65件中 21 - 30件表示
  • ホルヘ・ソーサ

    ホルヘ・ソーサから見た浅尾拓也浅尾拓也

    1月28日から中日ドラゴンズの入団テストを受け、同年2月5日に契約合意。シーズンでは序盤からリリーフとして好調を維持し、粘り強いピッチングで浅尾拓也、岩瀬仁紀の穴を埋める活躍をした。残留交渉が難航し、保留選手名簿から外れ、11月30日に自由契約公示された。ホルヘ・ソーサ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田講平

    柴田講平から見た浅尾拓也浅尾拓也

    初安打:2011年5月13日、対中日ドラゴンズ4回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に浅尾拓也から中前安打柴田講平 フレッシュアイペディアより)

  • 由田慎太郎

    由田慎太郎から見た浅尾拓也浅尾拓也

    は20試合の出場に留まり、打率.152に終わった。なお、二軍では7月13日のウエスタンリーグ・対中日戦で、浅尾拓也からシーズン唯一となる本塁打を放っている。2012年11月1日付けで戦力外通告。同年12月28日にスカウト就任が発表された。由田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田島慎二

    田島慎二から見た浅尾拓也浅尾拓也

    は開幕一軍入りを果たし、主に中継ぎで起用され、2番手で登板した4月14日の阪神タイガース戦でプロ初勝利を挙げている。交流戦期間中に右肩を痛め、軽度の右肩関節炎と診断。6月12日に登録を抹消された。7月6日に再登録され、同年のオールスターで榎田大樹の出場辞退による補充選手として、初めて選出された。浅尾拓也が登録抹消されていた時にはセットアッパーとして起用され、30ホールドを記録。クライマックスシリーズでも浅尾、山井大介とともにリリーフで活躍した。11月22日、同学年の女性と結婚した。田島慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た浅尾拓也浅尾拓也

    ドラゴンズにおいて、入団以後リリーフ投手としてチームを支え続けているチームの大黒柱的存在。入団当初は中継ぎ、2004年からは抑えを任されている。2009年からは、中継ぎで岩瀬への勝利の方程式を担う浅尾拓也が起用されているが、浅尾と岩瀬が登板して敗れた時は、あまり人を褒めない落合博満監督(当時)から「浅尾と岩瀬で行って負けたなら何の悔いもない」とまで言われる。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立常滑高等学校

    愛知県立常滑高等学校から見た浅尾拓也浅尾拓也

    浅尾拓也 - 中日ドラゴンズ投手(常滑北高等学校)愛知県立常滑高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た浅尾拓也浅尾拓也

    実況:河村亮、解説:堀内恒夫、篠塚和典ゲスト解説:小久保裕紀(前福岡ソフトバンクホークス、クライマックス・パ終了時に引退)副音声:亀梨和也(KAT-TUN、『Going!Sports&News』ベースボール・スペシャルサポーター)、ゲスト解説:浅尾拓也(中日ドラゴンズ)、赤星憲広、副音声実況:平川健太郎リポーター:町田浩徳(巨人サイド及び祝勝会)、田中毅(祝勝会)、岡崎和久(STV、日本ハムサイド)監督・MVPインタビュー:新谷保志2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た浅尾拓也浅尾拓也

    森野・和田をはじめとする打撃陣が絶不調に陥り、打線もシーズン終盤まで固定できず12球団ワーストのチーム打率・総得点を記録した年。一時前半戦から首位を独走したヤクルトと10ゲーム差以上をつけられたものの、吉見一起・浅尾拓也ら投手陣の奮起と夏場以降離脱していた谷繁・井端・ブランコが復帰、打線が固定され少ないチャンスを生かして確実に点を取ることができるようになったことで、落合の突然の退任発表もありながら大逆転で球団史上初の連覇を決めた。打撃の記録こそ低かったが、平田良介の2試合連続サヨナラホームランや小池正晃の代打満塁逆転ホームランなどファンの記憶に多く残る活躍もあった。シーズンMVPはリリーフエースの浅尾拓也(ゴールデングラブ賞もリリーフ投手として初受賞)。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀選手 (日本プロ野球)

    最優秀選手 (日本プロ野球)から見た浅尾拓也浅尾拓也

    打者は本塁打・打点の多い打者が選ばれやすい。投手は先発完投型の投手が選ばれることが多いが、ベストナインと比較するとリリーフ投手の選出回数は多い(ベストナインは1978年新浦寿夫・1998年佐々木主浩の2回、MVPは1979年・1981年の江夏豊、1988年郭源治、1998年佐々木主浩、2011年浅尾拓也の5回)。最優秀選手 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 平田良介

    平田良介から見た浅尾拓也浅尾拓也

    初本塁打:2008年9月7日、対横浜ベイスターズ17回戦(ナゴヤドーム)、9回裏に浅尾拓也の代打として出場、横山道哉から右越サヨナラソロ平田良介 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード