61件中 41 - 50件表示
  • 刺青の男 (小説)

    刺青の男 (小説)から見た流星群流星群

    突然ロケットが破裂して、乗員たちは宇宙空間に投げ出されて散りぢりに離れていった。なすすべもなく流星のように飛んでいきながら、隊員たちは電話で会話を続ける。このまま行けば隊長は月にぶつかるらしい。ストーンは流星群へ。アプルゲイトは冥王星へ。ホリスは地球へ向かっている。大気圏で燃え尽きてしまうだろう。別れの挨拶が繰り返される。ホリスは自分の人生は死人同然だったと感じた。楽しい思い出がひとつも無かったのだ。ホリスは最後に自分にしかわからない何かいいことがしたいと思った。大気圏に突入したら、おれは流星のように燃えるだろう。ホリスは言った「ひょっとして、だれかにおれの姿が見えないものだろうか」。田舎の道を歩いていた少年が、空を見上げて叫んだ。「あ、お母さん、見てごらん!流れ星!」母親が言った。「願いごとをおっしゃい」刺青の男 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル

    プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブルから見た流星群流星群

    家庭用プラネタリウムのホームスターやメガスター2 cosmosの製作者の大平貴之と国立天文台の渡部潤一教授の協力により500万以上の星を収録している。日時と場所を指定することでその場所、その時間で見られる星空を再現する。恒星や惑星はもちろんのこと、日食、月食、ハレー彗星、流星群といった過去・未来の天体現象も手軽に再現できる。星座の名前や星の名前なども表示され、星にまつわるエピソードも収録されており、天体初心者でも手軽に星に親しめる。プラネタリウムクリエイター 大平貴之監修 ホームスター ポータブル フレッシュアイペディアより)

  • SOLiVE スター

    SOLiVE スターから見た流星群流星群

    流星群の観測が期待できる際に、全国各地にウェザーニューズ社員による中継リポーターを派遣し、番組全編で夜空の模様を生中継する。千葉県千葉市美浜区の幕張テクノガーデンB館2階にある、ウェザーニューズ・グローバルセンター内WNI SITEのBスタジオ(クロマキースタジオ)から番組を進行する。スタジオ(合成映像)の背景がサッカースタジアムとなっている為、通称「ロマンチックスタジアム」と呼ばれている。SOLiVE スター フレッシュアイペディアより)

  • カタリナ・スカイサーベイ

    カタリナ・スカイサーベイから見た流星群流星群

    A/ (Blanpain) = D/1819 W1 - ブランペイン周期彗星(ほうおう座流星群母天体)カタリナ・スカイサーベイ フレッシュアイペディアより)

  • 流星物質

    流星物質から見た流星群流星群

    流星物質の多くは過去に彗星から放出された塵であると考えられるが、小惑星起源のものもあるらしい。塵は母天体の軌道付近に帯状に分布し、軌道運動を行なっている。この塵の帯をダストトレイルと呼ぶ。ダストトレイルが地球の公転軌道と交差する場合には、多くの流星物質が地球大気に突入して流星群が見られることになる。流星物質 フレッシュアイペディアより)

  • ダモクレス (小惑星)

    ダモクレス (小惑星)から見た流星群流星群

    火星には、ダモクレスが母天体でりゅう座方向に輻射点を持つ流星群が存在するかもしれないという推測がある。ダモクレス (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • あいさつの魔法。

    あいさつの魔法。から見た流星群流星群

    ワニ。星が先端に付いた指し棒を持っている。天体観測の仕事をしており流星群が近づくと皆に伝える。色は緑色。あいさつの魔法。 フレッシュアイペディアより)

  • シュワスマン・ワハマン第3彗星

    シュワスマン・ワハマン第3彗星から見た流星群流星群

    1930年に地球からこれと同程度の距離を通過した際には1時間に60?70個程度の流星群の突発出現が観測され、ヘルクレス座τ流星群と命名された 。他にうしかい座 α 流星群、うしかい座 ε 流星群といった小規模な突発群も同時期に観測され、この彗星との関連が指摘されている。しかし P.A. ヴィーゲルト他による最近の研究では、2006年の接近時にはこのような流星が出現する可能性は小さいと予想され 、結局それらしき流星は出現せずに終わった。シュワスマン・ワハマン第3彗星 フレッシュアイペディアより)

  • 彗星

    彗星から見た流星群流星群

    上記のキロンやシューメーカー・レヴィ第2彗星のように、最初は小惑星として発見された天体が後に彗星だと判明する例が20世紀末以降は増えている。逆に、発見時はわずかながらコマや尾が観測されたが、後の回帰の際は尾が全く見られなくなっているアラン・リゴー彗星 (49P) やウィルソン・ハリントン彗星 (107P/4015)、彗星としての活動が観測されたことはまったくないが、流星群の母天体となっている小惑星ファエトンやオルヤトなどのような例もあり、これらは揮発成分を使い果たした枯渇彗星核だと見られている。その他の小惑星や、惑星の衛星の中にも、軌道や成分などから元は彗星だったと考えられるものがある。彗星 フレッシュアイペディアより)

  • みずがめ座

    みずがめ座から見た流星群流星群

    みずがめ座には流星群が3つある。3つとも、毎時約20個の流星が観測される。1つ目は5月4日ごろのみずがめ座η流星群で、2つ目は6月28日ごろのみずがめ座δ流星群で、3つ目が8月中旬に見られるみずがめ座ι流星群 である。みずがめ座 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「流星群」のニューストピックワード