前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • ガッツだ!ドラゴンズ

    ガッツだ!ドラゴンズから見た浅尾拓也浅尾拓也

    基本的にガッツナイタープラスと変わらず澤井道久・川井雄太・浅尾拓也・田中大輔・堂上直倫・福田永将の若手6選手を毎週取り上げる。2009年からは中川裕貴(1月7日?)が追加されたと同時に、「担当アナのナレーション+事前インタビュー」から事前に担当アナが電話で近況などインタビューしたものが放送される形式に変更になった。ガッツだ!ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た浅尾拓也浅尾拓也

    は代打での出場を目指して調整を行い、3月4日のオープン戦で2008年10月以来の対外試合へ出場を果たした。開幕後の3月29日には代打として2年ぶりに公式戦に出場し、無死満塁の場面で犠牲フライを放った。4月11日には横浜スタジアムで2年ぶりの公式戦本塁打を打ち、4月16日にはマツダスタジアムでの中日戦で、浅尾拓也からセンター前へ自身16年ぶりのサヨナラ安打を放った。同サヨナラ安打はマツダスタジアムでの初安打となった。同年シーズンは主に代打で起用され、2割代前半の打率ながらも代打としてはチーム最多の62試合に出場した。故障の不安を抱えたシーズンだったため守備には就かなかったが、指名打者制度を採用したセ・パ交流戦では、指名打者として6試合に先発出場した。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た浅尾拓也浅尾拓也

    11月21日 - 第2回スタッフ会議。阪神の新井貴浩、矢野輝弘の辞退、中日の岩瀬仁紀、浅尾拓也、高橋聡文、森野将彦、和田一浩の辞退、松井秀喜らが出場に所属球団の許可が必要となることなどを考慮し、新たに候補選手をリストアップし、海外組も含めた45人の候補を12月15日に発表することに。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋聡文

    高橋聡文から見た浅尾拓也浅尾拓也

    は、シーズン前半から好調を維持し岩瀬仁紀につなぐセットアッパーを浅尾拓也と共に任せられるようになり、また、夏には北京オリンピック野球日本代表の強化試合に故障した吉見一起の代理でセ・リーグ選抜メンバーに選ばれて1回を無安打1三振を奪う快投を見せる。また、8月12日の対広島戦で北京オリンピックで不在の岩瀬に代わり、抑えとして登板してプロ初セーブを挙げる。最終的にチーム最多の54試合に登板した。また、オフには2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の第一次候補にも選出されたが、調整面の不安を理由に辞退した。高橋聡文 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た浅尾拓也浅尾拓也

    投手:13岩瀬仁紀、16小川龍也、17川井雄太、19吉見一起、21チェン、23鈴木義広、26山内壮馬、29山井大介、33平井正史、39三瀬幸司、41浅尾拓也、49マキシモ・ネルソン、60河原純一、61久本祐一、64小熊凌祐、67高橋聡文、69小林正人、70エンジェルベルト・ソト2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た浅尾拓也浅尾拓也

    10月22日 - 浅尾拓也、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二ブルブルの輪

    落合英二ブルブルの輪から見た浅尾拓也浅尾拓也

    浅尾拓也に「一番尊敬しているのはだれ?」と聞いたところ若狭敬一と答えたため、若手選手も使っているのかという結論になってしまった。落合英二ブルブルの輪 フレッシュアイペディアより)

  • パームボール

    パームボールから見た浅尾拓也浅尾拓也

    遅い球速で回転も少なく、リリース直後から縦に大きく落ち始める。リリースの瞬間は手のひらを転がるため、高めに投げ出されるような錯覚を打者に与えやすく、そこから落ちる事でドロップと同様に打者の視線を上下させやすい。無回転に近くナックルボールのように揺れて落ちる物や、横回転が加わってスライダー気味に変化する物もある。また、リリースが不安定になりやすくボール自体の勢いも弱いため、風や湿度といった天候状態により変化の度合いが大きく左右され、投げる度に違う変化を見せる事もある。カーブやチェンジアップと同様に球速が遅くタイミングを合わせられると長打になりやすいため、主に緩急を付ける目的で使用される事が多い。パームを決め球として投げる投手としては帆足和幸や金村暁、浅尾拓也、尹錫珉らが有名である。投法の影響を大きく受ける変化球としても有名で、帆足のサイドスロー気味のスリー・クォーターから投げるパームはスライダーと間違われるほど横方向にも変化する。パームボール フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴンズHOTスタジオ

    ドラゴンズHOTスタジオから見た浅尾拓也浅尾拓也

    2008年12月27日に開催された試合では、ドラHOTの生放送に出演した浅尾拓也が峰の誘いを受け、始球式に登板した。ドラゴンズHOTスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • 村上和宏

    村上和宏から見た浅尾拓也浅尾拓也

    nobodyknows+の曲「1-9(theme from No.41)」(中日ドラゴンズ浅尾拓也投手の入場曲)で実況ナレーションを担当している。村上和宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード