76件中 31 - 40件表示
  • ダストトレイル

    ダストトレイルから見た流星群流星群

    ダストトレイル(Dust trail)は、流星群の理論的な空間分布を考える際、その流星物質の集団の名称として使われる言葉。1999年、イギリスの天文学者デイヴィッド・アッシャーがロバート・マックノートと共に提唱した。ダストトレイル フレッシュアイペディアより)

  • ハートレー第2彗星

    ハートレー第2彗星から見た流星群流星群

    地球の軌道の近傍を通過したにもかかわらず、これを起源とする流星群については未だに観測されていない。しかし、将来的には観測される可能性がある。ハートレー第2彗星の直近の接近の際に出たチリの帯は地球の軌道付近を行き来する。そして1979年に出たチリの帯が、2062年もしくは2068年に観測されると予想されている。ハートレー第2彗星 フレッシュアイペディアより)

  • フィラー

    フィラーから見た流星群流星群

    毎日放送(大阪府)では、TBSニュースバードの他に、主に日曜深夜を中心に(以前は毎日)お天気カメラの映像を流している。基本的に大阪の映像であるが2000年代前半までは当時テレビ中継を行っていた選抜高等学校野球大会開催時には神戸の映像を流したり、また流星群接近時は夜空の映像を流したりしていた。フィラー フレッシュアイペディアより)

  • しし座流星群

    しし座流星群から見た流星群流星群

    しし座流星群(ししざりゅうせいぐん、Leonids)は、しし座に放射点を持つ流星群である。レオニズ(The Leonids)、レオニード(Les Léonides)などと呼ばれることもある。毎年11月14日頃から11月24日頃まで出現が見られ、11月17日頃に極大を迎える。母天体はテンペル・タットル彗星 (55P/Tempel-Tuttle) である。普通の年には極大時に1時間あたり数個の流星が観測できるが、過去に何度も大出現が見られた。流星天文学の発展にも重要な役割を果たしてきた流星群である。しし座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 東亜天文学会

    東亜天文学会から見た流星群流星群

    『天界』によれば、惑星は火星だけに及ばず、月、木星、土星、金星や水星など幅広い対象を観測している観測者のレポートをはじめとするデータ等を掲載。また、上述のように変光星観測や流星群観測でも時代を先取りした活動を紹介している。太陽黒点観測に関しては、継続的観測によって、科学的かつ精密なデータをレポートしており、フレア観測や太陽の突発的な現象、果てはプロミネンス観測、太陽電波観測までと幅広い。東亜天文学会 フレッシュアイペディアより)

  • ペルセウス座流星群

    ペルセウス座流星群から見た流星群流星群

    ペルセウス座流星群(学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ペルセウス座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • サングレーザー

    サングレーザーから見た流星群流星群

    SOHO彗星の残り10%には散在性のものも含まれるが、他に4つの同族の彗星群が確認されている。クラフト群、クラフト2a群、マースデン群、マイヤー群である。マースデン群やクラフト群の彗星のうち、いくつかは周期彗星の可能性がある。2群は両方ともマックホルツ彗星と関係があるらしく、このマックホルツ彗星はしぶんぎ座流星群とおひつじ座流星群の2つの流星群の母彗星でもある。サングレーザー フレッシュアイペディアより)

  • ふたご座流星群

    ふたご座流星群から見た流星群流星群

    ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ふたご座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 刺青の男 (小説)

    刺青の男 (小説)から見た流星群流星群

    突然ロケットが破裂して、乗員たちは宇宙空間に投げ出されて散りぢりに離れていった。なすすべもなく流星のように飛んでいきながら、隊員たちは電話で会話を続ける。このまま行けば隊長は月にぶつかるらしい。ストーンは流星群へ。アプルゲイトは冥王星へ。ホリスは地球へ向かっている。大気圏で燃え尽きてしまうだろう。別れの挨拶が繰り返される。ホリスは自分の人生は死人同然だったと感じた。楽しい思い出がひとつも無かったのだ。ホリスは最後に自分にしかわからない何かいいことがしたいと思った。大気圏に突入したら、おれは流星のように燃えるだろう。ホリスは言った「ひょっとして、だれかにおれの姿が見えないものだろうか」。田舎の道を歩いていた少年が、空を見上げて叫んだ。「あ、お母さん、見てごらん!流れ星!」母親が言った。「願いごとをおっしゃい」刺青の男 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • みずがめ座

    みずがめ座から見た流星群流星群

    みずがめ座には流星群が3つある。3つとも、毎時約20個の流星が観測される。1つ目は5月4日ごろのみずがめ座η流星群で、2つ目は6月28日ごろのみずがめ座δ流星群で、3つ目が8月中旬に見られるみずがめ座ι流星群 である。みずがめ座 フレッシュアイペディアより)

76件中 31 - 40件表示

「流星群」のニューストピックワード