24件中 11 - 20件表示
  • 綜合警備保障

    綜合警備保障から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    2012年は、前年好評だった「ALSOK体操」の出演者に伊調馨を加え、阿波踊り(徳島県)やエイサー(沖縄県)、浅草サンバカーニバル(東京都)などの踊り子たちも参加し、「日本全国ALSOK体操」と銘打って展開している。この「ALSOK体操」は日本テレビ系「笑点」の大喜利にて林家たい平がネタに使用しており、2013年元日に放送された特番のコーナー「振袖大喜利」に吉田が出演して競演も実現した。綜合警備保障 フレッシュアイペディアより)

  • 祭

    から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    例として、浜松まつりや博多どんたく、YOSAKOIソーラン祭り、浅草サンバカーニバル、ひろしまフラワーフェスティバル。 フレッシュアイペディアより)

  • 伴淳三郎

    伴淳三郎から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    浅草サンバカーニバルを発案したり、募金運動のあゆみの箱の提唱者でもある。関西出身ではないのに「関西喜劇人協会」の会長をつとめたり、若き時代の渥美清や生田悦子をイビリ倒していたなどのエピソードも残されている。伴淳三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 都営バス南千住営業所

    都営バス南千住営業所から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    浅草周辺ではよく迂回運転が行われる。代表的なものを挙げると、正月三が日、浅草サンバカーニバル、三社祭など。また、隅田川花火大会開催中は、錦糸町駅 - 本所吾妻橋と日暮里駅 - 浅草二丁目の折返し運転が行われる。なお、幕車では行先が出なかったが、近年導入されたLED行先方向器を備えた車両では、「(花火)本所吾妻橋」の表示が掲出される。都営バス南千住営業所 フレッシュアイペディアより)

  • サンバ (ブラジル)

    サンバ (ブラジル)から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    しかし、1981年に浅草で始まった浅草サンバカーニバルが、現在も毎年8月に開催されており、日本で行われるサンバカーニバル、イベントの代表的なイベントとなったことから、より正確なイメージのサンバが全国的に紹介されるようになった。このほか首都圏ではサンバ関連のパレードも多く行われるが、静岡のシズオカ・サンバカーニバル(5月)、神戸の神戸まつり(5月)、沖縄の沖縄サンバカーニバル(11月)など、多くの地域でサンバイベントが定番化している。日本におけるサンバチームも次第に増えつつあり、旅費も昔と比べて安くなった事からブラジルに行く人も多くなった。また日本に出稼ぎで定住する日系ブラジル人もサンバの裾野を広げることに貢献している。サンバ (ブラジル) フレッシュアイペディアより)

  • 浅草

    浅草から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    テレビの普及に因り昭和30年代後半から六区にあった映画館が次々と閉館し、それらの煽りで昭和40年代に入るとめっきり人通りは減少した。しかし平成を迎え浅草サンバカーニバルや隅田川花火大会などの開催がテレビで取り上げられるようになると徐々に活気を取り戻すようになる。加えて地方から観光バスが来るようになり、また人力車などの観光ガイドなどが雷門周辺に現れるようにもなった。更には昭和を懐かしむ高齢の観光客が増加していることや、羽田空港・成田空港の両空港と鉄道で直結されるようになったこと、つくばエクスプレスの開通効果でマンション建設、飲食店の新規出店、雑誌やTV番組のグルメレポートで紹介された店目当てに訪れる人々が増えたこともあって平日でも賑わうようになってきている。そして外国人観光客は移り変わりの激しい銀座よりも昔ながらの佇まいを色濃く残す浅草を東京の名所として訪れる傾向が強くなり、宿は浅草地区を代表する浅草ビューホテルの需要が著しく高い。隅田川を隔てて望む東京スカイツリーが建設されるようになると隅田公園での桜まつりは史上空前の賑わいを見せた。浅草 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川花火大会

    隅田川花火大会から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    2011年は東日本大震災の影響で都内の花火大会が次々と中止を決める中、東京都副知事猪瀬直樹が8月27日に日程を変更して開催することを表明した。この影響により、浅草サンバカーニバルの開催が中止となっている。隅田川花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ放送局

    ジャンプ放送局から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    コミックス22〜24巻の間の担当。JBSの終幕を見届けた、最後の担当。名前の読みは「おおがみ」ではなく「おおうえ」。上記の瓶子と同期入社で、ジャンプ編集部に来る前は「週刊プレイボーイ」にいたらしい。鼻筋が長い縦長の顔で、土居のイラストが本当に自分にそっくりで感動したらしい。浅草サンバカーニバルに毎年出場しているらしく、初登場シーズンの本誌イラストでは上半身裸に腰ミノ、コステイロ(羽根飾りの背負子)、太鼓というサンバ風の扮装をしていた。ジャンプ放送局 フレッシュアイペディアより)

  • 阿波踊り

    阿波踊りから見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    「東京高円寺阿波おどり」は、高円寺の商店街の青年部が町おこしとして始めたものである。当初は隣町の阿佐ヶ谷七夕祭りに対抗して夏のイベント用に阿波おどりに似た踊りで開始され、やがて都内在住の徳島県出身者から指導を受ける形で発展した。例年120万人程度の人出があり、例年同日に行われる浅草サンバカーニバルと共に、東京の代表的な夏祭りの1つとなっている。現在は、地元商店街、町会が中心となって発足したNPO法人東京高円寺阿波おどり振興協会が主催している(詳細は東京高円寺阿波おどりを参照)。阿波踊り フレッシュアイペディアより)

  • 大原大次郎

    大原大次郎から見た浅草サンバカーニバル浅草サンバカーニバル

    149-4「男のサンバカーニバルの巻」では、両津が浅草サンバカーニバルの審査員全員に下剤を飲ませ、審査員を勝手に交代させて自分のチームを有利にしようとしたため、「隅田川悪魔流し」と称して両津を磔状態のまま川に流した。大原大次郎 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「浅草サンバカーニバル」のニューストピックワード