349件中 31 - 40件表示
  • 伝法院

    伝法院から見た浅草寺浅草寺

    伝法院 フレッシュアイペディアより)

  • 聖観音宗

    聖観音宗から見た浅草寺浅草寺

    聖観音宗 フレッシュアイペディアより)

  • 雷門泥棒

    雷門泥棒から見た浅草寺浅草寺

    そう考えた一人の賽銭泥棒が、闇夜に乗じて浅草寺に侵入。まんまと賽銭を盗み出すことに成功するが、何を如何間違ったか表門に出てきてしまった。雷門泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 高大誦

    高大誦から見た浅草寺浅草寺

    寛文5年(1665年)に宇治黄檗山萬福寺に上り、同年7月に木庵の江戸行きに随行。唐通事を務めた。浅草寺には大誦の書「施無為」の大額が伝えられている。高大誦 フレッシュアイペディアより)

  • 定豪

    定豪から見た伝法院浅草寺

    ところが、承久2年(1220年)、当時の鶴岡八幡宮別当であった公暁が叔父の将軍源実朝を暗殺して自らも討たれるという大事件が発生、急遽鶴岡八幡宮別当に補任された。以後、八幡宮の実権を掌握して、翌年9月の別当辞任後も門人を別当に据えてその権威を保持した。更に翌年承久の乱が発生すると、鎌倉幕府のために祈祷を行い、その功績によって熊野三山検校・新熊野検校・高野山伝法院座主が与えられ、鎌倉幕府の仏教界への本格的関与の先駆となった。定豪 フレッシュアイペディアより)

  • 鏡山旧錦絵

    鏡山旧錦絵から見た浅草寺浅草寺

    『名作歌舞伎全集』所収の台本には、じつは「別当所竹刀打ちの場」の前に「初瀬寺花見の場」が収録されている。この芝居は古くはその序幕として、「花見」という場が必ず出されており、そこでは花見どきの寺社の参詣に訪れた尾上や岩藤、またそれに従う腰元たちなどがずらりと舞台に並び、善人悪人交えてのやり取りがあった。しかし上でも述べたように、この芝居は古くは演じられるたびにその内容を変えており、「花見」の場所も「初瀬寺」だったり「浅草寺」だったりと一定していない。また「花見」の場は現行の東京式では上演が絶えており、『名作歌舞伎全集』所収の「初瀬寺花見の場」もほんの申し訳程度に筋を追うだけの簡略な内容なので、そのあらすじについては省略した。なお上方式の上演では「花見」の場は現在も出されているが、「竹刀打ち」の場は出さないことになっている。鏡山旧錦絵 フレッシュアイペディアより)

  • 王子の幇間

    王子の幇間から見た浅草寺浅草寺

    「尾張屋」かな、「万金」かな…と期待をしたが、旦那の言葉は「浅草寺の境内にいる鳩に、豆を買って撒いてやれ」。王子の幇間 フレッシュアイペディアより)

  • 泣きながら生きて

    泣きながら生きてから見た浅草寺浅草寺

    72時間のトランジットを使い浅草寺など東京観光をした。泣きながら生きて フレッシュアイペディアより)

  • 姫かたり

    姫かたりから見た浅草寺浅草寺

    時は十二月の十七日。浅草寺の境内は、年の市でにぎわっていた。姫かたり フレッシュアイペディアより)

  • 鷺とり

    鷺とりから見た浅草寺浅草寺

    男が夢中でサギを帯に差していると、やがて夜が明ける。男の腰に囚われているサギ達が目を覚まし、男に捕まったことに気づいて相談をし、男を驚かすため、一斉に羽をはばたかせはじめる。たちまち男の体が宙に浮かび、やがて高々と空に舞い上がった。そのうち、男の目の前に鉄の棒のようなものが見えてきたので、男は夢中でそれにつかまり、サギを体から放す。男がつかまっているものは四天王寺(東京では浅草寺)の五重塔の相輪であった。鷺とり フレッシュアイペディアより)

349件中 31 - 40件表示

「浅草寺」のニューストピックワード