101件中 81 - 90件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た日本福祉大学

    中学では捕手として軟式野球部に所属。愛知県立常滑北高等学校(現・愛知県立常滑高等学校)入学後も捕手を務めたが、投手不足の事情から2年生秋に投手に転向。卒業後日本福祉大学に進学。愛知大学リーグの2部と3部のリーグで通算53試合に登板し、21勝9敗の成績を残した。2006年秋季の2部リーグでは名古屋産業大学との対戦でノーヒットノーランを達成した。愛知大学野球リーグ1部2部入れ替え戦で、同期入団の清水昭信(名城大学)に投げ勝ち、チームを1部昇格に導いた。大学入学時には138km/hだった球速は、2年秋に140km/hを突破し、4年秋に最速152km/hを記録している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たWHIP

    '、シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対巨人戦でに藤川球児が記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。9月12日の対横浜ベイスターズ戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、これまた日本新記録となるシーズン47ホールド'を記録した。この年は、権藤博の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1.68、WHIP0.87の大活躍で最優秀中継ぎ投手に輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た横浜DeNAベイスターズ

    '、シーズンでは年間通してセットアッパーを務め、9月5日の対巨人戦でに藤川球児が記録した日本記録を更新する21試合連続ホールドポイントを達成。9月12日の対横浜ベイスターズ戦では日本新記録となるシーズン59ホールドポイントを挙げると、9月25日の対横浜戦で、これまた日本新記録となるシーズン47ホールド'を記録した。この年は、権藤博の球団記録を更新する72試合に登板し、リリーフだけで12勝3敗1S、防御率1.68、WHIP0.87の大活躍で最優秀中継ぎ投手に輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。またホールドとホールドポイントのシーズン日本新記録達成、連続試合ホールドポイントの日本記録達成に対して連盟特別表彰(連盟特別賞)を贈られた。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た盗塁

    投球フォームはテークバックが小さく腕の振りが速いスリークォーターで、これは高校時代に投手へ転向する前にやっていた捕手の投げ方が影響しており、浅尾曰く「何度も直そうとしたがどうしてもこの投げ方に戻ってしまう」という。クイックで走者の盗塁を防ぐことが多く、赤星憲広も上記の牽制・フィールディング・クイックを高く評価しており、赤星の現役時代は「浅尾選手がマウンドにいるときだけは盗塁をしようと思わなかった」と語っている。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たスライダー (球種)

    細身の体から繰り出される平均球速約149km/h、最速157km/hの速球が最大の武器。ストレートと縦に曲がるスライダー、平均球速約138km/hの高速フォーク(握りが浅く、SFFに近い)、120km/h台のパームを持ち球として打者のタイミングを狂わす投球を持ち味としている。但し本人は「スライダーに自信はない」、「パームは抜けることが多いのでリリーフになってからはあまり投げていない」と発言している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た捕手

    中学では捕手として軟式野球部に所属。愛知県立常滑北高等学校(現・愛知県立常滑高等学校)入学後も捕手を務めたが、投手不足の事情から2年生秋に投手に転向。卒業後日本福祉大学に進学。愛知大学リーグの2部と3部のリーグで通算53試合に登板し、21勝9敗の成績を残した。2006年秋季の2部リーグでは名古屋産業大学との対戦でノーヒットノーランを達成した。愛知大学野球リーグ1部2部入れ替え戦で、同期入団の清水昭信(名城大学)に投げ勝ち、チームを1部昇格に導いた。大学入学時には138km/hだった球速は、2年秋に140km/hを突破し、4年秋に最速152km/hを記録している。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た2010年の日本シリーズ

    千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは4試合に登板するが、第6戦以降から大ブレーキ。第6戦で2イニングを投げるもサブローに同点タイムリーを打たれて、チームは引き分け。第7戦ではシーズン中にもなかった4イニング登板を果たすが、慣れない4イニング目に延長12回今江敏晃に四球を与え、岡田幸文に決勝の適時三塁打を打たれて自滅。敗戦投手になった。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    150ホールド:2012年5月12日、対広島東洋カープ8回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、8回裏に3番手で救援登板、1回無失点 ※史上初浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た二塁手

    入団時の会見では、セールスポイントとして速球よりも「牽制とフィールディング」を最初にアピールしている。バント処理でそのフィールディングの良さが見られ、2010年4月3日の阪神戦で関本賢太郎の送りバントをダブルプレーにした際には、監督の落合博満から「あのバント処理は浅尾にしかできない」と評され、2011年にはゴールデングラブ賞を受賞している。フィールディングを磨くため、試合前の守備練習では吉見一起と共に遊撃手または二塁手の守備位置に入り練習を行うことが日課となっている。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見たクイックモーション

    投球フォームはテークバックが小さく腕の振りが速いスリークォーターで、これは高校時代に投手へ転向する前にやっていた捕手の投げ方が影響しており、浅尾曰く「何度も直そうとしたがどうしてもこの投げ方に戻ってしまう」という。クイックで走者の盗塁を防ぐことが多く、赤星憲広も上記の牽制・フィールディング・クイックを高く評価しており、赤星の現役時代は「浅尾選手がマウンドにいるときだけは盗塁をしようと思わなかった」と語っている。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「浅尾拓也」のニューストピックワード