65件中 41 - 50件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た浅尾拓也浅尾拓也

    危険球退場:3回 ※浅尾拓也、内海哲也、山口俊と並びNPB最多タイ記録桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • アーレックス

    アーレックスから見た浅尾拓也浅尾拓也

    2012年度バージョンは山本昌、和田一浩(12年度より新たに)、浅尾拓也(11年度より継続)が出演していた。アーレックス フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た浅尾拓也浅尾拓也

    アーレックス(2006年は同僚のアレックス・オチョア選手、2007年は同じく同僚の福留孝介選手、岩瀬仁紀選手とともに、同社のラジオCMに出演していた。2012年度は和田一浩選手、浅尾拓也選手と出演)山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 山口鉄也

    山口鉄也から見た浅尾拓也浅尾拓也

    シーズンでは、4月20日に154ホールドを記録し、浅尾拓也を抜いて歴代単独一位となり、その際には生涯中継ぎ宣言をした。山口鉄也 フレッシュアイペディアより)

  • 谷哲也

    谷哲也から見た浅尾拓也浅尾拓也

    の春季キャンプは二軍スタートで結局一軍に呼ばれることなく終わったが、3月14日に一軍に合流し、そのまま初の開幕一軍入りを果たす。ちなみに谷にとっては初の一軍登録であり2007年ドラフト入団選手(谷のほか山内壮馬、赤坂和幸、樋口賢)で一番早く開幕一軍を果たしたことになる。オフに、ドミニカ・ウインターリーグのエストレージャス・オリエンタレスへ浅尾拓也、山井大介、長峰昌司と共に派遣。開幕スタメンを務めるなど10試合に出場し、打率.267の成績を残す。谷哲也 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・サファテ

    デニス・サファテから見た浅尾拓也浅尾拓也

    日本シリーズでは第2・3戦でセーブを挙げ、第6戦では9回から3イニングを投げ、11回裏のサヨナラを呼び込み日本一に貢献。リリーフ登板のみとしては1982年の東尾修以来35年ぶり、外国籍投手としては1964年のジョー・スタンカ以来53年ぶりとなる日本シリーズMVPを受賞した。また、外国出身の選手として初となる正力松太郎賞に選出された。さらに、レギュラーシーズンの最優秀選手賞も獲得、外国籍選手としてはウラディミール・バレンティン以来4年ぶり17人目(18度目)、パシフィック・リーグの外国籍選手としては、アレックス・カブレラ以来15年ぶり8人目、外国籍投手としては郭泰源以来26年ぶり4人目、救援投手としては浅尾拓也以来6年ぶり5人目(6度目)、ホークスの外国籍選手としてはスタンカ以来53年ぶり2人目の受賞となった。またシーズンと日本シリーズのMVPダブル受賞は、松井秀喜以来17年ぶり15人目、ホークスでは杉浦忠、スタンカに次ぐ3人目の栄誉となった。最優秀選手の発表はNPB AWARDSで行われたことから、式の出席のためだけに来日した。名球会入りの基準である通算250セーブまで残り21セーブとしている。デニス・サファテ フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立常滑高等学校

    愛知県立常滑高等学校から見た浅尾拓也浅尾拓也

    浅尾拓也 - 中日ドラゴンズ投手(常滑北高等学校)愛知県立常滑高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た浅尾拓也浅尾拓也

    中日ドラゴンズ(2010年):高橋聡文・浅尾拓也・岩瀬仁紀、それぞれのイニシャルをとって「TAI」。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • リリーフ

    リリーフから見た浅尾拓也浅尾拓也

    リリーフの地位も徐々に向上していったが、ようやくに入り、阪神監督の岡田彰布が、1試合での球数や投球イニング、キャッチボールや登板間隔まで細かく管理するような、メジャーリーグに多く見られる継投策を導入。阪神の勝ちパターンの継投であるJFKの3人(ジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之)は長きにわたり好成績を残した。2011年には中日の浅尾拓也が中継ぎ投手としては初のMVPを受賞している。リリーフ フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た浅尾拓也浅尾拓也

    10月22日 - 浅尾拓也、プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード