250件中 91 - 100件表示
  • 大谷米太郎

    大谷米太郎から見た浅草寺浅草寺

    蔵前国技館の建設にあたっては、米太郎が勧進元となり完成にこぎつけた。また浅草寺寶蔵門も、1964年に米太郎の寄進によって再建されたものである。大谷米太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 眞鍋嘉一郎

    眞鍋嘉一郎から見た浅草寺浅草寺

    晩年、ガンで入院中、妹と弟子に毎日浅草寺に参らせ、勤行を聴聞させた。2人が参拝する2時間のあいだは不思議と痛みを感じることがなかったと眞鍋本人が述白している。眞鍋嘉一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 竹田近江 (初代)

    竹田近江 (初代)から見た浅草観音浅草寺

    諸記録の伝えるところによれば、竹田近江はもと阿波国の出身であったが、江戸に住んでいたとき浅草観音より砂を動力とするからくりの工夫を授けられ(子供の砂遊びを見て思いついたともいわれる)、万治元年(1658年)京都に上り朝廷にからくり人形を献上して出雲目(さかん)を受領し竹田出雲と名乗ったが、翌年の万治2年に近江掾を再び受領し竹田近江と改名する。そののち寛文2年(1662年)大坂道頓堀において、官許を得てからくり仕掛けの芝居を興行した。竹田近江のからくり興行は竹田芝居また竹田からくりとも呼ばれ大坂の名物となり、のちに江戸でも興行されて評判となった。竹田近江 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 富籤

    富籤から見た浅草観音浅草寺

    江戸では、享保期の江戸の三富に加え、文政以降になると興行元は数十箇所へ増加した。主な寺社として浅草八幡宮、浅草観音、浅草三社、浅草念仏堂、浅草大神宮、浅草焔魔堂、本所回向院、深川霊岸寺、芝明神、愛宕山、西久保八幡宮、白山権現、根津権現、平川天神などがある。突富興行御免を受けた寺社は毎月または1年数回興行したので、好都合な財源であった。富籤 フレッシュアイペディアより)

  • 一石橋

    一石橋から見た浅草寺浅草寺

    しるべの右側には「志(知)らする方」、左側には「たづぬる方」と彫られて、上部に窪みがある。使用法は左側の窪みに迷子や尋ね人の特徴を書いた紙を貼り、それを見た通行人の中で心当たりがある場合は、その旨を書いた紙を窪みに貼って迷子、尋ね人を知らせたという。このほか浅草寺境内や湯島天神境内、両国橋橋詰など往来の多い場所に数多く設置されたようだが、現存するものは一石橋のものだけである。一石橋 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜

    笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺で日本テレビ放送網開局20周年を記念して収録したもので、日テレアーカイブに現存しているものでは一番古い大喜利の映像。笑点 ありがとう円楽さん! 〜五代目 三遊亭円楽を偲ぶ映像集〜 フレッシュアイペディアより)

  • 観音坂

    観音坂から見た浅草寺浅草寺

    聖輪寺(しょうりんじ)は、観音坂の坂下にある真言宗の寺である。山号は、観谷山福聚院。千年以上の寺歴を持つ寺で、江戸寺院中でも浅草の浅草寺と並んで最も古い寺のひとつといわれる。観音坂 フレッシュアイペディアより)

  • 火消

    火消から見た浅草寺浅草寺

    明治5年(1872年)、新政府によって町火消は消防組39組へと改められ、その活動は現在の消防団へと繋がっていく。のちに大正元年(1912年)、町火消成立以降に殉職した火消の慰霊と顕彰を目的とし、浅草寺に「消防殉職者表彰碑」が建立された。第2次世界大戦までは11月3日に、戦後は5月25日に慰霊祭が行なわれている。火消 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木其一

    鈴木其一から見た浅草寺浅草寺

    『迦陵頻図絵馬』 (浅草寺) 板絵著色 文政12年(1829年)鈴木其一 フレッシュアイペディアより)

  • 高大誦

    高大誦から見た浅草寺浅草寺

    寛文5年(1665年)に宇治黄檗山萬福寺に上り、同年7月に木庵の江戸行きに随行。唐通事を務めた。浅草寺には大誦の書「施無為」の大額が伝えられている。高大誦 フレッシュアイペディアより)

250件中 91 - 100件表示

「浅草寺」のニューストピックワード