61件中 51 - 60件表示
  • 放射

    放射から見た流星群流星群

    放射点(輻射点);流星群が放射状に出てくるように見える天空上の一点をいう。放射 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア無線

    アマチュア無線から見た流星群流星群

    宇宙空間の微細な塵が大気に突入する際に大気中の原子を電離させると、一時的に微小な電離層が発生したようになり、そこで電波を反射することがある。通常の電離層と異なり存在する場所が限定されるため、反射された電波を受信できるのは短時間であるが、テキスト通信として実用化もされている。年に何度かある流星群の時期にはある程度連続して現象が発生するためこの時期を狙ってアマチュア無線の交信を試みることもある。通信手法の確保の観点から流星バースト通信 (Meteor Burst Communication, MBC) と呼ばれることも多い。アマチュア無線 フレッシュアイペディアより)

  • とも座パイ流星群

    とも座パイ流星群から見た流星群流星群

    とも座パイ流星群 は放射点がとも座にある流星群である。母天体はグリグ・シェレルップ彗星である。とも座パイ流星群 フレッシュアイペディアより)

  • アドリブ店長

    アドリブ店長から見た流星群流星群

    天体関係には並々ならぬ情熱と豊富な知識を持ち、流星群や彗星接近など天体関係における大きな出来事があると、それに合わせて自身の店で大々的なイベントを行っている。また台風が直撃すると通常以上に神がかった設定をする。アドリブ店長 フレッシュアイペディアより)

  • サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)

    サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)から見た流星群流星群

    まだ軌道要素の不確かさが大きいため、サイディング・スプリング彗星の火星に対する最接近距離を求めるのは困難である。3月5日時点で、NASAは衝突確率を0.17%(600分の1)以下と見込んでおり、その後のデータで衝突可能性をゼロに出来ると見ている。別の推定では、衝突可能性は0.2%から0.08%と計算している。仮に衝突しなくても、火星軌道まで接近すれば彗星としての活動が活発になることが予想され、火星探査機によってこの彗星を観測・撮影できる可能性がある。火星から見た明るさは-8等級から-8.5等級に達する可能性がある。ただし、火星の近傍を彗星が通過したとしても、彗星が放出したミリサイズの粒子が火星の大気圏に突入し、流星群となるのには時間がかかると考えられている。これは、火星に対する相対速度が秒速約1mと極めて遅いためである。仮に火星から10万9000kmのところを通過した場合、火星に到達するのに3年半以上かかる。サイディング・スプリング彗星はオールトの雲が起源と考えられているため、短周期彗星のように揮発性成分が枯渇しておらず、明るくなると考えられている。サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1) フレッシュアイペディアより)

  • フィラー

    フィラーから見た流星群流星群

    毎日放送では、主に日曜深夜を中心に(以前は毎日)お天気カメラの映像を流している。基本的に大阪の映像であるが2000年代前半までは当時テレビ中継を行っていた選抜高等学校野球大会開催時には神戸の映像を流したり、また流星群接近時は夜空の映像を流したりしていた。フィラー フレッシュアイペディアより)

  • しぶんぎ座流星群

    しぶんぎ座流星群から見た流星群流星群

    しぶんぎ座流星群(しぶんぎざりゅうせいぐん、学名: Quadrantids)は、うしかい座とりゅう座の境界付近を放射点として出現する流星群である。りゅう座ι流星群(学名: ι Draconids)とも呼ばれる。しぶんぎ座流星群という名は、かつてこの放射点付近にラランドがしぶんぎ座(四分儀座)という星座を設定していた名残である。しぶんぎ座は1928年に廃止されたが、しぶんぎ座流星群の名前は現在でも使われている。しぶんぎ座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • ペルセウス座流星群

    ペルセウス座流星群から見た流星群流星群

    ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ペルセウス座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • ふたご座流星群

    ふたご座流星群から見た流星群流星群

    ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。ふたご座流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 放射点

    放射点から見た流星群流星群

    放射点(ほうしゃてん)とは、流星群に属する流星(群流星)が放射状に飛び出してくるように見える、天球上の1点のことである。輻射点(ふくしゃてん)ともいう。流星群は集団で、大きさ・向き・形が互いに似たような楕円軌道を描いて、太陽の周りを公転運動している。地球がその楕円軌道の領域に突入していくことによって、見かけ上空の1点から放射状に流星が飛び出してくるように見える。実際は流星同士の経路は平行である。放射点 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「流星群」のニューストピックワード