101件中 51 - 60件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た阪神甲子園球場

    初登板:2007年4月10日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に3番手で救援登板、1回無失点浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たナゴヤドーム

    初勝利:2007年4月24日、対広島東洋カープ3回戦(ナゴヤドーム)、12回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たアーレックス

    アーレックス(2011年-。山本昌、和田一浩(2012年?)と共演。ガッツナイター限定)浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た横浜スタジアム

    '、昨年に続いてセットアッパーを務める。昨年共に活躍した高橋聡文を故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。負担が大きい中、前年の記録を塗り替える球団記録の79試合(87回1/3)に登板して7勝2敗10S、防御率0.41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0.82で被本塁打0という驚異の成績を残した。9月13日の対阪神戦でジェフ・ウィリアムスの持つ通算ホールドポイント日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイント'を記録し、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。リーグ優勝した10月18日の横浜戦(横浜スタジアム)ではロングリリーフを任され2回1/3を無失点、最後の打者となった筒香嘉智を空振り三振に仕留めて胴上げ投手となった。これらの活躍が認められリーグMVPに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるゴールデングラブ賞を獲得した。日本シリーズでは第7戦で7回から登板。二死二塁で内川聖一と両リーグのMVP同士の対戦となったが、甘く入った2球目の直球をセンター前にはじき返され、ホークスの日本一を決定付ける3点目を失い、チームは2年連続で日本一を逃した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た最優秀中継ぎ投手

    '、シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対巨人戦でに藤川球児が記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。9月12日の対横浜ベイスターズ戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、これまた日本新記録となるシーズン47ホールド'を記録した。この年は、権藤博の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1.68、WHIP0.87の大活躍で最優秀中継ぎ投手に輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た明治神宮野球場

    初ホールド:2007年4月21日、対東京ヤクルトスワローズ4回戦(明治神宮野球場)、5回裏無死に4番手で救援登板、2回1失点浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た知多市

    浅尾 拓也(あさお たくや、1984年10月22日 - )は、愛知県知多市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た中日スポーツ

    チーム内では高橋や吉見一起と仲が良い。中日スポーツで2011年のMVPに選ばれるかどうかと聞かれた際にも「吉見じゃないんですか」と発言している。一方、吉見の方も同じ質問で「タクでしょう」と答えている。また、野手では野本圭と仲が良い。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た最優秀選手 (日本プロ野球)

    '、昨年に続いてセットアッパーを務める。昨年共に活躍した高橋聡文を故障で欠いた影響でロングリリーフを任されることも多く、さらに所々で岩瀬に代わって抑えとして登板することもあった。負担が大きい中、前年の記録を塗り替える球団記録の79試合(87回1/3)に登板して7勝2敗10S、防御率0.41、共にリーグ1位の45ホールド・52ホールドポイント、WHIP0.82で被本塁打0という驚異の成績を残した。9月13日の対阪神戦でジェフ・ウィリアムスの持つ通算ホールドポイント日本プロ野球記録(154HP)に並び、9月17日の対巨人戦でプロ野球新記録となる通算155ホールドポイント'を記録し、2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き球団史上初のリーグ連覇に大きく貢献した。リーグ優勝した10月18日の横浜戦(横浜スタジアム)ではロングリリーフを任され2回1/3を無失点、最後の打者となった筒香嘉智を空振り三振に仕留めて胴上げ投手となった。これらの活躍が認められリーグMVPに選出された他、シーズンを通じて先発登板が一度もない投手としては両リーグ通じて初となるゴールデングラブ賞を獲得した。日本シリーズでは第7戦で7回から登板。二死二塁で内川聖一と両リーグのMVP同士の対戦となったが、甘く入った2球目の直球をセンター前にはじき返され、ホークスの日本一を決定付ける3点目を失い、チームは2年連続で日本一を逃した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た遊撃手

    入団時の会見では、セールスポイントとして速球よりも「牽制とフィールディング」を最初にアピールしている。バント処理でそのフィールディングの良さが見られ、2010年4月3日の阪神戦で関本賢太郎の送りバントをダブルプレーにした際には、監督の落合博満から「あのバント処理は浅尾にしかできない」と評され、2011年にはゴールデングラブ賞を受賞している。フィールディングを磨くため、試合前の守備練習では吉見一起と共に遊撃手または二塁手の守備位置に入り練習を行うことが日課となっている。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード