127件中 11 - 20件表示
  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た堀江謙一

    その他にも、『太平洋ひとりぼっち』、『水で書かれた物語』、『私が棄てた女』、『栄光への5000キロ』、『戦争と人間・第一部?第三部』、『告白的女優論』、『鹿鳴館』、『博士の愛した数式』などの映画の話題作に出演した。特に、映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役は大好評で、マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めた。この最終作の撮影現場で具合の悪そうな渥美清の姿を見て、「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったという。そのため、山田監督に「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」と頼んだと言うが、山田監督は50作まで製作したかったらしく、浅丘の願いは叶えられず、渥美は映画公開後9ヶ月後にこの世を去り、「紅の花」が最後の作品になってしまった。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た美空ひばり

    麻雀の実力もプロ級といわれる。美空ひばりとはプライベートでも親交が深く大親友だったことが知られている。「ファッショナブルな女優の代名詞」としても有名。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た林真理子

    林真理子 『RURIKO』角川グループパブリッシング 、2008年5月、ISBN 4048738445浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た津川雅彦津川 雅彦

    2011年5月21日にはプライベートでも親交が深く60年来の友人であった長門裕之が逝去後には弟の津川雅彦と一緒に長門の自宅へすぐに駆けつけて、津川と二人でマスコミなどの対応に応じた。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た高橋英樹 (俳優)高橋 英樹

    性格は姉御肌で青春映画全盛期だった当時の日活において後輩の男優と女優に対する躾が厳しく、特に高橋英樹はデビュー当時より教育係であった浅丘に散々世話をかけ、そして弟分のように可愛がられていたことから未だに「ヒデキ」と呼ばれている。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た日本テレビ放送網

    1971年日本テレビのドラマ『2丁目3番地』での共演をきっかけに石坂浩二と結婚。石坂は当時の世の男性の羨望を一身に集める事となったが、程なく別居。2000年に離婚。現在は大衆演劇俳優で「劇団誠」座長、松井誠との交際を公にしている。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見たテレビ東京

    瀬奈じゅん(女優 麗子〜炎のように、テレビ東京、2013年3月6日)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た芦田淳

    早咲きの花(2006年) - (衣裳デザインは芦田淳(JUN ASHIDA)。)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た毎日映画コンクール

    第30回毎日映画コンクール女優演技賞(1975年)。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た芦川いづみ

    三人姉妹マンボ(withペギー葉山、芦川いづみ)(日活映画「踊る太陽 お転婆三人娘」主題歌)(1957年1月)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード