92件中 11 - 20件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たnobodyknows+

    登板時:「1-9(Theme from No.41)」nobodyknows\+(2010年?)浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た大竹寛

    初安打:2007年5月9日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、2回表に大竹寛から左越三塁打浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た落合博満

    2011年まで中日監督を務めた落合博満からは、「浅尾と岩瀬でやられたら仕方ないんだから。それだけ2人を信頼している」と岩瀬仁紀と共に大きな信頼を寄せられ、2009年から2011年にかけては218試合に登板。この間は登板過多も指摘されたが、本人は「イニング跨ぎは難しいが、1イニングだけなら何試合でも投げられる」と答えている。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た藤川球児

    、シーズン前にはテレビ愛知「ユメスポ」の企画で、名古屋グランパスの小川佳純との同級生トークを行った。シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対巨人戦で藤川球児が記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。9月12日の対横浜戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、これまた日本新記録となるシーズン47ホールドを記録した。この年は、権藤博の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1.68、WHIP0.87の大活躍で最優秀中継ぎ投手に輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た関本賢太郎

    入団時の会見でセールスポイントとして「牽制とフィールディング」を最初にアピールし、バント処理でそのフィールディングの良さが見られ、2010年4月3日の阪神戦で関本賢太郎の送りバントをダブルプレーにした際には、落合から「あのバント処理は浅尾にしかできない」と評され、2011年にはゴールデングラブ賞を受賞している。フィールディングを磨くため、試合前の守備練習では吉見一起と共に遊撃手または二塁手の守備位置に入り練習を行うのが日課となっている。打撃では、投手ながらプロ初安打で三塁打を放ち、2007年には11打数3安打(打率.273)を記録している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た小川佳純

    、シーズン前にはテレビ愛知「ユメスポ」の企画で、名古屋グランパスの小川佳純との同級生トークを行った。シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対巨人戦で藤川球児が記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。9月12日の対横浜戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、これまた日本新記録となるシーズン47ホールドを記録した。この年は、権藤博の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1.68、WHIP0.87の大活躍で最優秀中継ぎ投手に輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た山本昌

    アーレックス(2011年-。山本昌、和田一浩(2012年?)と共演。ガッツナイター限定)浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た佐伯貴弘

    、昨年に続いてセットアッパーを務める。昨年共に活躍した高橋聡文を故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。負担が大きい中、79試合(87回1/3)に登板して7勝2敗10S、防御率0.41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0.82で被本塁打0という驚異の成績を残した。9月13日の対阪神戦でジェフ・ウィリアムスの持つ通算ホールドポイント日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイントを記録し、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。リーグ優勝した10月18日の横浜戦(横浜スタジアム)ではロングリリーフを任され2回1/3を無失点、最後の打者を空振り三振に仕留めて胴上げ投手となった。これらの活躍が認められリーグMVPに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるゴールデングラブ賞を獲得した。2011年のリーグ連覇後、中日スポーツに手記を寄せている。本人曰く、この年は開幕戦でサヨナラでの負け投手になり、その時はブルペンでストライクが1球も入らない程最悪のスタートだったという。その時この年から中日に加入した佐伯貴弘から5月13日の阪神戦(甲子園)で3連打されて1点を失った試合後に「俺が対戦していた時のタクはガムシャラに腕を振っていた。どんどん攻めてきた。そこが嫌だったんだよ」と言われたこと、9月23日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で押し出し四球でマキシモ・ネルソンの勝ちを消した試合で(本人曰く、押し出し四球はプロに入ってこの時が初めてだった)、通路奥で帽子を投げつけたシーンをテレビで見ていた父親からプロに入って初めて試合後に電話がかかってきたこと、この二つが2011年の転機だったと語っている。また、その佐伯からはクライマックスシリーズにて「いつも通りが今のMAX」という言葉を帽子に記してもらったが、これは浅尾本人が何か力になる言葉をくれという要望に応えてもらったとの事。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た桑田真澄

    、故障の影響から開幕を二軍で迎えた。その後復帰し、一軍に昇格して中継ぎで登板。オールスター後から北京オリンピック開催中は、日本代表に招集された岩瀬仁紀に代わって守護神を務め、8月7日の対ヤクルト戦でプロ初セーブを挙げた。その後は戦列復帰した岩瀬へ繋ぐ「勝利の方程式」として、勝ちパターンでのセットアッパーとして起用された。同年は抜け球が多い傾向にあり、暴投0、死球3と数字こそごく普通のものだったが、3死球全てが打者の頭部に当たって危険球退場になっている。通算3回の危険球退場は、桑田真澄と並ぶプロ野球タイ記録であり、浅尾はわずか1年で並んでしまった。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た渡辺俊介

    初打点:2007年6月11日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(ナゴヤドーム)、3回裏に渡辺俊介から右前適時打浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード