250件中 41 - 50件表示
  • 添田知道

    添田知道から見た浅草寺浅草寺

    『日本春歌考』は、大島渚監督の同名の映画の着想の元となった。また、浅草・浅草寺の境内鐘楼下には、父・唖蝉坊の碑と知道の筆塚がある。遺稿などは、神奈川近代文学館に寄贈された。添田知道 フレッシュアイペディアより)

  • 淡島椿岳

    淡島椿岳から見た浅草寺浅草寺

    1859年(安政6年)に寒月が生まれるが、「妾160人」とも言われた椿岳の奔放な女道楽が続く。1870年(明治3年)、愛人とともに浅草寺境内の伝法院に住む。椿岳の奇人・変人と称された伝説的な生活が始まる。浅草寺で椿岳は見世物小屋を開く。西郷隆盛も見学しに来るほどであった。椿岳は次に浅草寺境内の淡島堂に移り、頭を丸めてデタラメなお経をあげるにわか坊主になる。ここで泥絵による洋画風の風景画や風俗画を書き、これが評判を呼んだ。浅草絵の創始である。また鳥羽僧正の鳥獣戯画の影響を受けて、独自の「椿岳漫画」を制作、漫画でも一家を成した。また、明治初期、牛込円福寺に大幅を描いている。淡島椿岳 フレッシュアイペディアより)

  • 気楽流

    気楽流から見た浅草寺浅草寺

    中興の祖と謳われた飯塚臥龍斎は、江戸愛宕神社下に門弟3000人を数えるほどの道場を構えていたが、自身の門弟・五十嵐金弥(のちに児島系13代目となる)らと共に、浅草寺へ献額している。ただこの額は昭和の戦災による東京大空襲よって焼失してしまった。気楽流 フレッシュアイペディアより)

  • 湯川周麿

    湯川周麿から見た浅草寺浅草寺

    豊原国周の門人。姓は湯川、名は嘉吉。浅草寺中誠心院上地町屋に住んでいた。作画期は文久(1861年‐1864年)から明治にかけてで、役者絵や「東海道名所之内」シリーズなどの風景画を残している。湯川周麿 フレッシュアイペディアより)

  • 立川博章

    立川博章から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺界隈図(文久2年(1862年)の浅草寺から隅田川、今の浅草六区までの鳥瞰図、2007年)立川博章 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川の渡し

    隅田川の渡しから見た浅草寺浅草寺

    現在の東武鉄道隅田川橋梁の付近にあった渡し。渡しのあった花川戸河岸付近は「山の宿町」と呼ばれ、その町名をとって命名された。そのため「花川戸の渡し」と称されたり、東岸の船着場が北十間川の枕橋のたもとにあったので「枕橋の渡し」とも称される。渡船創設年代は不明だが、江戸中期には運行されていたと考えられる。浅草寺への参拝客や、墨堤の花見客などで賑わった。隅田公園内に渡し跡の碑がある。隅田川の渡し フレッシュアイペディアより)

  • 台東区の町名

    台東区の町名から見た浅草寺浅草寺

    浅草寺の近くにはかつて馬道(うまみち)という町名があった。馬道は浅草寺東側を南北に通る道の名で、現在も道路や交差点の名称としては使用されているが、町名としては昭和41年(1966年)に廃止された。この地区の町名は明治初期以来たびたび変更され、複雑な経緯をたどっている。以下にその概要を示す。台東区の町名 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台浅草

    仙台浅草から見た浅草寺浅草寺

    一方、材木商は戦後に廃業してしまい、その跡地に1950年代後半、日用品の市場として開かれたのが仙台浅草の端緒とされる。戦後ということもあり、東京浅草にあやかりたいとの願いから命名された。仙台浅草 フレッシュアイペディアより)

  • 成澤秀麗

    成澤秀麗から見た浅草寺浅草寺

    2005年 奥山門揮毫(浅草寺西門・奥山おまいりまち入り口)※彫刻;堀田新五郎成澤秀麗 フレッシュアイペディアより)

  • 織元山口

    織元山口から見た浅草寺浅草寺

    また、技術力、デザイン力を買われ、浅草寺の御戸帳作成を請け負った。織元山口 フレッシュアイペディアより)

250件中 41 - 50件表示

「浅草寺」のニューストピックワード