彗星 フレッシュアイペディアより)

  • テンペル・タットル彗星

    テンペル・タットル彗星から見た流星群流星群

    1867年、イタリアのジョヴァンニ・スキアパレッリは、テンペル・タットル彗星がしし座流星群の流星物質とほぼ同じ軌道であることを発見し、母天体ではないかと指摘した。彗星が流星群の母天体だとされたのは、これが2番目である。なお、最初の例は、ペルセウス座流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星で、これもまたスキアパレッリの指摘だった。テンペル・タットル彗星 フレッシュアイペディアより)

  • スイフト・タットル彗星

    スイフト・タットル彗星から見た流星群流星群

    スイフト・タットル彗星は、8月12日を中心日とする流星群・ペルセウス座流星群の母天体である。前回の回帰時は、1991年?1995年にかけて活発な流星群が見られた。スイフト・タットル彗星 フレッシュアイペディアより)

  • ほうおう座流星群

    ほうおう座流星群から見た流星群流星群

    ほうおう座流星群(-ざりゅうせいぐん)は、1956年12月5日に突発出現した流星群である。輻射点はα = 356°、δ = -42.5°付近で、ほうおう座内の、ちょうこくしつ座とつる座との境界近くだった。ほうおう座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • サングレーザー

    サングレーザーから見た流星群流星群

    SOHO彗星の残り10%には散在性のものも含まれるが、他に4つの同族の彗星群が確認されている。クラフト群、クラフト2a群、マースデン群、マイヤー群である。マースデン群やクラフト群の彗星のうち、いくつかは周期彗星の可能性がある。2群は両方ともマックホルツ彗星と関係があるらしく、このマックホルツ彗星はしぶんぎ座流星群とおひつじ座流星群の2つの流星群の母彗星でもある。サングレーザー フレッシュアイペディアより)

  • ジャコビニ流星群

    ジャコビニ流星群から見た流星群流星群

    ジャコビニ流星群(ジャコビニりゅうせいぐん、)は、10月8日から10月10日前後の、主として夕刻に見られる、突発的な流星群である。ジャコビニ流星群 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「流星群」のニューストピックワード