349件中 41 - 50件表示
  • 稲葉正吉

    稲葉正吉から見た浅草寺浅草寺

    寛永18年(1641年)4月22日に甲府城の守衛、正保2年(1645年)6月25日に浅草寺観音堂の造営奉行を務めた。慶安3年(1650年)11月19日には書院番頭に就任した。稲葉正吉 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教章

    宗教章から見た聖観音宗浅草寺

    聖観音宗 - 1982年(昭和57年)2月承認宗教章 フレッシュアイペディアより)

  • 鶉権兵衛

    鶉権兵衛から見た浅草寺浅草寺

    天和3年(1683年)10月12日、権兵衛は、手下の亀之助・猿之助(えんのすけ)、小姓廻し・何右衛門(かえもん)、市六・長兵衛の3人とともに品川の鈴ヶ森で火あぶりの刑となった。なお、権兵衛とともに捕らえられた作兵衛・長兵衛の二人組も、この日、浅草寺経堂に放火した咎で浅草の小塚原で火あぶりになっている。鶉権兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 関東大水害

    関東大水害から見た浅草寺浅草寺

    明治43年(1910年)8月5日ごろから続いた梅雨前線による雨に、11日に日本列島に接近し房総半島をかすめ太平洋上へ抜けた台風と、さらに14日に沼津付近に上陸し甲府から群馬県西部を通過した台風が重なり、関東各地に集中豪雨をもたらした。利根川、荒川、多摩川水系の広範囲にわたって河川が氾濫し各地で堤防が決壊、関東地方における被害は、死者769人、行方不明78人、家屋全壊2,121戸、家屋流出2,796戸に及んだ。最も被害の大きかった群馬県の死者は283人、行方不明27人、家屋全壊流出1,249戸に上り、群馬県など利根川左岸や下流域のほか、天明3年(1783年}の浅間山大噴火後徹底強化した右岸側においても、治水の要中条堤が決壊したため氾濫流は埼玉県を縦断東京府にまで達し関東平野一面が文字通り水浸しになった。東京でも下町一帯がしばらくの間冠水し、浅草寺に救護所(現、浅草寺病院)が造られた記録が残っている。関東大水害 フレッシュアイペディアより)

  • 織元山口

    織元山口から見た浅草寺浅草寺

    また、技術力、デザイン力を買われ、浅草寺の御戸帳作成を請け負った。織元山口 フレッシュアイペディアより)

  • 五島貴史

    五島貴史から見た浅草寺浅草寺

    2006年の年越し特番ではイノシシのコスプレをして公共交通機関のみを使って浅草寺から鎌倉の由比ヶ浜まで行き、ダイブを敢行した。五島貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 淡島椿岳

    淡島椿岳から見た浅草寺浅草寺

    1859年(安政6年)に寒月が生まれるが、「妾160人」とも言われた椿岳の奔放な女道楽が続く。1870年(明治3年)、愛人とともに浅草寺境内の伝法院に住む。椿岳の奇人・変人と称された伝説的な生活が始まる。浅草寺で椿岳は見世物小屋を開く。西郷隆盛も見学しに来るほどであった。椿岳は次に浅草寺境内の淡島堂に移り、頭を丸めてデタラメなお経をあげるにわか坊主になる。ここで泥絵による洋画風の風景画や風俗画を書き、これが評判を呼んだ。浅草絵の創始である。また鳥羽僧正の鳥獣戯画の影響を受けて、独自の「椿岳漫画」を制作、漫画でも一家を成した。また、明治初期、牛込円福寺に大幅を描いている。淡島椿岳 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川周麿

    湯川周麿から見た浅草寺浅草寺

    豊原国周の門人。姓は湯川、名は嘉吉。浅草寺中誠心院上地町屋に住んでいた。作画期は文久(1861年‐1864年)から明治にかけてで、役者絵や「東海道名所之内」シリーズなどの風景画を残している。湯川周麿 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川国英

    歌川国英から見た浅草寺浅草寺

    「浅草寺境内図」 桐板絵著色 浅草寺所蔵 天保4年(1833年)歌川国英 フレッシュアイペディアより)

  • 平公雅

    平公雅から見た浅草寺浅草寺

    天慶5年(942年)藤原秀郷の後任として武蔵守となり、将門の乱によって荒廃していた武蔵国・金龍山浅草寺を再建したことで知られる。平公雅 フレッシュアイペディアより)

349件中 41 - 50件表示

「浅草寺」のニューストピックワード