349件中 21 - 30件表示
  • 東京スカイツリー

    東京スカイツリーから見た浅草寺浅草寺

    2009年(平成21年)10月16日に計画を修正し、高さ634メートルを目指すことを発表した。数字には東京近辺の旧国名である武蔵国(「むさし」のくに)の語呂合わせも考慮したとしている。なお東武グループの中核である東武鉄道にとって「武蔵」という言葉は、同じく東武グループの学校法人根津育英会武蔵学園が経営する武蔵大学、武蔵中学校・高等学校においても使用されているため、当企業にとって非常に馴染み深い言葉と言える。なお当初は東京タワーの2倍の666メートルの計画だったが設計者から少し低い高さにすべきと言われ、浅草寺が創建された628年に因み628メートルの案もあったと根津嘉澄東武鉄道社長は2012年5月14日の開業記念式典後の記者会見で秘話を語った。東京スカイツリー フレッシュアイペディアより)

  • 節分

    節分から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺節分会(東京都) - 大きな杓文字をあおぐ「ごもっともさん」という役が鬼とともに登場する。節分 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草駅

    浅草駅から見た浅草寺浅草寺

    なお、同じ駅名である首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの浅草駅は約600m(徒歩で8分程度)の距離の、浅草寺を挟んで反対側の国際通り地下にあり、接続駅・乗換駅扱いとなっていない。詳細は浅草駅 (首都圏新都市鉄道)を参照。浅草駅 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原遊廓

    吉原遊廓から見た浅草寺浅草寺

    吉原遊廓(よしわらゆうかく)とは、江戸幕府によって公認された遊廓である。始めは江戸日本橋近く(現在の日本橋人形町)にあり、明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤に移転し、前者を元吉原、後者を新吉原と呼んだ。元々は大御所・徳川家康の終焉の地、駿府(現在の静岡市葵区)城下にあった二丁町遊郭から一部が移されたのが始まり。吉原遊廓 フレッシュアイペディアより)

  • 五重塔

    五重塔から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺 (東京都台東区) - 1973年(昭和48年)、53.3m、塔院造り、鉄筋コンクリート、江戸時代建立の五重塔は浮世絵にも描かれ「江戸四塔」の一つとして親しまれたが、1945年の東京大空襲により焼失した。五重塔 フレッシュアイペディアより)

  • 鷺舞

    鷺舞から見た浅草寺浅草寺

    一方の本家、八坂神社では江戸時代中期に絢爛豪華な山鉾や傘鉾巡行に圧されるような形で存在感が薄くなっていき、いつしか廃絶の憂き目にあった。その後は、戦後になるまで奉納はされなくなっていたが、1956年(昭和31年)、祇園会保存会の一員でもあり、狂言師でもある木村正雄が逆に津和野の鷺舞を習得したことで復活、再び奉納されるようになった。今日ではそのほか、山口市(山口祇園祭鷺の舞)、秋田県潟上市(飯田川鷺舞まつり…1984年〈昭和59年〉より)、浅草寺(浅草寺白鷺の舞…1968年〈昭和43年〉より)などでも奉納されている。鷺舞 フレッシュアイペディアより)

  • 天海

    天海から見た浅草寺浅草寺

    天海としての足跡が明瞭となるのは、無量寿寺北院に来てからである。この時、江戸崎不動院の住持も兼任していた。浅草寺の史料によれば北条攻めの際、天海は浅草寺の住職・忠豪とともに徳川家康の陣幕にいたとする。これからは、天海はそもそも家康のために関東に赴いたことがうかがえる。天海 フレッシュアイペディアより)

  • 金竜山浅草寺

    金竜山浅草寺から見た浅草寺浅草寺

    金竜山浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 金龍山浅草寺

    金龍山浅草寺から見た浅草寺浅草寺

    金龍山浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • 天台宗聖観音宗

    天台宗聖観音宗から見た浅草寺浅草寺

    天台宗聖観音宗 フレッシュアイペディアより)

349件中 21 - 30件表示

「浅草寺」のニューストピックワード