189件中 61 - 70件表示
  • 志の輔ラジオ 落語DEデート

    志の輔ラジオ 落語DEデートから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    ゲスト:浅丘ルリ子(女優)志の輔ラジオ 落語DEデート フレッシュアイペディアより)

  • 桐生かほる

    桐生かほるから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    執炎(1964年11月12日、日活) ‐ ヒロイン・久坂きよの(浅丘ルリ子)の少女時代桐生かほる フレッシュアイペディアより)

  • 網走番外地 (日活)

    網走番外地 (日活)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『網走番外地』(あばしりばんがいち)は、小高雄二、浅丘ルリ子主演で、1959年に日活によって制作・公開された同名小説(伊藤一作)の映画版。モノクロ、シネマスコープ。網走番外地 (日活) フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    1970年1月、タクシー乗車中の交通事故で生まれて初めての入院生活を経験。これを機に1-2年間の休業宣言を行う。この間も全作品展の開催やエッセイの連載、写真や小説などの新分野への進出を行っており、仕事をやめていたわけではない。横尾の休業宣言は、大阪万博のこの年、「人類の進歩と調和」のスローガンに浮かれていた世間に対する尖鋭的な表現でありえたし、1960年代以降の横尾の反体制的指向を象徴する出来事として受けとめられた。しかし9月には原因不明の足の痛みによって2度目の入院を余儀なくされ、ほとんど歩行不可となってしまう。深刻な病状に高倉健や浅丘ルリ子らも見舞いに訪れる。そんな中にあって、三島由紀夫だけが横尾に対し仕事をするように激しく叱咤激励した。三島が横尾に何としても仕上げさせたかったのが、細江英公の三島の写真集『新輯薔薇刑』の装幀(90頁)であり、篠山紀信撮影による写真集『男の死』の撮影であった。三島は自分の撮影を終えており、しきりに横尾に催促した。同年の後の三島の自決によって、横尾は大きな衝撃を受けその後も横尾の心を捉え続けることになる。三島の姿やイメージはのちの横尾の作品中にいく度となく登場する。写真集『男の死』は、その後封印されたままとなった。横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 小堺一機のサタデーウィズ

    小堺一機のサタデーウィズから見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    三國連太郎、吉永小百合、大原麗子、薬師丸ひろ子、西田敏行、唐沢寿明、浅丘ルリ子など、普段はラジオ番組にあまり出演することのない人物が「小堺さんの番組なら!」と多数出演した。小堺一機のサタデーウィズ フレッシュアイペディアより)

  • あゝ離婚式

    あゝ離婚式から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    倉本聰が「結婚するときはご祝儀をもらっといて、別れるときに挨拶一つ無いのはおかしい!」との義憤にかられて執筆した、夫婦とは何かを問うコメディである。ちなみにこの義憤のきっかけとなったのは、自らがプロポーズの場に立ち会うなど少なからぬ面倒を見た石坂浩二・浅丘ルリ子夫婦の離婚だという。あゝ離婚式 フレッシュアイペディアより)

  • 藤林甲

    藤林甲から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    『嫉妬』 : 製作江夏浩一・磯田啓二・銭谷功、監督貞永方久、原作藤本義一、脚本貞永方久・成田孝雄、撮影加藤正幸、主演岩下志麻・浅丘ルリ子、製作松竹大船撮影所、配給松竹、1971年11月13日公開(映倫番号 16941)藤林甲 フレッシュアイペディアより)

  • ドラマシティ (2時間ドラマ番組)

    ドラマシティ (2時間ドラマ番組)から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    12月10日:雀色時 浅丘ルリ子、役所広司、赤井英和、洞口依子、津川雅彦ドラマシティ (2時間ドラマ番組) フレッシュアイペディアより)

  • ヒット'70

    ヒット'70から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    はしだのりひこと松岡きっこが司会を務めていた番組で、毎回ゲストとのトークと歌を中心に進行。初回では弘田三枝子、浅丘ルリ子、ジャッキー吉川とブルーコメッツ、キューティ・Q、そして1969年にプロ野球を引退した金田正一がゲスト出演した。ヒット'70 フレッシュアイペディアより)

  • 欲望という名の電車

    欲望という名の電車から見た浅丘ルリ子浅丘ルリ子

    ほかには、水谷八重子 (2代目)(当時は良重)、岸田今日子、東恵美子、栗原小巻、浅丘ルリ子、樋口可南子、大竹しのぶ、高畑淳子などがブランチを演じている。欲望という名の電車 フレッシュアイペディアより)

189件中 61 - 70件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード