127件中 91 - 100件表示
  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た逃亡 (松本清張)

    逃亡(2002年、NHK「金曜時代劇」) - お秋 役浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た日本映画データベース

    出演映画 - 日本映画データベース浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見たクラブ

    その他にも、『太平洋ひとりぼっち』、『水で書かれた物語』、『私が棄てた女』、『栄光への5000キロ』、『戦争と人間・第一部?第三部』、『告白的女優論』、『鹿鳴館』、『博士の愛した数式』などの映画の話題作に出演した。特に、映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役は大好評で、マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めた。この最終作の撮影現場で具合の悪そうな渥美清の姿を見て、「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったという。そのため、山田監督に「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」と頼んだと言うが、山田監督は50作まで製作したかったらしく、浅丘の願いは叶えられず、渥美は映画公開後9ヶ月後にこの世を去り、「紅の花」が最後の作品になってしまった。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た栄光への5000キロ

    その他にも、『太平洋ひとりぼっち』、『水で書かれた物語』、『私が棄てた女』、『栄光への5000キロ』、『戦争と人間・第一部?第三部』、『告白的女優論』、『鹿鳴館』、『博士の愛した数式』などの映画の話題作に出演した。特に、映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役は大好評で、マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めた。この最終作の撮影現場で具合の悪そうな渥美清の姿を見て、「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったという。そのため、山田監督に「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」と頼んだと言うが、山田監督は50作まで製作したかったらしく、浅丘の願いは叶えられず、渥美は映画公開後9ヶ月後にこの世を去り、「紅の花」が最後の作品になってしまった。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た月曜ドラマスペシャル

    二十六夜参り(1998年8月17日、TBS「月曜ドラマスペシャル」) - 前園千鶴子 役浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た木曜ゴールデンドラマ

    魔性(1984年、日本テレビ「木曜ゴールデンドラマ」)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た男はつらいよ 寅次郎紅の花

    その他にも、『太平洋ひとりぼっち』、『水で書かれた物語』、『私が棄てた女』、『栄光への5000キロ』、『戦争と人間・第一部?第三部』、『告白的女優論』、『鹿鳴館』、『博士の愛した数式』などの映画の話題作に出演した。特に、映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役は大好評で、マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めた。この最終作の撮影現場で具合の悪そうな渥美清の姿を見て、「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったという。そのため、山田監督に「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」と頼んだと言うが、山田監督は50作まで製作したかったらしく、浅丘の願いは叶えられず、渥美は映画公開後9ヶ月後にこの世を去り、「紅の花」が最後の作品になってしまった。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た体重

    身長156cm 体重35kg。サイズ B79/W53/H75 血液型はA型。前夫は石坂浩二。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見たギターを持った渡り鳥

    ギターを持った渡り鳥(1959年) - 秋津由紀 役浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見たPTA

    満州国新京市(現・長春)に生まれる。実父は満州国経済部大臣秘書官で1943年にタイのバンコクへ軍属として転居。終戦後に一家はメナム川の岸辺にあったパンパートン抑留所へ強制収容されるが翌1946年には引き揚げが始まる、しかし軍属を最優先として先に出港したその船は沈没してしまい一家は命拾いする、やがて大洗港の近くに住む親戚を頼り、まもなく館山の引き揚げ寮へ入寮。信子が小学校3年生の時に父が代議士秘書の職を得て一家で東京神田鍛冶町の借家に落ち着く。ちなみに実妹のクラスメートは星由里子であった。家庭は大変貧しかったものの母が毛布を裁断し染めることに依ってコートに仕立ててくれたりと貧しいながらにも創意工夫に満ちた生活を送っていた。千代田区立今川中学校在学中の1954年(昭和29年)夏に井上梅次監督の『緑はるかに』のヒロイン役募集を知り、両親賛成のもと応募、11月23日に面接が行われ約3000人の中から選ばれ銀幕デビュー、美少女として脚光を浴びる、しかし学校を長期欠席しての撮影だったため、PTAと生徒会が奉祝の花輪を出したことで一時物議を醸した。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

127件中 91 - 100件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード