浅草寺 ニュース&Wiki etc.

浅草寺(せんそうじ)は東京都台東区浅草二丁目にある東京都内最古の寺である。山号は金龍山。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。元は天台宗に属していたが第二次世界大戦後独立し、聖観音宗の総本山となった。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。東京都内では、唯一の坂… (出典:Wikipedia)

「浅草寺」Q&A

  • Q&A

    心霊写真が撮れてしまいました。スマートフォンで撮ったので不具合なのかも知れませんが写…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 01:08

  • Q&A

    浅草のお寺でおみくじを引きました。 引き出しから紙を取った時に、間違って二枚取ってし…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月28日 12:41

  • Q&A

    浅草の浅草寺参道のお店に置いてある色とりどりの扇子が外国人のお土産として人気のようで…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月18日 08:43

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「浅草寺」のつながり調べ

  • 歯磨剤

    歯磨剤から見た浅草寺

    日本では1625年、丁字屋喜左衛門が江戸で「丁字屋歯磨」「大明香薬」と呼ばれる歯磨き粉を販売開始した。この歯磨き粉の成分は琢砂という非常に目の細かい研磨砂に、丁字や龍脳などの各種漢方薬を配合したものであり、「歯を白くする」「口の悪しき匂いを去る」というキャッチコピーも添えられていた。江戸の庶民は、この類の歯磨き粉と房楊枝を使用して歯磨きを行うことが日常習慣となっており、当時の浅草寺には200軒もの房楊枝屋が並ぶほどの繁盛ぶりであった。(歯磨剤 フレッシュアイペディアより)

  • 霜夜鐘十字辻筮

    霜夜鐘十字辻筮から見た浅草観音

    (奥山茶見世の場)吉原の花魁小紫は演説家の楠石斎に身請けされ、今はお村と名を改め幸せに暮らしていたが、石斎とのあいだに設けた子を生まれてすぐに亡くしていた。今日はその四十九日とて女中を供にし寺に行った帰り、浅草観音奥山の茶店に立ち寄り休んでいる。そこへ六浦正三郎が赤子の正太郎を抱えて通りかかるので、お村は声をかけた。旧幕時代に正三郎は朋輩に連れられて吉原に行き、お村こと小紫に四、五度ほど顔をあわせていたのである。正三郎の零落した姿を見てお村は憐れみ、子供の誕生祝のつもりでと三十円を渡す。正三郎も当初は辞退したものの、お村の心根に感じて金を受け取った。(霜夜鐘十字辻筮 フレッシュアイペディアより)

「浅草寺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「浅草寺」のニューストピックワード