前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
349件中 1 - 10件表示
  • 台東区

    台東区から見た浅草寺浅草寺

    江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつで、浅草にある浅草寺は建立1400年の歴史となる。江戸時代は元禄文化(町民文化)が息づき、明治期からは美術館や博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地ともなっている。関東大震災(1923年(大正12年))や第二次大戦にも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などにはいまだ大正、昭和初期の街並みや風情が残っている。台東区 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草

    浅草から見た浅草寺浅草寺

    裏浅草(観音裏、奥浅草)と称されている浅草寺以北の浅草地域には多くの中小の工場や日雇い街、吉原跡にはソープランド街が存在。浅草地域は様々な意味合いで下町らしさが色濃いエリアである。浅草 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草神社

    浅草神社から見た浅草寺浅草寺

    浅草神社(あさくさじんじゃ)は、東京都台東区浅草の浅草寺本堂右隣にある神社である。通称に三社権現(さんじゃ ごんげん)、三社様(さんじゃ さま)。5月17日の例大祭は三社祭という。浅草神社 フレッシュアイペディアより)

  • 名所江戸百景

    名所江戸百景から見た浅草寺浅草寺

    Image:100 views edo 039.jpg|39. 吾妻橋金龍山遠望名所江戸百景 フレッシュアイペディアより)

  • 太田近江大掾藤原正次

    太田近江大掾藤原正次から見た浅草寺浅草寺

    太田近江大掾藤原正次(おおたおうみだいじょうふじわらのまさつぐ)は、江戸時代に幕府御用を務めた鋳物師の名跡。出身は近江国栗太郡辻村(現・滋賀県栗東市辻)。代々「太田六右衛門」と称し、江戸深川で梵鐘や天水桶、鍋、釜などを鋳造した。江戸町民からは「釜屋六右衛門」や「釜六」の俗称で知られ、江戸の長者番付けにも名を連ねた。「太田近江大掾」の称号を受領し、享保2年(1717年)からは将軍家の「御成先御用釜師」を勤めた。代表作に台東区浅草寺の梵鐘や墨田区回向院の銅造阿弥陀如来坐像がある。太田近江大掾藤原正次 フレッシュアイペディアより)

  • 狸憑き

    狸憑きから見た浅草寺浅草寺

    明治時代。浅草寺(現・東京都台東区)の開拓によって住処を奪われた多くのタヌキたちが、人間たちに様々な乱行をはたらき、さらには寺の用人の家の娘に取りつき「私は浅草のおタヌキさんだよ」と口走るようになった。家ではタヌキを追い出そうと様々な手段を試みたが、効果はなかった。寺の大僧正・唯我韶舜らがタヌキから「自分たちを祀れば寺の守護になる」とのお告げを受けたことをきっかけに、このタヌキたちは狸神として祀られることとなり、鎮護堂として後に伝えられている。狸憑き フレッシュアイペディアより)

  • 東京時代まつり

    東京時代まつりから見た浅草寺浅草寺

    東京時代まつり(とうきょうじだいまつり)は、東京の浅草寺の周囲を練り歩く時代絵巻の祭りである。毎年11月3日(文化の日)に行われる。1988年から開始され、2010年で22回目を迎える。主催は東京時代まつり実行委員会。東京時代まつり フレッシュアイペディアより)

  • 宗派

    宗派から見た聖観音宗浅草寺

    現代日本における宗派という言葉は、場合によって意味する範囲が異なる。ひとくちに宗派と言っても、(各分派の細かい差異には目をつぶって)大まかな宗旨・宗派を漠然と意味している場合(例:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗)や、寺院の現在の所属教団名のことを意味している場合(例:真言宗醍醐派、聖観音宗)や、伝統的な宗派門流を意味している場合(例:浄土宗白旗派、日蓮宗日什門流)などがある。宗派 フレッシュアイペディアより)

  • 十三宗五十六派

    十三宗五十六派から見た浅草寺浅草寺

    「十三宗五十六派」ではないが、戦後単独宗制となった聖観音宗(総本山浅草寺)は、天台宗(総称)に分類される伝統宗教として認知されているが、それは浅草寺教団が幕末期以前に観音を本尊とする教団として成立していたからである。十三宗五十六派 フレッシュアイペディアより)

  • 丸〆猫

    丸〆猫から見た浅草寺浅草寺

    丸〆猫(まるしめのねこ)は、東京都台東区浅草二丁目3-1にある浅草寺及び浅草神社(三社様)に由来する今戸焼の招き猫。全国に「招き猫発祥の地」と呼ばれる神社仏閣が分布しているが、当時の言い伝えとともに現存する招き猫の実物や記録されたものがほとんどない。多くの招き猫発祥の地が伝説の域を出るものがほとんどないなかで、現在までのところ造形物として実在する最古の招き猫、あるいは遡ることのできる招き猫の起源と呼ばれるものである。その形状は基本的に江戸時代の今戸焼製の招き猫特有な「横座りで頭を正面向きにして招く」ポーズのものが基本で、臥して招いている古い作例も見られる。背面腰の辺りに「丸に〆」の陽刻があり、「金銭や福徳を丸く勢〆ると」という縁起かつぎの意味合いを持つ。丸〆猫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
349件中 1 - 10件表示

「浅草寺」のニューストピックワード