76件中 61 - 70件表示
  • シュワスマン・ワハマン第3彗星

    シュワスマン・ワハマン第3彗星から見た流星群流星群

    1930年に地球からこれと同程度の距離を通過した際には1時間に60?70個程度の流星群の突発出現が観測され、ヘルクレス座τ流星群と命名された 。他にうしかい座 α 流星群、うしかい座 ε 流星群といった小規模な突発群も同時期に観測され、この彗星との関連が指摘されている。しかし P. A. ヴィーゲルト他による最近の研究では、2006年の接近時にはこのような流星が出現する可能性は小さいと予想され 、結局それらしき流星は出現せずに終わった。シュワスマン・ワハマン第3彗星 フレッシュアイペディアより)

  • ビエラ彗星

    ビエラ彗星から見た流星群流星群

    アンドロメダ座流星群あるいはビエラ流星群と名づけられたこの流星群は、完全に崩壊し粉々になって消滅したビエラ彗星の残骸が地球の大気に突入したものと考えられている。ビエラ彗星 フレッシュアイペディアより)

  • テンペル・タットル彗星

    テンペル・タットル彗星から見た流星群流星群

    1867年、イタリアのジョヴァンニ・スキアパレッリは、テンペル・タットル彗星がしし座流星群の流星物質とほぼ同じ軌道であることを発見し、母天体ではないかと指摘した。彗星が流星群の母天体だとされたのは、これが2番目である。なお、最初の例は、ペルセウス座流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星で、これもまたスキアパレッリの指摘だった。テンペル・タットル彗星 フレッシュアイペディアより)

  • IRAS・荒貴・オルコック彗星

    IRAS・荒貴・オルコック彗星から見た流星群流星群

    IRAS・荒貴・オルコック彗星の地球最接近前後の5月7日から11日にかけて、こと座のベガを輻射点とする流星群が観測された。流星群が出現したのはこの年のみであるため、IRAS・荒貴・オルコック彗星から放出された物質に関連する流星群であると推定されている。輻射点が極めて近く、4月22日に極大を迎える定期的だが明るくない流星群である4月こと座流星群と比べて明るかった流星群であった。IRAS・荒貴・オルコック彗星 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年イギリスの流星物体

    2012年イギリスの流星物体から見た流星群流星群

    2012年イギリスの流星物体とは、2012年9月21日に発生した特殊な流星群2012年イギリスの流星物体 フレッシュアイペディアより)

  • 流星

    流星から見た流星群流星群

    毎年ある決まった時期になると、天球上のある1点から流星が放射状に飛び出してくるように見える事がある。これを流星群と呼ぶ。これは主に彗星が通った後に残された塵の集合体がある空間に、地球が公転運動によって差し掛かる事により発生する現象である。また、流星が飛び出してくる点を放射点、または輻射点と呼ぶ。年間数十個以上の流星群が知られている。流星群に属する流星を群流星と呼ぶ。これに対して、流星群に属さない流星は散在流星と呼ばれる。同じ流星群に属する流星は速度などが同じようになる傾向がある。流星 フレッシュアイペディアより)

  • 流星の絆

    流星の絆から見た流星群流星群

    神奈川県横須賀市にある洋食店「アリアケ」の三兄妹、功一、泰輔、静奈は、夜中に家を抜け出して流星群を観に出掛けている間に、両親が何者かにより刃物で惨殺される。三兄妹は身よりが無く養護施設で幼少期を過ごした後に相次いで詐欺などに襲われ、強く生きるためいつしか彼ら自身も、裕福な男性を詐欺で騙していく。流星の絆 フレッシュアイペディアより)

  • 君といた未来のために 〜I'll be back〜

    君といた未来のために 〜I'll be back〜から見た流星群流星群

    人生をやり直したいと思っていた大学生・堀上篤志(堂本剛)は1999年の12月31日の夜、2000年を迎えようとしたその瞬間、謎の流星群の襲来と共に心臓が止まり、気づけば1995年12月23日の時点に戻ってしまっていた。不可思議な現象に戸惑いつつも人生をやり直すチャンスが得られたことに喜び、違う人生を歩みだす篤志。しかし今度もまた2000年を迎える瞬間になると1995年12月23日に戻ってしまった。そしてまたその次も…。君といた未来のために 〜I'll be back〜 フレッシュアイペディアより)

  • リュウセイ

    リュウセイから見た流星群流星群

    長野で中学生だった少年たち3人は、流星群を見に行って、それぞれの夢を願う。やがて青年になった3人は、それぞれ大人になりながらも、それぞれの夢を叶えることはなく。しかし何か人生で、小さな幸福を思い求めていた。リュウセイ フレッシュアイペディアより)

  • 彗星

    彗星から見た流星群流星群

    上記のキロンやシューメーカー・レヴィ第2彗星のように、最初は小惑星として発見された天体が後に彗星だと判明する例が20世紀末以降は増えている。逆に、発見時はわずかながらコマや尾が観測されたが、後の回帰の際は尾が全く見られなくなっているアラン・リゴー彗星 (49P) やウィルソン・ハリントン彗星 (107P/4015)、彗星としての活動が観測されたことはまったくないが、流星群の母天体となっている小惑星ファエトンやオルヤトなどのような例もあり、これらは揮発成分を使い果たした枯渇彗星核だと見られている。その他の小惑星や、惑星の衛星の中にも、軌道や成分などから元は彗星だったと考えられるものがある。彗星 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「流星群」のニューストピックワード