189件中 51 - 60件表示
  • ゴー!ゴー!若大将

    ゴー!ゴー!若大将から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『ゴー!ゴー!若大将』(ゴーゴーわかだいしょう)は、加山雄三が主演する宝塚映画製作の日本映画。若大将シリーズの第11弾。1967年12月31日公開。同時上映は「日本一の男の中の男」(植木等、浅丘ルリ子主演。監督:古澤憲吾)で、クレージー映画と若大将シリーズとの2本立ては1966年の『クレージーだよ奇想天外』(監督:坪島孝)と『アルプスの若大将』以来だが、『奇想天外』は谷啓主演であり、植木等主演との2本立ては初。ゴー!ゴー!若大将 フレッシュアイペディアより)

  • 岸和田日劇

    岸和田日劇から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    同館を経営する同和興行は、1963年(昭和38年)、大北町25番地1号(現在の大北町1番地9号)に映画館を新設し、これを岸和田大映とした。それとともに、日活と直営館契約を行なって同館をそのまま貸出し、同館を岸和田日活と改称している。同館の経営は同和興行から日活の興行子会社である太陽企業に変わり、支配人は日活の岩永保弘、観客定員数315名、興行系統は日活の封切館となった。同年の日活は、吉永小百合主演の『伊豆の踊子』(監督・西河克己、同年6月2日公開)、石原裕次郎・浅丘ルリ子主演の『夜霧のブルース』(監督・野村孝、同年6月30日公開)、あるいは今村昌平監督の『にっぽん昆虫記』(同年11月16日公開)、鈴木清順監督の『悪太郎』(9月21日公開)あるいは『関東無宿』(同年11月23日公開)といった映画を公開している。この時期、同市内の映画館は世代交代の時期に来ており、1961年(昭和36年)には山直劇場(岡山町12番地、経営・西川輝男)が、1962年(昭和37年)には岸和田東宝映画劇場(本町219番地1号、経営・照屋潔)、春陽館(春木泉町1560番地、経営・向井克巳)、吉野倶楽部(下野町517番地、経営・楠原エイ)の4館が閉館し、同市内の映画館は、岸和田大映の新築移転と日活直営の岸和田日活への転換を経て、9館あった映画館が6館に減っていた。岸和田日劇 フレッシュアイペディアより)

  • アドベンチャーコメディ 夏の家族

    アドベンチャーコメディ 夏の家族から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    五十嵐蛍子(パイポ):浅丘ルリ子アドベンチャーコメディ 夏の家族 フレッシュアイペディアより)

  • ポール岡田

    ポール岡田から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1971年5月、ルノー・ベルレーと浅丘ルリ子主演の市川昆監督の東宝映画「愛ふたたび」のサウンドトラック・アルバムに鹿島とも子と共に歌で参加。ポール岡田 フレッシュアイペディアより)

  • 2丁目3番地

    2丁目3番地から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    舞台の中心は東京・四谷の美容院。本作では当時、人気絶頂だった石坂浩二と浅丘ルリ子の初共演が話題になり、高視聴率を誇った。二人は、売れないテレビディレクターで妻の尻に敷かれる二枚目半キャラクターの夫(石坂浩二)と、やり手の美容院経営者である妻(浅丘ルリ子)を演じた。当時のウーマンリブを取り込み、弱い夫と強い妻の子育て奮闘記は多くの同世代の視聴者の共感を呼んだ。2丁目3番地 フレッシュアイペディアより)

  • TBS水曜10時枠の連続ドラマ

    TBS水曜10時枠の連続ドラマから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    カムバック・ガール(2月?3月)出演:浅丘ルリ子、原田芳雄、山城新伍TBS水曜10時枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のテレビ (日本)

    1971年のテレビ (日本)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    2丁目3番地(出演:浅丘ルリ子、石坂浩二 他)1971年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 愛の渇き

    愛の渇きから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1950年(昭和25年)6月30日に書き下ろしで新潮社より刊行された。文庫版は1951年(昭和26年)7月15日に角川文庫、1952年(昭和27年)3月31日に新潮文庫で刊行された。翻訳版はAlfred H. Marks訳(英題:Thirst for Love)をはじめ、イタリア(伊題:Sete d'amore)、スペイン(西題:Sed de amor)、フランス(仏題:Une soif d'amour)、中国(中題:愛的飢渇)などで行われている。1967年(昭和42年)2月18日に浅丘ルリ子の主演で映画公開されている。愛の渇き フレッシュアイペディアより)

  • 真咲乱

    真咲乱から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    なお、”AVブーム”に圧倒されて売上が激減した日活ロマンポルノは、1985年からAVに対抗して、”自社の女優たち(の一部)に本番セックスをさせて”映画撮影を行ったが、1988年、ついに力尽きてピンク映画の制作を終了した。ここにかつて岡田嘉子・大河内傳次郎・坂東妻三郎・片岡千恵蔵・嵐寛寿郎・月岡夢路・三國連太郎・森繁久彌・三橋達也・南田洋子・小林桂樹・北原三枝・芦川いずみ・新珠三千代・宍戸錠・長門裕之・石原裕次郎・小林旭・浅丘ルリ子・赤木圭一郎・二谷英明・岡田真澄・和田浩二・吉永小百合ら数々の大スターを輩出した名門映画会社・日活は事実上倒産した。真咲乱 フレッシュアイペディアより)

  • 笹森礼子

    笹森礼子から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    頌栄女子学院高等学校在学中から、TBS『日真名氏飛び出す』にレギュラーとして出演し、舛田利雄監督『青年の樹』(1960年4月29日)の脇役でスクリーン・デビューした。東宝映画『娘・妻・母』出演後、日活と契約し、森永健次郎監督『美しき別れの歌』(1960年5月1日)で二谷英明の相手役に抜擢される。浅丘ルリ子に次ぐ青春スターとして数多くのヒロインをこなした(特に赤木圭一郎とは多くのコンビ作がある)が、1965年に結婚、引退した。滝沢英輔監督『男の紋章 喧嘩街道』が最終作となった。笹森礼子 フレッシュアイペディアより)

189件中 51 - 60件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード