189件中 11 - 20件表示
  • 男はつらいよ 寅次郎忘れな草

    男はつらいよ 寅次郎忘れな草から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』(おとこはつらいよ とらじろうわすれなぐさ)は、1973年8月4日に公開された日本映画。マドンナ(旅回りのキャバレー歌手:松岡リリー)役に浅丘ルリ子をむかえた『男はつらいよ』シリーズの第11作。同時上映は『チョットだけョ全員集合!!』。男はつらいよ 寅次郎忘れな草 フレッシュアイペディアより)

  • 日本映画批評家大賞

    日本映画批評家大賞から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    ゴールデン・グローリー賞 - 安井昌二・水谷八重子・菅原謙次・草笛光子・小泉博・池内淳子・淡路恵子・浅丘ルリ子日本映画批評家大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 泰日協会学校

    泰日協会学校から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子 - タレント(盤谷日本尋常小学校時)泰日協会学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小林旭

    小林旭から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1960年(昭和35年)頃、映画での共演をきっかけに浅丘ルリ子と同棲したが、後に解消。小林旭 フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間良子

    佐久間良子から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    戦争と人間・第二部 愛と悲しみの山河(監督:山本薩夫 / 共演:浅丘ルリ子、高橋英樹、栗原小巻 / キネマ旬報ベスト・テン第4位 / 1971年、日活)佐久間良子 フレッシュアイペディアより)

  • 男はつらいよ

    男はつらいよから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子(第11作、第15作、第25作、第48作)男はつらいよ フレッシュアイペディアより)

  • 美空ひばり

    美空ひばりから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    この東京ドーム公演の会場客席には、中村メイコと浅丘ルリ子、森光子や島倉千代子に岸本加世子など、ひばりと特に懇意のある芸能人達も駆けつけていた。ひばりはフィナーレの「人生一路」を歌い終えると、思い通りに歌えなかったのかマイクをスタンドに戻す際に一瞬首を傾げていた(彼女の日記にも、自身が満足のいく出来にできなかったことへの苦悩とこの調子であと何年もつのかという不安が書かれている)。この頃のひばりは既に、体調の悪化で前年の退院会見の頃と比べると痩せて、脚の激痛に耐えながら合計39曲を熱唱した。常人であれば歌うことはもちろん、立つことすら難しい病状の中でステージに立った。美空ひばり フレッシュアイペディアより)

  • アカシアの雨がやむとき

    アカシアの雨がやむときから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1963年には、浅丘ルリ子主演、高橋英樹が相手役で西田佐知子本人も出演した日活制作の歌謡映画『アカシアの雨がやむとき』が封切られた。2002年の年末、NHK-BS2で放送された特別番組『あなたが選ぶ思い出の紅白・感動の紅白』において、VTR出演した浅丘が「もう一度聴きたい曲」として本楽曲を挙げ、第20回の映像が放送された。この第20回は、審査員として西田が独身時代親しかった浅丘も出演していた。アカシアの雨がやむとき フレッシュアイペディアより)

  • 大原麗子

    大原麗子から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    8月23日、東京の青山葬儀所で「お別れの会」が開かれ、森光子、石井ふく子、浅丘ルリ子らが発起人となり、元夫である渡瀬恒彦や森進一のほか、八千草薫、池内淳子、徳光和夫、加藤和也、井上順、堺正章、松原智恵子、音無美紀子、浅野ゆう子、中村雅俊らが参列。大原が実の姉のように慕っていた浅丘は弔辞を述べ、「浅丘が骨折した大原を見舞いに訪れると、大原が早く会いに来てほしかったと抱きついて怒りながら号泣していたこと」を明かした。大原麗子 フレッシュアイペディアより)

  • 石坂浩二

    石坂浩二から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    私生活では加賀まりことの同棲を経て1971年に浅丘ルリ子と結婚するも、ほどなくして別居するようになる。2000年12月、女優である浅丘に実母の介護をさせるわけにはいかないとして離婚。離婚から間もない2001年1月に再婚を発表。大橋巨泉事務所から独立、フリーとなる。石坂浩二 フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード