127件中 21 - 30件表示
  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た渥美清

    その他にも、『太平洋ひとりぼっち』、『水で書かれた物語』、『私が棄てた女』、『栄光への5000キロ』、『戦争と人間・第一部?第三部』、『告白的女優論』、『鹿鳴館』、『博士の愛した数式』などの映画の話題作に出演した。特に、映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役は大好評で、マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めた。この最終作の撮影現場で具合の悪そうな渥美清の姿を見て、「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったという。そのため、山田監督に「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」と頼んだと言うが、山田監督は50作まで製作したかったらしく、浅丘の願いは叶えられず、渥美は映画公開後9ヶ月後にこの世を去り、「紅の花」が最後の作品になってしまった。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た松井誠

    1971年日本テレビのドラマ『2丁目3番地』での共演をきっかけに石坂浩二と結婚。石坂は当時の世の男性の羨望を一身に集める事となったが、程なく別居。2000年に離婚。現在は大衆演劇俳優で「劇団誠」座長、松井誠との交際を公にしている。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た浜田光夫

    伊豆の虹(デュエット:浜田光夫)(1964年3月)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見たペギー葉山ペギー葉山

    三人姉妹マンボ(withペギー葉山、芦川いづみ)(日活映画「踊る太陽 お転婆三人娘」主題歌)(1957年1月)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た渡辺武信

    「日活アクションの華麗な世界―1954-1971」(著者:渡辺武信)ISBN 4624710878(未來社)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た西田佐知子

    アカシアの雨がやむとき(1963年) - 西田佐知子の同名大ヒット曲の映画化。共演:高橋英樹。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た石坂洋次郎

    若い人(1962年) - 原作:石坂洋次郎、橋本スミ子 役浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た泉鏡花

    1980年代以降は活動の中心を舞台に移し、泉鏡花の作品などに出演している。浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た宮田慶子

    伝説の女優(宮田慶子 演出)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

  • 浅丘ルリ子

    浅丘ルリ子から見た久世光彦

    憎いあんちくしょう(久世光彦 演出)浅丘ルリ子 フレッシュアイペディアより)

127件中 21 - 30件表示

「浅丘ルリ子」のニューストピックワード