250件中 31 - 40件表示
  • 稲葉正吉

    稲葉正吉から見た浅草寺浅草寺

    寛永18年(1641年)4月22日に甲府城の守衛、正保2年(1645年)6月25日に浅草寺観音堂の造営奉行を務めた。慶安3年(1650年)11月19日には書院番頭に就任した。稲葉正吉 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄火

    鉄火から見た伝法院浅草寺

    鉄火伝法(てっかでんぽう)とは「伝法肌」やその他にも、「勇み肌」や「気負い肌」や「任侠肌」ともいい、その昔、東京都台東区浅草の伝法院(でんぼういん)の門番が、寺の威光を笠に着て、近隣の小店や見世物小屋で、無銭利用や傍若無人な振る舞いをしたことから、粗野で乱暴者という意味であったが、その後、鉄火肌と相俟って、男気(おとこぎ)のある「弱気を助け強気を挫く」ような者を指すようになった。鉄火 フレッシュアイペディアより)

  • 入江北嶺

    入江北嶺から見た浅草寺浅草寺

    葛飾北斎及び鈴木南嶺の門人。姓は入江、名は貫。俗称は善吉。字は交長。箱館の商家に生まれた。後に江戸に出、南嶺に絵を学んだ。また、北斎にも師事したといわれている。江戸では深川新地に住んでいたといわれる。天保頃、春の花鳥図、絵馬を描いている。天保12年(1741年)に浅草寺に奉納された絵馬「予譲刺衣図」が知られている。なお、文久2年(1862年)刊行、斎藤月岑編の『武江扁額集』においては、天保13年(1742年)奉納とされている。享年72。入江北嶺 フレッシュアイペディアより)

  • 添田唖蝉坊

    添田唖蝉坊から見た浅草寺浅草寺

    その後、全国行脚をしながら、屑屋の二階に居候。そこで死去した。浅草、浅草寺の鐘楼下に添田唖蝉の碑が、添田知道筆塚と共にある。添田唖蝉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸東京人セミナー

    江戸東京人セミナーから見た浅草寺浅草寺

    第3弾 『浅草オヤジの大晦日レポートと浅草寺本堂落慶50周年記念開帳』江戸東京人セミナー フレッシュアイペディアより)

  • 避難じいさん

    避難じいさんから見た浅草寺浅草寺

    はっきりとした趣味として公言しているのは深夜徘徊だけであるが、そのほかにも、デパ地下の試食巡り、ベルマークや、Kra関連グッズのコレクションをしていることが、公式プロフィール上で明らかにされている。また、アメーバピグ内にある有名スポット浅草寺に、毎朝早朝に参拝し、深夜の更新直後から早朝にかけて、他ユーザーのブログを訪問する夜型人間である。避難じいさん フレッシュアイペディアより)

  • A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP

    A&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SPから見た浅草寺浅草寺

    →浅草の浅草寺で恐いお兄さんに絡まれるA&G年越し特番 チョー突猛進!カウントダウンLIVE SP フレッシュアイペディアより)

  • 浅草 (花街)

    浅草 (花街)から見た浅草寺浅草寺

    花街としての浅草は江戸時代中期、浅草寺の門前町に誕生し、芸妓が登場したのはその頃である。当時、浅草の花街は3ケ所に分かれて 、芸妓はその場所に応じて雷門付近の広小路の田楽茶屋に出入りする芸妓を「広小路芸者」、または「田楽芸者」、吉原遊廓付近の山谷堀の料理茶屋や船宿に出入りする芸妓は「堀の芸者」、芝居小屋が存在した猿若町に居住する芸妓を「猿若町芸者」、または「櫓の芸者」と呼ばれていた。特に猿若町芸者は歌舞伎役者や舞踊、三味線などの鳴り物の師匠から直接教わり精進していった。そのため、花街は大いに栄えた。浅草 (花街) フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽長守

    丹羽長守から見た浅草寺浅草寺

    寛文10年(1670年)に4代将軍徳川家綱に拝謁し、2年後の寛文12年(1672年)、小姓組に入る。元禄元年(1688年)、家督を継承し、使番、目付と累進、元禄5年(1692年)には浅草寺普請の功績により時服一領、羽織一領、黄金二枚を賜った。丹羽長守 フレッシュアイペディアより)

  • 添田知道

    添田知道から見た伝法院浅草寺

    1980年(昭和55年)3月18日、信州・上田市の安藤病院で食道がんで死去。77歳没。「添田知道を偲ぶ会」が、同年5月2日、浅草の伝法院で行われ、竹中労、田谷力三、小沢昭一らが参集した。添田知道 フレッシュアイペディアより)

250件中 31 - 40件表示

「浅草寺」のニューストピックワード