27件中 11 - 20件表示
  • 流星群

    流星群から見たオリオン座流星群

    オリオン座流星群(10月、3000年前のハレー彗星)流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見た放射点

    流星群(りゅうせいぐん)とは、その軌跡が天球上のある一点(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星のことをいう。流星群に属する流星を群流星という。流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、数年?数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群がある。たとえば、ペルセウス座流星群は定常群、しし座流星群は周期群である。突発群としてはほうおう座流星群が例として挙げられる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見た流星物質

    流星現象を引き起こす原因となる物質を流星物質という。軌道計算により、流星物質は主に彗星から放出されると考えられているが、なかには小惑星起源のものもあるようである。流星群をもたらす流星物質を放出したこのような天体をその流星群の母天体という。母天体の周囲には、放出された一群の流星物質が細い帯状に伸びており、これをダストトレイルと呼ぶ。ダストトレイルはそれ自身の軌道上を母天体とほぼ同じ周期で巡る。ダストトレイルの軌道と地球軌道が交差しており、かつダストトレイルと地球が同時期にこの交差地点にさしかかったとき、ダストトレイルと地球との衝突によって流星群が生じる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たほうおう座流星群

    流星群(りゅうせいぐん)とは、その軌跡が天球上のある一点(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星のことをいう。流星群に属する流星を群流星という。流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、数年?数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群がある。たとえば、ペルセウス座流星群は定常群、しし座流星群は周期群である。突発群としてはほうおう座流星群が例として挙げられる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たスイフト・タットル彗星

    ペルセウス座流星群は8月13日ごろに極大を迎え、母天体はスイフト・タットル彗星である。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たヘール・ボップ彗星

    しぶんぎ座流星群は1月4日ごろに出現の極大を迎え、しぶんぎ座という名称は1928年には廃止されているので、現在の星座名で「りゅう座流星群」とも呼ばれる。母天体はヘール・ボップ彗星などが挙げられている。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見た輻射点

    流星群(りゅうせいぐん)とは、その軌跡が天球上のある一点(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星のことをいう。流星群に属する流星を群流星という。流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、数年?数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群がある。たとえば、ペルセウス座流星群は定常群、しし座流星群は周期群である。突発群としてはほうおう座流星群が例として挙げられる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たしし座流星群

    流星群(りゅうせいぐん)とは、その軌跡が天球上のある一点(放射点または輻射点という)を中心に放射状に広がるように出現する一群の流星のことをいう。流星群に属する流星を群流星という。流星群には、毎年同じ時期に出現する定常群と、数年?数十年おきに活発に出現する周期群、突然活動する突発群がある。たとえば、ペルセウス座流星群は定常群、しし座流星群は周期群である。突発群としてはほうおう座流星群が例として挙げられる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たダストトレイル

    流星現象を引き起こす原因となる物質を流星物質という。軌道計算により、流星物質は主に彗星から放出されると考えられているが、なかには小惑星起源のものもあるようである。流星群をもたらす流星物質を放出したこのような天体をその流星群の母天体という。母天体の周囲には、放出された一群の流星物質が細い帯状に伸びており、これをダストトレイルと呼ぶ。ダストトレイルはそれ自身の軌道上を母天体とほぼ同じ周期で巡る。ダストトレイルの軌道と地球軌道が交差しており、かつダストトレイルと地球が同時期にこの交差地点にさしかかったとき、ダストトレイルと地球との衝突によって流星群が生じる。流星群 フレッシュアイペディアより)

  • 流星群

    流星群から見たしぶんぎ座

    しぶんぎ座流星群は1月4日ごろに出現の極大を迎え、しぶんぎ座という名称は1928年には廃止されているので、現在の星座名で「りゅう座流星群」とも呼ばれる。母天体はヘール・ボップ彗星などが挙げられている。流星群 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「流星群」のニューストピックワード