149件中 21 - 30件表示
  • 河野ヨシユキ

    河野ヨシユキから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    同1955年には女優・浅丘ルリ子のデビュー作の映画『緑はるかに』(日活)の主題歌を安田祥子(由紀さおりの姉)と歌っている。河野ヨシユキ フレッシュアイペディアより)

  • マイライフ (雑誌)

    マイライフ (雑誌)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    創刊当初の表紙は、マトリックス状に複数の写真が組み合わされていたが、1967年(昭和42年)6月に発行された第2巻第6号に渡辺裕代が起用されて以降、他の婦人雑誌同様に、女優等のモデルが表紙を飾るようになる。おもな表紙モデルは、愛京子(第2巻第8号)、左幸子・羽仁未央(第2巻第9号)、樫山文枝(第2巻第10号)、藤純子(富司純子、第2巻第11号)、安田伸・竹腰美代子夫妻(第2巻第12号)、大空真弓(第3巻第1号)、松尾嘉代(第3巻第8号)、松原智恵子(第3巻第9号)、芳村真理(第3巻第10号)、森田敏子(第3巻第11号)、浅丘ルリ子(第3巻第12号)、長谷川稀世(第4巻第1号)、加賀まりこ(第4巻第2号)、奈美悦子(第4巻第3号)、尾崎奈々(第4巻第4号)、十朱幸代(第4巻第5号)、生田悦子(第4巻第6号)、高橋紀子(第4巻第11号)、樫山文枝(第4巻第12号)ほか。マイライフ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • サンデーナイトショー

    サンデーナイトショーから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    毎回スタジオからの1時間生放送が行われていた番組で、歌とトークとコント、それに「浅丘ルリ子の部屋」のコーナーによって構成されていた。歌パートでは当時のヒット曲や新曲などを紹介。トークパートでは時の人を招き、彼らへのインタビューや2分間プライバシー、思い出の青春談義や悪友録、各界一話などを繰り広げていた。コントパートでは、男女が互いに相手の設定を知らずに進めるハプニングコントを行っていた。「浅丘ルリ子の部屋」では、女の口説きを様々に演じていた。そして、毎回のお楽しみとしてファッションプレゼントも行っていた。サンデーナイトショー フレッシュアイペディアより)

  • KAWASAKIしんゆり映画祭

    KAWASAKIしんゆり映画祭から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    ゲスト - 佐藤忠男 堀越謙三 中野裕之 三原光尋 青山真治 役所広司 冨樫森 派谷恵美 今村昌平 清水美砂 猿川直人 西田尚美 冨田靖子 篠原哲雄 浅丘ルリ子 吉川光 小林貴裕 福島瑞穂 馬場英顕 趙鳳英 鑼鼓教室 アモ―レ・ブラスバンドKAWASAKIしんゆり映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ヒット'70

    ヒット'70から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    第1回目のゲストは、弘田三枝子、浅丘ルリ子、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、キューティ・Qの4組に、前年(1969年)現役を引退した金田正一が出演した。ヒット'70 フレッシュアイペディアより)

  • おおさか映画祭

    おおさか映画祭から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    主演女優賞:浅丘ルリ子(デンデラ) / ナタリー・ポートマン(ブラック・スワン)おおさか映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵原惟繕

    蔵原惟繕から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1957年、石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』で監督デビュー。大胆なカメラアングルとカメラワークで注目を浴びる。以後、石原裕次郎、浅丘ルリ子の主演作を数多く撮る。蔵原惟繕 フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    利根川裕(渡辺正行)、いかりや長介(島崎俊郎)、板東英二(太平シロー)、浅丘ルリ子(山田邦子)、幸田シャーミン(明石家さんま)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

  • 小堺一機のサタデーウィズ

    小堺一機のサタデーウィズから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    三國連太郎、吉永小百合、大原麗子、薬師丸ひろ子、西田敏行、唐沢寿明、浅丘ルリ子など、普段はラジオ番組にあまり出演することのない人物が「小堺さんの番組なら!」と多数出演した。小堺一機のサタデーウィズ フレッシュアイペディアより)

  • 志の輔ラジオ 落語DEデート

    志の輔ラジオ 落語DEデートから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    ゲスト:浅丘ルリ子(女優)志の輔ラジオ 落語DEデート フレッシュアイペディアより)

149件中 21 - 30件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード