349件中 111 - 120件表示
  • 泣き相撲

    泣き相撲から見た浅草寺浅草寺

    東京都台東区浅草の泣き相撲 ⇒ 浅草寺泣き相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 笠森お仙

    笠森お仙から見た浅草寺浅草寺

    笠森 お仙(かさもり おせん、1751年(宝暦元年) - 1827年2月24日(文政10年1月29日))は、江戸谷中の笠森稲荷門前の水茶屋「鍵屋」で働いていた看板娘で鍵屋五兵衛の娘。明和年間(1764年-1772年)、浅草寺奥山の楊枝屋「柳屋」の看板娘柳屋お藤(やなぎや おふじ)と人気を二分し、また加藤曳尾庵の随筆によれば、二十軒茶屋の水茶屋「蔦屋」の看板娘蔦屋およし(つたや およし)も含めて江戸の三美人(明和三美人)の一人としてもてはやされた。笠森お仙 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草紅団

    浅草紅団から見た浅草寺浅草寺

    また作中内には、様々なものからの引用がなされており、谷崎潤一郎の『鮫人』、添田唖蝉坊の『浅草底流記』、歌謡曲の歌詞、妙音院で浅草寺の開帳に際して発行された『姥之池略縁起』の要約、興行街の看板の文言などからの、多くの言葉がちりばめられている。また随所に、テキ屋の使う隠語などが取り込まれている。浅草紅団 フレッシュアイペディアより)

  • たちぎれ

    たちぎれから見た浅草寺浅草寺

    番頭は「色街の恋は80日というが、こんなことを書いて気を引いて、薄情なものですなあ」と言う。若旦那は「蔵の中で願をかけていた神社(上方では「天満の天神さん」東京では「浅草の観音様」)へお参りをしたい」と言って外出し、花街へ向かう。たちぎれ フレッシュアイペディアより)

  • 浅草オペラ

    浅草オペラから見た浅草寺浅草寺

    1916年(大正5年)、アメリカ留学から帰ってきた高木徳子が「世界的バラエチー一座」を旗揚げ、同年5月27日から10日間にわたり浅草公園六区(浅草寺西側の興行街)の活動写真館「キネマ倶楽部」で昼夜連続公演を行う。アメリカ流のミュージカルであったが、この公演の成功をもって「浅草オペラ」の嚆矢とする。浅草オペラ フレッシュアイペディアより)

  • 浅草観音

    浅草観音から見た浅草寺浅草寺

    浅草観音 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ゴードン・スミス

    リチャード・ゴードン・スミスから見た浅草寺浅草寺

    2月14日:浅草寺へ行く。見世物小屋で河童のミイラを見かける。リチャード・ゴードン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • 世界仏教徒連盟

    世界仏教徒連盟から見た浅草寺浅草寺

    第24回 2008年11月14日?17日 日本・東京(浅草寺世界仏教徒連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦浄心

    三浦浄心から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺淡島堂に慶安3年(1650年)3月12日三浦五郎左衛門尉寄進の手水鉢があるが、どの代のものか不明である。また、雷門外にも延享3年(1746年)三浦義周寄進の手水鉢があったが、現存しない。三浦浄心 フレッシュアイペディアより)

  • 根岸浜吉

    根岸浜吉から見た浅草寺浅草寺

    明治初年、「道化踊」が東京市内で流行り、1879年(明治12年)まで深川区および下谷区の一部以外は興行が禁止されていたが年末に解禁になり、浜吉は1886年(明治19年)5月、浅草六区に興行場を開くべく申し出た。これはいったん不許可となった。同年11月、東京府は警視庁に浅草寺など3か所の公園にまとめてはどうかと通達したところ、「公園」の本来の用途を理由に強硬な反対の回答をした。浅草で許されなかった「道化踊」は他所では月間1.5万人の動員力を持ち、庶民の要望に応えるかたちで警視庁は1887年(明治20年)6月、これを許可した。根岸浜吉 フレッシュアイペディアより)

349件中 111 - 120件表示

「浅草寺」のニューストピックワード