349件中 101 - 110件表示
  • 高嵩渓

    高嵩渓から見た浅草寺浅草寺

    高嵩谷の門人。嵩谷の実子または養子と言われる。高久氏または高氏。名は信宜。字は可復。嵩渓、玄々斎、煙龍舎、睡雲子と号した。両国薬研堀に住んでおり、寛政から文化の頃に活躍していた。金龍山浅草寺に奉納した絵馬「猩々舞図」は好評を得たといわれる。享年58。墓所は蔵前の法林寺。高嵩渓 フレッシュアイペディアより)

  • 横田貢

    横田貢から見た浅草寺浅草寺

    1927年に東京・浅草清川(現台東区清川)に生まれる。高等学校教員を経て、1975年より東京成徳短期大学教授。1986年より文教大学情報学部教授を務めた。幼少時から橋場で育ったこともあり、浅草寺付近の観光地浅草ではなく観音裏以北の浅草を愛し、その著書『べらんめぇ お江戸ことばとその風土』の中で「橋場・今戸はれっきとした浅草の中の浅草」と記している。横田貢 フレッシュアイペディアより)

  • 十三詣り

    十三詣りから見た浅草寺浅草寺

    関西では七五三よりこちらの方が盛んな地域も多く、中でも京都嵐山の法輪寺・大阪の太平寺・奈良の弘仁寺が有名である。関東では村松山虚空蔵堂がある茨城県那珂郡東海村を含む茨城県北部地域で盛んなくらいであったが、最近では他の地域でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3?5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。十三詣り フレッシュアイペディアより)

  • 628年

    628年から見た浅草寺浅草寺

    東京都最古の寺院浅草寺が創建される。628年 フレッシュアイペディアより)

  • 木戸新太郎

    木戸新太郎から見た浅草寺浅草寺

    1975年(昭和50年)8月19日、脳出血のため東京の病院で死去した。享年59。浅草寺境内の「喜劇人の碑」にその名を残す。木戸新太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草文化観光センター

    浅草文化観光センターから見た浅草寺浅草寺

    当初計画では高さ41.25mであったが、街並みの調和を損なうとして浅草寺や地元商店街から反対の声が上がった。結果的に2mほど縮小し、高さ38.9mとされた。浅草文化観光センター フレッシュアイペディアより)

  • 台徳院霊廟

    台徳院霊廟から見た浅草寺浅草寺

    惣門 - 入母屋造八脚門。芝公園内、ザ・プリンスパークタワー東京の入口に建つ。建立当初は現在地より西寄りにあり、1959年に45メートル東方へ曳家された。入母屋造八脚門で、全体を朱塗とし、装飾的要素のない簡素な門である。徳川家霊廟では、奥にある建物ほど華美な装飾が施されるようになっていた。門内に安置する金剛力士(仁王)像はもと埼玉県川口市の西福寺にあったもので1948年に浅草寺に譲渡され、さらに1958年頃に現在の惣門に移された。台徳院霊廟 フレッシュアイペディアより)

  • 益田喜頓

    益田喜頓から見た浅草寺浅草寺

    1990年(平成2年)には半世紀以上住んでいた台東区西浅草を離れ、函館へ「永住帰郷」した。その後も舞台やテレビで活躍したものの、1993年(平成5年)12月1日、大腸癌のため、函館の病院で死去。84歳没。浅草寺境内の「喜劇人の碑」にその名を残す(2001年)。益田喜頓 フレッシュアイペディアより)

  • 瓜生岩子

    瓜生岩子から見た浅草寺浅草寺

    岩死の二日前の和歌という。墓は喜多方市熱塩加納町の示現寺にある。明治34年(1901年)、浅草公園に大熊氏広作の銅像(座像)が建立された。岩子の生涯を顕彰した「押切川?岩子のように?」(詞曲・板谷隆司、歌・加納ゆうこ)という歌がある。瓜生岩子 フレッシュアイペディアより)

  • 竹田近江 (初代)

    竹田近江 (初代)から見た浅草観音浅草寺

    名は清房。二代目竹田近江は長男、初代竹田出雲は次男に当たる。諸記録の伝えるところによれば、竹田近江はもと阿波国の出身であったが、江戸に住んでいたとき浅草観音より砂を動力とするからくりの工夫を授けられ(子供の砂遊びを見て思いついたともいう)、万治元年(1658年)、京都に上り朝廷にからくり人形を献上して出雲目(さかん)を受領し竹田出雲と名乗ったが、翌年の万治2年(1659年)に近江掾を再び受領し竹田近江と改名する。そののち寛文2年(1662年)大坂道頓堀において、官許を得てからくり仕掛けの芝居を興行した。竹田近江のからくり興行は竹田芝居また竹田からくりとも呼ばれ大坂の名物となり、のちに江戸でも興行されて評判となった。竹田近江 (初代) フレッシュアイペディアより)

349件中 101 - 110件表示

「浅草寺」のニューストピックワード