浅草サンバカーニバル ニュース&Wiki etc.

浅草サンバカーニバル(あさくさサンバカーニバル)は、東京都台東区浅草で行われるサンバのパレード及びコンテストである。第1回は1981年に行われ、2012年で31回を迎えた。日本で最大のサンバカーニバルのコンテストとして知られる。 (出典:Wikipedia)

「浅草サンバカーニバル」Q&A

  • Q&A

    浅草のサンバカーニバルは中止にすべきではないでしょうか? 完全なる公然わいせつです。…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2016年10月20日 17:27

  • Q&A

    浅草サンバカーニバルに出場できるのは女性のみですか? やはり、男は出場できないのでし…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月5日 03:19

  • Q&A

    浅草サンバカーニバルなどで、アップで写真撮影をする人が問題になっていると思います。そ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月29日 03:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「浅草サンバカーニバル」のつながり調べ

  • 阿波踊り

    阿波踊りから見た浅草サンバカーニバル

    「東京高円寺阿波おどり」は、高円寺の商店街の青年部が町おこしとして始めたものである。当初は隣町の阿佐ヶ谷七夕祭りに対抗して夏のイベント用に阿波おどりに似た踊りで開始され、やがて都内在住の徳島県出身者から指導を受ける形で発展した。例年120万人程度の人出があり、例年同日に行われる浅草サンバカーニバルと共に、東京の代表的な夏祭りの1つとなっている。現在は、地元商店街、町会が中心となって発足したNPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会が主催している(詳細は東京高円寺阿波おどりを参照)。(阿波踊り フレッシュアイペディアより)

  • 浅草

    浅草から見た浅草サンバカーニバル

    テレビの普及に因り昭和30年代後半から六区にあった映画館が次々と閉館し、それらの煽りで昭和40年代に入るとめっきり人通りは減少した。しかし平成を迎え浅草サンバカーニバルや隅田川花火大会などの開催がテレビで取り上げられるようになると徐々に活気を取り戻すようになる。加えて地方から観光バスが来るようになり、また人力車などの観光ガイドなどが雷門周辺に現れるようにもなった。更には昭和を懐かしむ高齢の観光客が増加していることや、羽田空港・成田空港の両空港と鉄道で直結されるようになったこと、つくばエクスプレスの開通効果でマンション建設、飲食店の新規出店、雑誌やTV番組のグルメレポートで紹介された店目当てに訪れる人々が増えたこともあって平日でも賑わうようになってきている。そして外国人観光客は移り変わりの激しい銀座よりも昔ながらの佇まいを色濃く残す浅草を東京の名所として訪れる傾向が強くなり、宿は浅草地区を代表する浅草ビューホテルの需要が著しく高い。隅田川を隔てて望む東京スカイツリーが建設されるようになると隅田公園での桜まつりは史上空前の賑わいを見せた。(浅草 フレッシュアイペディアより)

「浅草サンバカーニバル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「浅草サンバカーニバル」のニューストピックワード