101件中 41 - 50件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た清水昭信

    中学では捕手として軟式野球部に所属。愛知県立常滑北高等学校(現・愛知県立常滑高等学校)入学後も捕手を務めたが、投手不足の事情から2年生秋に投手に転向。卒業後日本福祉大学に進学。愛知大学リーグの2部と3部のリーグで通算53試合に登板し、21勝9敗の成績を残した。2006年秋季の2部リーグでは名古屋産業大学との対戦でノーヒットノーランを達成した。愛知大学野球リーグ1部2部入れ替え戦で、同期入団の清水昭信(名城大学)に投げ勝ち、チームを1部昇格に導いた。大学入学時には138km/hだった球速は、2年秋に140km/hを突破し、4年秋に最速152km/hを記録している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たMachaco

    「あの夏の日 feat. Machaco」nobodyknows+(2015年シーズン途中?、登板時)浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た内川聖一

    '、昨年に続いてセットアッパーを務める。昨年共に活躍した高橋聡文を故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。負担が大きい中、前年の記録を塗り替える球団記録の79試合(87回1/3)に登板して7勝2敗10S、防御率0.41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0.82で被本塁打0という驚異の成績を残した。9月13日の対阪神戦でジェフ・ウィリアムスの持つ通算ホールドポイント日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイント'を記録し、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。リーグ優勝した10月18日の横浜戦(横浜スタジアム)ではロングリリーフを任され2回1/3を無失点、最後の打者となった筒香嘉智を空振り三振に仕留めて胴上げ投手となった。これらの活躍が認められリーグMVPに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるゴールデングラブ賞を獲得した。日本シリーズでは第7戦で7回から登板。二死二塁で内川聖一と両リーグのMVP同士の対戦となったが、甘く入った2球目の直球をセンター前にはじき返され、ホークスの日本一を決定付ける3点目を失い、チームは2年連続で日本一を逃した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たフレッシュオールスターゲーム

    ''、4月10日の対阪神タイガース戦で、リリーフとしてプロ入り初登板を果たす。4月24日の対広島東洋カープ戦では1回3奪三振でプロ初勝利を挙げる。5月9日の対広島戦で初先発。本塁打を2本打たれたが失点はこの2点だけで、6回3安打2失点でプロ2勝目を挙げた。更にフレッシュオールスターゲームに出場し、セーブを挙げる。後半戦は肩を痛め、ほとんど登板機会はなかった。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た軟式野球

    中学では捕手として軟式野球部に所属。愛知県立常滑北高等学校(現・愛知県立常滑高等学校)入学後も捕手を務めたが、投手不足の事情から2年生秋に投手に転向。卒業後日本福祉大学に進学。愛知大学リーグの2部と3部のリーグで通算53試合に登板し、21勝9敗の成績を残した。2006年秋季の2部リーグでは名古屋産業大学との対戦でノーヒットノーランを達成した。愛知大学野球リーグ1部2部入れ替え戦で、同期入団の清水昭信(名城大学)に投げ勝ち、チームを1部昇格に導いた。大学入学時には138km/hだった球速は、2年秋に140km/hを突破し、4年秋に最速152km/hを記録している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た埼玉西武ライオンズ

    2006年のドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。日本福祉大学第1号のプロ野球選手となった。ドラフト前は西武ライオンズ・ヤクルトスワローズもマークしていたが「中日以外の球団から指名されれば社会人野球の東邦ガスに進む」と宣言。西武は強行指名も辞さない構えだったが、直前になって指名を回避した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た開幕投手

    '、初の開幕一軍入りを果たし、前年の好成績から自身初の開幕投手を務めて、勝利投手となった(当時コーチだった森繁和曰く、失敗させてリリーフに回すつもりで投げさせたのが勝ってしまった為、先発を続ける事になったという)。しかし、それ以後は先発で結果を残すことが出来ず、再度セットアッパーとして起用される。7月にはセ・リーグ新記録となる月間11ホールド'を記録し、月間MVPを受賞した。終盤では体調不良の岩瀬に代わり、再び守護神を務めた。この年はチーム最多の67試合に登板したが、ヤクルト戦の対戦成績が1勝5敗、対戦防御率8.14と打ち込まれたことが響いてチームワーストの9敗を喫した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た福岡ソフトバンクホークス

    '、昨年に続いてセットアッパーを務める。昨年共に活躍した高橋聡文を故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。負担が大きい中、前年の記録を塗り替える球団記録の79試合(87回1/3)に登板して7勝2敗10S、防御率0.41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0.82で被本塁打0という驚異の成績を残した。9月13日の対阪神戦でジェフ・ウィリアムスの持つ通算ホールドポイント日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイント'を記録し、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。リーグ優勝した10月18日の横浜戦(横浜スタジアム)ではロングリリーフを任され2回1/3を無失点、最後の打者となった筒香嘉智を空振り三振に仕留めて胴上げ投手となった。これらの活躍が認められリーグMVPに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるゴールデングラブ賞を獲得した。日本シリーズでは第7戦で7回から登板。二死二塁で内川聖一と両リーグのMVP同士の対戦となったが、甘く入った2球目の直球をセンター前にはじき返され、ホークスの日本一を決定付ける3点目を失い、チームは2年連続で日本一を逃した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た広島市民球場 (初代)

    初先発・初先発勝利:2007年5月9日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、6回2失点浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たONE PIECE

    漫画「ONE PIECE」のファンで、休日には自宅でコミックスを読んでいる。チーム内では岩瀬や高橋聡文(現阪神)もファンである。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード