189件中 31 - 40件表示
  • 愛の化石

    愛の化石から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    「愛の化石」(あいのかせき)は、浅丘ルリ子がテイチクレコードから1969年8月5日に出したシングルレコード。この曲をモチーフに、翌年の1970年には、浅丘と田宮二郎主演で同名映画も製作された。愛の化石 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸で死ねたら

    神戸で死ねたらから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    作曲はA面・B面楽曲とも、前年に「禁じられた恋」(歌唱: 森山良子)や「愛の化石」(歌唱: 浅丘ルリ子)を手がけた三木たかしによる。神戸で死ねたら フレッシュアイペディアより)

  • 朱鷺の墓

    朱鷺の墓から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    染乃 …………………… 浅丘ルリ子朱鷺の墓 フレッシュアイペディアより)

  • ルノー・ヴェルレー

    ルノー・ヴェルレーから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1968年、『個人教授』で映画初主演し、特に日本で大ブレイクした。イタリアのレイ・ラブロック、イギリスのレナード・ホワイティングと並んで欧州三大貴公子と呼ばれ、1972年頃まで若い女性からアイドル的な人気を博した。1970年代初頭には度々訪日しており、1971年の『愛ふたたび』(市川崑監督、浅丘ルリ子共演)と1972年の『恋の夏』(恩地日出夫監督、小川知子共演)の2作の東宝映画でそれぞれ主演している。ルノー・ヴェルレー フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデン☆ベスト

    ゴールデン☆ベストから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子 ゴールデン☆ベストゴールデン☆ベスト フレッシュアイペディアより)

  • 炎の舞

    炎の舞から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『炎の舞』(ほのおのまい)は、1978年製作の日本映画。原作は加茂菖子の小説『執炎』で、1964年に浅丘ルリ子・伊丹一三(後の伊丹十三)が主演した同名映画のリメイク作品。監督は河崎義祐。山口百恵・三浦友和コンビの9作目の主演作品である。炎の舞 フレッシュアイペディアより)

  • 扇町京子

    扇町京子から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    「真夏の魅惑」水野久美・扇町京子・浅丘ルリ子 : 『読切倶楽部』第9巻第8号所収、三世社、1960年8月発行扇町京子 フレッシュアイペディアより)

  • 今晩は裕次郎です

    今晩は裕次郎ですから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1963年7月3日 - 長嶋茂雄、村田英雄、浅丘ルリ子、渥美清今晩は裕次郎です フレッシュアイペディアより)

  • 河野ヨシユキ

    河野ヨシユキから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1955年には女優・浅丘ルリ子のデビュー作の映画『緑はるかに』(日活)の主題歌を安田祥子(由紀さおりの姉)と歌っている。河野ヨシユキ フレッシュアイペディアより)

  • クレージー映画

    クレージー映画から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    初期の代表的なマドンナは団令子である。最も多くの作品に出演したマドンナは浜美枝である。野川由美子も、特に『007は二度死ぬ』に出演した浜の不在期間を中心に多く出演し、シリーズを支えた。クレージーキャッツと同じ渡辺プロに在籍していた“スパーク3人娘”からは、中尾ミエと園まりが複数の作品に出演している。また、五社協定がゆるんだ結果として、『日本一の男の中の男』には日活から浅丘ルリ子が出演している。クレージー映画 フレッシュアイペディアより)

189件中 31 - 40件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード