349件中 11 - 20件表示
  • 本龍院

    本龍院から見た浅草寺浅草寺

    本龍院(ほんりゅういん)は、東京都台東区浅草にある聖観音宗の寺院で、浅草寺の子院のひとつである。山号は待乳山。本尊は歓喜天(聖天)・十一面観音で、待乳山聖天(まつちやましょうでん)とも称される。この寺には浅草名所七福神のうち毘沙門天が祀られている。本龍院 フレッシュアイペディアより)

  • 風祭竜二

    風祭竜二から見た浅草寺浅草寺

    2010年 丸の内オアゾ 丸善本店ギャラリーにて個展開催 浅草寺に「浅草寺十景」奉納 読売新聞「顔」掲載風祭竜二 フレッシュアイペディアより)

  • ライトアップ

    ライトアップから見た浅草寺浅草寺

    社寺 - 神戸モスク、高台寺、清水寺、浅草寺、寛永寺、柏原八幡神社ライトアップ フレッシュアイペディアより)

  • 猿後家

    猿後家から見た浅草寺浅草寺

    「まずは皇居見物。次に日比谷へ出て新橋のてんぷら屋でご飯をご馳走し、泉岳寺へ入って靖国神社を見物、上野の西郷隆盛像の前でパチリと写真を一枚撮り、浅草の浅草寺を参拝した後仲見世を通りました。雷門を抜けると何故か凄い人だかりで、掻き分けてみると昔懐かしの“猿回し”アッ―!!」猿後家 フレッシュアイペディアより)

  • 今戸神社

    今戸神社から見た浅草寺浅草寺

    武江年表嘉永5年の項の記述によれば、浅草花川戸に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして浅草寺境内三社権現(現浅草神社(三社様)鳥居横で売ったところ、たちまち評判になったという。(今戸焼丸〆猫参照)今戸神社 フレッシュアイペディアより)

  • 新門辰五郎

    新門辰五郎から見た浅草寺浅草寺

    新門辰五郎(しんもん たつごろう、寛政12年(1800年)? - 明治8年(1875年)9月19日)は、江戸時代後期の町火消、鳶頭、香具師、侠客、浅草浅草寺門番である。父は飾職人・中村金八。町田仁右衛門の養子となる。娘の芳は江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の妾となる。「新門」は金龍山浅草寺僧坊伝法院新門の門番である事に由来する。生年月日は寛政4年3月5日(1792年4月25日)という説もある。新門辰五郎 フレッシュアイペディアより)

  • ホオズキ

    ホオズキから見た浅草寺浅草寺

    ホオズキ (Physalis alkekengi var. franchetii) は多年草で、草丈は60cmから80cm位になる。淡い黄色の花を6月から7月ころ咲かせる。この開花時期にあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており、60万人にのぼる人出がある有名なものである。花の咲いた後に六角状の萼(がく)の部分が発達して果実を包み袋状になり、熟すとオレンジ色になる。食用や薬用としても知られているが、腹痛が起きることがあり特に妊娠中の女性は禁物である。ホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • 久米平内

    久米平内から見た浅草寺浅草寺

    三河国挙母藩(現在の愛知県豊田市中心部)に仕え、そののちに江戸・赤坂(現在の東京都港区赤坂)で道場を開き、武術を教えた。赤坂時代、千人斬りの願を起こし、夜ごと辻斬に出たとされる。その後、出家した鈴木正三に入門し、座禅を修めた。浅草の浅草寺の境内、仁王門外に自らの「仁王坐像」を設置し、罪業消滅を願い、通行人に踏みつけさせたとされる。浅草寺の宝蔵門脇に「久米平内堂」が現存するが、ここに安置されたとされる平内像は「踏み付け」が「文付け」に解されて、縁結び信仰の対象となった。久米平内 フレッシュアイペディアより)

  • 浅茅ヶ原の鬼婆

    浅茅ヶ原の鬼婆から見た浅草寺浅草寺

    老婆が殺した旅人が999人に達した。ある日、ひとり旅の稚児(ちご)が宿を借りた。老婆は躊躇することなく、寝床についた稚児の頭を石で叩き割った。しかし寝床の中の亡骸をよく見ると、それは自分の娘だった。娘は稚児に変装して身代わりとなり、自分の命をもって老婆の行いを咎めようとしていたのだった。老婆が自分の行いを悔いていたところ、家を訪れていた稚児が現れた。実は稚児は浅草寺の観音菩薩の化身であり、老婆に人道を説くために稚児の姿で家を訪れたのだった。浅茅ヶ原の鬼婆 フレッシュアイペディアより)

  • 川端康成

    川端康成から見た浅草公園浅草寺

    教師や校長は、「成績をよく考へ大それたことをするな。お前の学力では師範の二部が適当だ」と忠告するが、康成は教師らの反対を押し切り、すぐ3月21日に上京して、最初に上村龍之助(祖母の妹・トミの長男)を訪ね、その後浅草区浅草森田町11番地(現・台東区浅草蔵前)にいる従兄・田中岩太郎と伯母・ソノ(母の異母姉)の暮らす家に居候しながら、日土講習会や駿河台の明治大学の予備校に通い始めた。この田中ソノ親子に川端は恩義を感じ、〈息子は苦学をしたほどだから、余裕のない暮しで、私のために質屋通ひもしてくれた。伯母は息子にさへかくして、私に小遣銭をくれた。それが伯母にとつてどんな金か私にはよく分つてゐた〉と語っている。康成は、浅草公園などにもよく出かけ、上京一番に麻布区新龍土町12番地(現・港区六本木7丁目)にいる文通相手の南部修太郎宅も訪ねた。南部宅へはその後一高入学後も何度か通った。川端康成 フレッシュアイペディアより)

349件中 11 - 20件表示

「浅草寺」のニューストピックワード