76件中 21 - 30件表示
  • オリオン座χ流星群

    オリオン座χ流星群から見た流星群流星群

    オリオン座χ(カイ)流星群 (Chi Orionids) は11月26日から12月15日に見られる流星群である。放射点はオリオン座χ1星の少し北にある。母天体はアポロ群の小惑星、(2201) オルヤト (Oljato) でないかとされている。オリオン座χ流星群 フレッシュアイペディアより)

  • みずがめ座η流星群

    みずがめ座η流星群から見た流星群流星群

    みずがめ座η(イータ、エータ)流星群(Eta Aquarids)はハレー彗星が母天体と考えられている流星群である。みずがめ座η流星群 フレッシュアイペディアより)

  • とも座π流星群

    とも座π流星群から見た流星群流星群

    とも座π(パイ)流星群 は放射点がとも座にある流星群である。母天体はグリグ・シェレルップ彗星である。とも座π流星群 フレッシュアイペディアより)

  • サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)

    サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)から見た流星群流星群

    まだ軌道要素の不確かさが大きい時、サイディング・スプリング彗星の火星に対する最接近距離を求めるのは困難であった。3月5日時点で、NASAは衝突確率を0.17%(600分の1)以下と見込んでおり、その後のデータで衝突可能性をゼロに出来ると見ていた。別の推定では、衝突可能性は0.2%から0.08%と計算していた。衝突しない場合、火星軌道まで接近すれば彗星としての活動が活発になることが予想され、火星探査機によってこの彗星を観測・撮影できる可能性がある。火星から見た明るさは-8等級から-8.5等級に達する可能性がある。ただし、火星の近傍を彗星が通過したとしても、彗星が放出したミリサイズの粒子が火星の大気圏に突入し、流星群となるのには時間がかかると考えられている。これは、火星に対する相対速度が秒速約1mと極めて遅いためである。仮に火星から11万4000kmのところを通過した場合、火星に到達するのに3年半以上かかる。サイディング・スプリング彗星はオールトの雲が起源と考えられているため、短周期彗星のように揮発性成分が枯渇しておらず、明るくなると考えられている。サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1) フレッシュアイペディアより)

  • ほうおう座流星群

    ほうおう座流星群から見た流星群流星群

    ほうおう座流星群(-ざりゅうせいぐん)は、1956年12月5日に突発出現した流星群である。ほうおう座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • ジャコビニ流星群

    ジャコビニ流星群から見た流星群流星群

    ジャコビニ流星群(ジャコビニりゅうせいぐん、)は、10月8日から10月10日前後の、主として夕刻に見られる、突発的な流星群である。ジャコビニ流星群 フレッシュアイペディアより)

  • ククルカン 史上最大の作戦

    ククルカン 史上最大の作戦から見た流星群流星群

    水瓶座流星群から命名。スフィアが現れてから後、毎年4月26日に、骸骨兵士(トーテンコープ・ゾルグート)がリプトン達が配属されている基地の島(連合王国の東端)の沖合いにあるルイスブルグ島にスフィアの方から現れ、攻めてくる。毎年7月16日にも同様の事が起き、こちらはノーザンデルタ・アクエリズと呼ばれる。ククルカン 史上最大の作戦 フレッシュアイペディアより)

  • プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル

    プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブルから見た流星群流星群

    家庭用プラネタリウムのホームスターやメガスター2 cosmosの製作者の大平貴之と国立天文台の渡部潤一教授の協力により500万以上の星を収録している。日時と場所を指定することでその場所、その時間で見られる星空を再現する。恒星や惑星はもちろんのこと、日食、月食、ハレー彗星、流星群といった過去・未来の天体現象も手軽に再現できる。星座の名前や星の名前なども表示され、星にまつわるエピソードも収録されており、天体初心者でも手軽に星に親しめる。プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル フレッシュアイペディアより)

  • シリリッド

    シリリッドから見た流星群流星群

    シリリッド(Cyrillids)とは、1913年2月9日に発生した特殊な流星群である。シリリッド フレッシュアイペディアより)

  • 国際流星機構

    国際流星機構から見た流星群流星群

    地球に向かって飛来する多くの小惑星、流星などの天体を観測、把握するための、多く観測者による国際的に協力体制の必要性が増していることから、1988年5月1日に発足した。様々な観測法で得られる天体の観測情報が世界各国から「IMO」に集められ、流星群や、それと関連する彗星、惑星間物質などに関する網羅的な研究を可能にしている。集められた情報はハンドブックおよび電子媒体にまとめられて発行されている。国際流星機構 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「流星群」のニューストピックワード