189件中 21 - 30件表示
  • 水の江瀧子

    水の江瀧子から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1928年に東京松竹楽劇部(後の松竹少女歌劇部、松竹歌劇団)に第1期生として入団。日本の女性歌劇史上初めて男性様に断髪した男役で「男装の麗人」の異名を取り、「ターキー」の愛称と共に1930?40年代にかけて国民的人気を博した。1942年の松竹退団後は劇団主宰、映画女優などを経て1955年に日活とプロデューサー契約。日本初の女性映画プロデューサーとなり、石原裕次郎を筆頭に、浅丘ルリ子、長門裕之、岡田真澄、和泉雅子、赤木圭一郎ら数々の俳優や、中平康、蔵原惟繕といった監督を発掘・育成し、『太陽の季節』、『狂った果実』など70本以上の映画を企画、日活の黄金時代を支えた。また、『NHK紅白歌合戦』の司会を2度務めたほか、『ジェスチャー』、『独占!女の60分』といった番組に携わった。水の江瀧子 フレッシュアイペディアより)

  • カムバック・ガール

    カムバック・ガールから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    本作は、実際にプロボクサーの渡嘉敷勝男、上原康恒の指導を得て収録が行われ、上原もトレーナー役として出演していた。なお、浅丘ルリ子と原田芳雄の共演は『2丁目3番地』以来、本作が8作目となった。カムバック・ガール フレッシュアイペディアより)

  • 蒼ざめた日曜日

    蒼ざめた日曜日から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    飯田由里江、しのぶ、中尾幸子、少女:浅丘ルリ子蒼ざめた日曜日 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリコ

    浅丘ルリコから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    浅丘ルリコ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)

    徳川おんな絵巻 (テレビドラマ)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    キャスト:浅丘ルリ子(お松の方)、緒形拳(吉田三十郎)、北竜二(松平直基)、三ツ矢雄二(松平直矩)、潮万太郎(種田勘五郎)、信欽三(本多筑後)、美川陽一郎(庄兵衛)、小高雄二(主膳)、城野ゆき(お光)、玉川伊佐男(島本弥三郎)、中台祥浩(沢本八兵衛) 、田代千鶴子(お品)、音羽久米子(とめ) 、山村弘三(小松屋)、西山辰夫(柳沢吉保)、広瀬義宣(徳川綱吉)、杉村春子(語り手)徳川おんな絵巻 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 神共にいまして

    神共にいましてから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    夜霧のブルース - 1963年・日活(出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子)。主人公とその恋人との幸福な日々の回想シーンで流れた(演奏のみ)。神共にいまして フレッシュアイペディアより)

  • マイライフ (雑誌)

    マイライフ (雑誌)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    創刊当初の表紙は、マトリックス状に複数の写真が組み合わされていたが、1967年(昭和42年)6月に発行された第2巻第6号に渡辺裕代が起用されて以降、他の婦人雑誌同様に、女優等のモデルが表紙を飾るようになる。おもな表紙モデルは、愛京子(第2巻第8号)、左幸子・羽仁未央(第2巻第9号)、樫山文枝(第2巻第10号)、藤純子(富司純子、第2巻第11号)、安田伸・竹腰美代子夫妻(第2巻第12号)、大空真弓(第3巻第1号)、松尾嘉代(第3巻第8号)、松原智恵子(第3巻第9号)、芳村真理(第3巻第10号)、森田敏子(第3巻第11号)、浅丘ルリ子(第3巻第12号)、長谷川稀世(第4巻第1号)、加賀まりこ(第4巻第2号)、奈美悦子(第4巻第3号)、尾崎奈々(第4巻第4号)、十朱幸代(第4巻第5号)、生田悦子(第4巻第6号)、高橋紀子(第4巻第11号)、樫山文枝(第4巻第12号)ほか。マイライフ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 木曜組曲

    木曜組曲から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    重松時子(耽美派女流作家の巨匠):浅丘ルリ子木曜組曲 フレッシュアイペディアより)

  • 大原幽学

    大原幽学から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『天保水滸伝 大原幽学』 (1976年) - 山本薩夫監督、平幹二朗、浅丘ルリ子大原幽学 フレッシュアイペディアより)

  • ひょうきんスター誕生

    ひょうきんスター誕生から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    利根川裕(渡辺正行)、いかりや長介(島崎俊郎)、板東英二(太平シロー)、浅丘ルリ子(山田邦子)、幸田シャーミン(明石家さんま)ひょうきんスター誕生 フレッシュアイペディアより)

189件中 21 - 30件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード