250件中 11 - 20件表示
  • 十三宗五十六派

    十三宗五十六派から見た浅草寺浅草寺

    「十三宗五十六派」ではないが、戦後単独宗制となった聖観音宗(総本山浅草寺)は、天台宗(総称)に分類される伝統宗教として認知されているが、それは浅草寺教団が幕末期以前に観音を本尊とする教団として成立していたからである。十三宗五十六派 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田是真

    柴田是真から見た浅草寺浅草寺

    文化14年(1817年)11歳の時より、職人気質を重んじ精巧な細工に特色を示す初代古満寛哉(こま かんさい)に蒔絵を学ぶ。また一時、寛哉の親友であった谷文晁に指導を受けたと伝えられる。是真は文晁の画風には馴染まなかったが、書風は慕い、後年その書を愛蔵したという。ついで文政5年(1822年 )16歳で画工の図案に頼らず仕事をするため、鈴木南嶺に四条派の絵を学んだ。「令哉(れいさい)」の号は、南嶺の嶺の字の一部「令」と、古満寛哉の「哉」を採った名である。文政7年(1827年)、当時売り出し中の浮世絵師歌川国芳が、是真の扇絵に感動し弟子入りしようとしたが、是真は初め固辞するが弟子とし、国芳に「仙真」の号を与えたという逸話が残る。文政11年(1826年 )頃、浅草東本願寺の依頼で障壁画を描く。構想を練っていた時に茶を出されたが、是真は茶道の作法を知らなかったため冷や汗をかき、まとまりかけていた構図も消え去ってしまいうまく画を描けなかった。是真はその足で、浅草寺境内にある人丸堂の堂主・西村藐庵(みゃくあん)を訪ねて茶道の手解きを受けた。その後、宗偏流の時習軒六世・吉田宗意に入門した。柴田是真 フレッシュアイペディアより)

  • 堤等琳 (3代目)

    堤等琳 (3代目)から見た浅草寺浅草寺

    『増補浮世絵類考』に「浅草寺に韓信の額あり、秋月と云しを三代目等琳と改名せし時の筆なり、今猶存す、(中略)門人あまたあり、絵馬や職人、幟画職人、提灯屋職人、総て画を用る職分のものは、皆此門人となりて画法を学ぶもの多し」と述べられているように、絵馬や屏風などといった肉筆画を最も得意としていた。この三代目等琳を継いだ時に浅草寺に寄贈したといわれる「韓信股くぐり図」の絵馬が現存する他、雪山等琳の名を有する絵馬や、東京近郊や上総安房方面の寺社にて多々見かけることがある。さらに『増補浮世絵類考』において、堂舎の彩色を請け負ったり、貝細工などの見せ物までも手がけていたことが述べられているが、これは絵馬、幟絵などといった庶民的肉筆画を生業とする町絵師の元締め的な存在であったことを示していると思われる。反面、浮世絵師とは異なる町絵師という立場故か、狂歌絵本や摺物類以外の木版作品(錦絵)は殆ど残っていない。堤等琳 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 新門辰五郎

    新門辰五郎から見た浅草寺浅草寺

    新門辰五郎(しんもん たつごろう、寛政12年(1800年)? - 明治8年(1875年)9月19日)は、江戸時代後期の町火消、鳶頭、香具師、侠客、浅草浅草寺門番である。父は飾職人・中村金八。町田仁右衛門の養子となる。娘の芳は江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の妾となる。「新門」は金龍山浅草寺僧坊伝法院新門の門番である事に由来する。生年月日は寛政4年3月5日(1792年4月25日)という説もある。新門辰五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鷺舞

    鷺舞から見た浅草寺浅草寺

    一方の本家、八坂神社では江戸時代中期に絢爛豪華な山鉾や傘鉾巡行に圧されるような形で存在感が薄くなっていき、いつしか廃絶の憂き目にあった。その後は、戦後になるまで奉納はされなくなっていたが、1956年(昭和31年)、祇園会保存会の一員でもあり、狂言師でもある木村正雄が逆に津和野の鷺舞を習得したことで復活、再び奉納されるようになった。今日ではそのほか、山口市(山口祇園祭鷺の舞)、秋田県潟上市(飯田川鷺舞まつり…1984年〈昭和59年〉より)、浅草寺(浅草寺白鷺の舞…1968年〈昭和43年〉より)などでも奉納されている。鷺舞 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原遊廓

    吉原遊廓から見た浅草寺浅草寺

    吉原遊廓(よしわらゆうかく)は江戸幕府によって公認された遊廓。始めは日本橋近く(現在の日本橋人形町)にあり、明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤に移転し、前者を元吉原、後者を新吉原と呼んだ。元々は大御所・徳川家康の終焉の地、駿府(現在の静岡市葵区)城下にあった二丁町遊郭から一部が移されたのが始まり。吉原遊廓 フレッシュアイペディアより)

  • 本龍院

    本龍院から見た浅草寺浅草寺

    本龍院(ほんりゅういん)は、東京都台東区浅草にある聖観音宗の寺院で、浅草寺の子院のひとつである。山号は待乳山。本尊は歓喜天(聖天)・十一面観音で、待乳山聖天(まつちやましょうでん)とも称される。この寺には浅草名所七福神のうち毘沙門天が祀られている。本龍院 フレッシュアイペディアより)

  • 宗派

    宗派から見た聖観音宗浅草寺

    現代日本における宗派という言葉は、場合によって意味する範囲が異なる。ひとくちに宗派と言っても、(各分派の細かい差異には目をつぶって)大まかな宗旨・宗派を漠然と意味している場合(例:天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗)や、寺院の現在の所属教団名のことを意味している場合(例:真言宗醍醐派、聖観音宗)や、伝統的な宗派門流を意味している場合(例:浄土宗白旗派、日蓮宗日什門流)などがある。宗派 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草駅

    浅草駅から見た浅草寺浅草寺

    なお、同じ駅名である首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの浅草駅は約600m(徒歩で8分程度)の距離の、浅草寺を挟んで反対側の国際通り地下にあり、接続駅・乗換駅扱いとなっていない。詳細は浅草駅 (首都圏新都市鉄道)を参照。浅草駅 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草観音温泉

    浅草観音温泉から見た浅草寺浅草寺

    浅草観音温泉(あさくさかんのんおんせん)は、東京都台東区にある温泉銭湯。浅草寺の西隣、浅草花やしきの前にあり、早朝から入浴できる。浅草観音温泉 フレッシュアイペディアより)

250件中 11 - 20件表示

「浅草寺」のニューストピックワード