31件中 11 - 20件表示
  • 夏美れい

    夏美れいから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    クラシックで培われたリズム感を生かしダンスの分野でも活躍。官能的かつ情熱的なラテンダンスを得意とし、浅草サンバカーニバルでは優勝チームに参加、キューバ国立民族舞踊団にてサルサを学び、コシノジュンコのコレクションにダンサーとして出演、World Salsa Congress(サルサ世界大会in LA)にはアジア代表として出場経験を持つ。また、英国オックスフォード大学短期留学中に本場のボールルームダンスに魅せられ、ソシアルダンスを習得、2007年8月に行われたマイスターダンス選手権大会Latin American4種目総合の部で優勝。夏美れい フレッシュアイペディアより)

  • ディアナ・アルファロ

    ディアナ・アルファロから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    ダンスフリークで浅草サンバカーニバルに出演経験あり。その他、ベリーダンスを習っている。ディアナ・アルファロ フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス南千住営業所

    都営バス南千住営業所から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    浅草周辺ではよく迂回運転が行われる。代表的なものを挙げると、正月三が日、浅草サンバカーニバル、三社祭など。また、隅田川花火大会開催中は、錦糸町駅 - 本所吾妻橋と日暮里駅 - 浅草二丁目の折返し運転が行われる。なお、幕車では行先が出なかったが、近年導入されたLED行先方向器を備えた車両では、「(花火)本所吾妻橋」の表示が掲出される。都営バス南千住営業所 フレッシュアイペディアより)

  • HERO (テレビドラマ)

    HERO (テレビドラマ)から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    第2期のヒロイン、劇場版2作目での久利生の検察事務官。久利生が着任する以前は江上の事務官を務めていた。木更津出身の元ヤンキー。本人はヤンキー時代のことを「マイルドなヤンキー」だと言うくらいひた隠しにしており、普段は凛とした雰囲気を保っているが、時折目力が強くなったり被疑者に対して厳しい言葉を浴びせるなど、時々元ヤンらしさがでるため、同僚からは密かに恐れられている。華奢な見た目に反して大食いであり、本人曰くいくら食べても太らない体質だと話し、毎日1人で趣味の外食を楽しんでいる。サンバにはまっており、浅草サンバカーニバルに参加したことがあると宇野に話していた。HERO (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 柏まつり

    柏まつりから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    お隣の松戸市を拠点とするサンバグループで、例年浅草サンバカーニバルにも参加する「フロール・ヂ・マツド・セレージャ」によるパレード。柏まつり フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川花火大会

    隅田川花火大会から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    2011年(第34回大会)は東日本大震災の影響で都内の花火大会が次々と中止を決める中、東京都副知事猪瀬直樹が8月27日に日程を変更して開催することを表明した。この開催延期の影響に伴い、浅草サンバカーニバルの開催が中止となる事態が発生した。隅田川花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス

    首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    浅草サンバカーニバル - 日本最大のサンバカーニバル首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • サンバ (ブラジル)

    サンバ (ブラジル)から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    しかし、1981年に浅草で始まった浅草サンバカーニバルが、現在も毎年8月に開催されており、日本で行われるサンバカーニバル、イベントの代表的なイベントとなったことから、より正確なイメージのサンバが全国的に紹介されるようになった。このほか首都圏ではサンバ関連のパレードも多く行われるが、静岡のシズオカ・サンバカーニバル(5月)、神戸の神戸まつり(5月)、沖縄の沖縄サンバカーニバル(11月)など、多くの地域でサンバイベントが定番化している。日本におけるサンバチームも次第に増えつつあり、旅費も昔と比べて安くなった事からブラジルに行く人も多くなった。また日本に出稼ぎで定住する日系ブラジル人もサンバの裾野を広げることに貢献している。1982年にはの楽曲「愛のサンバは永遠に」を伊藤愛子が日本語詞で歌唱し紹介した。サンバ (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・メンデス

    セルジオ・メンデスから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    アルバム「Brasileiro」は彼名義のアルバムであるが、実際はカルニーニョス・ブラウンやギンガといった、当時ブラジルの新進気鋭のミュージシャンと彼らの作品・演奏を集めてプロデュースしたものである。そのため、彼の従来のアルバムとはまったく違い、ステレオタイプなイメージのボサノヴァやサンバに収まらない異色作となっている。なお、オープニング・ナンバーの「Fanfarra - ファンファーハ」は100名を越えるバテリア(打楽器隊)による典型的なサンバ・バトゥカーダであり、特にイントロダクションのコール&レスポンス(打楽器の掛け合い演奏)は、日本の「浅草サンバカーニバル」などに出場するサンバチームが練習する定番のパターンとなっている。セルジオ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • 神戸まつり

    神戸まつりから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    1996年以降、7月20日が海の日として祝日になったことから、この日を中心とした開催に移動した。この年は各種企業や団体などから多くの協賛金が集まり、姉妹都市であるリオ・デ・ジャネイロから200名を越すエスコーラ・ジ・サンバの人たちが招聘され、また東京の浅草サンバカーニバルをはじめ全国のお祭りやパレードに出場するサンバチームも招待され、2日間にわたりパフォーマンスを繰り広げた。神戸まつり フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「浅草サンバカーニバル」のニューストピックワード