58件中 21 - 30件表示
  • ものまねグランプリ〜ザ・サバイバル〜第2回の詳細

    ものまねグランプリ〜ザ・サバイバル〜第2回の詳細から見た浅尾美和浅尾美和

    石井寛子 - 「運動音痴な浅尾美和」、梅小鉢高田 - 「高音が出にくい持田香織」、うをとも - 「椎名林檎」、オバアチャン赤枝 - 「加藤浩次」ものまねグランプリ〜ザ・サバイバル〜第2回の詳細 フレッシュアイペディアより)

  • SPORTS STADIUM

    SPORTS STADIUMから見た浅尾美和浅尾美和

    『SPORTS STADIUM』というタイトルを冠していながら毎回特集するのはプロ野球とJリーグで、それ以外のスポーツを取り上げる機会は非常に少ないが、2002年まではボクシングも同等の扱いで特集していたことがある。また、2008年4月20日放送分では中京テレビ主催のビーチバレー大会のPRを兼ねて、同大会に出場する地元三重県出身者の浅尾美和を特集した。その一方で、一時期グランパス関連の情報コーナーを休止していたこともある。SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • ワクドキ!元気

    ワクドキ!元気から見た浅尾美和浅尾美和

    ビーチバレー選手・浅尾美和がはじめてテレビ出演した番組である。ワクドキ!元気 フレッシュアイペディアより)

  • 草野歩

    草野歩から見た浅尾美和浅尾美和

    2009年12月ロンドン五輪出場を目指して浅尾美和とパートナー結成。それに伴い浅尾が所属するエスワンに移籍。草野歩 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年のスポーツ

    1986年のスポーツから見た浅尾美和浅尾美和

    2月2日 - 浅尾美和(三重県、ビーチバレー)1986年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • Vanilla (イメージガール)

    Vanilla (イメージガール)から見た浅尾美和浅尾美和

    2007年12月31日放送の『ジャンクSPORTS 今年最後の2大決戦!浜田のハダカ祭りスペシャル』(フジテレビ系)では、浅尾美和や西堀健実が参加したビーチバレー対決を佐々木綾美と共に観戦・応援していた。Vanilla (イメージガール) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日健太郎

    朝日健太郎から見た浅尾美和浅尾美和

    2002年、当時全日本男子バレーボールチームの主力であったにもかかわらず、突如ビーチバレー転向を宣言し、バレー界を驚嘆させる。浅尾美和のビーチバレー人気と同時期に活躍するが、世間からビーチバレーは男子もあるのか、と世間から認知を得るには時間がかかった。朝日健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の日本

    2000年代の日本から見た浅尾美和浅尾美和

    安藤美姫・浅田真央が人気となったフィギュアスケート、石川遼が人気のゴルフ、錦織圭が人気のテニス、浅尾美和が人気となったビーチバレーなどでは、アイドル的なスター選手が競技全体の人気を牽引した。2000年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ビオレ

    ビオレから見た浅尾美和浅尾美和

    浅尾美和 - 洗顔フォームビオレ フレッシュアイペディアより)

  • ビーチバレー

    ビーチバレーから見た浅尾美和浅尾美和

    当初は室内の選手がシーズンオフとなる夏場に調整を兼ねて競技に参加していた(川合も当時は富士フイルムの選手だった)が、次第にビーチ専門の選手も増加の一途を辿っている。オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞している。2002年、西村晃一と浦田聖子は日本初のビーチバレーのプロチーム、ウィンズを設立した。2004年にビーチバレーに転向した浅尾美和は、モデルなどの活動を通してこれまでビーチバレーに関心の低かった層からも大きな注目を集めている。ビーチバレー フレッシュアイペディアより)

58件中 21 - 30件表示

「浅尾美和」のニューストピックワード